Cカード(ライセンス)講習はどこで受ける?-都市型・現地の比較-

(Sponsored Links)

ダイビングショップは日本各地はもちろん、海外にもあり、ダイビングのCカード(ライセンス)講習を受ける場所はその中から自由に選ぶことが出来ます。

ほとんどのダイバーは、自宅や職場の近くの都市型ダイビングショップか、旅先のリゾートの現地型ダイビングショップを利用してCカードを取得しています。

ナデシコカクレエビ

ナデシコカクレエビ

都市型ダイビングショップのCカード講習

都市型と言われるダイビングショップは、街の中心部に店舗を構えているケースが多いため、アクセスが良く仕事帰りなどにも立ち寄れます。

そのため、自分の都合に合わせて効率よく講習を進めてもらうことが出来るのが利点です。細かく時間は作れるけど、まとまった休みはなかなか取れないという人に適した受講スタイルと言えます。

講習の特色

学科講習は自習および店内で、プール講習は自社プールか近所の提携先で行います。原則としてゲストが通うスタイルですので時間に融通が利き、ゲストの達成状況に応じて講習が進められます。またプールの穏やかな環境は基本スキルを身に付けるのに心強い条件になります。

海洋実習に関しては各店がホームグラウンドとしている近場の海に出かけて行います。首都圏であれば伊豆、関西圏であれば和歌山で開催することが多く、ダイビングショップの車で送迎をしてもらうスタイルになります。

講習全般を通してメリットと言えるのは、ショップへのアクセスが良いため、ある程度時間をかけて講習にのぞめる事です。必要とあらば補習を行う事もあります。

講習後のケア

ショップとのお付き合いはCカード講習後も続きます。他の海に出かけたい時には国内・海外リゾートへのダイビングツアーを手配してもらえますし、器材の販売・メンテナンスも行っており、購入後も末永くサポートをしてくれます。

現地型ダイビングショップのCカード講習

現地型のダイビングショップとは、ダイビングポイントの近くに店舗があり、沖縄や海外、伊豆、和歌山などのショップがこれに該当します。

基本的には旅行などでまとまった日数を確保して講習を受講することになり、時間的に制約のある状態になります。しかし、誰もが憧れるリゾートの海で講習が受けられるというのはやはり魅力と言えるでしょう。普段は忙しくなかなか時間の都合がつかないけど、まとまった休暇は取れるという人に適した受講スタイルと言えます。

講習の特色

学科は自習および店内で行われます。プール講習は、ショップ近くのダイビングポイントのうち、プールに近い環境の場所で行われ、場合によってはこの時点でかなりの魚にも出会うことが出来るでしょう。

ただし、タイムスケジュールが決まっているケースが多いためテンポの良い進行が不可欠で、ゲストにもやる気と努力が要求されます。

海洋実習もやはりショップ近くのポイントで開催され、その海域ならではのロケーションを楽しむことが出来ます。講習ではありますが、リゾートではレジャーとしての性格も強くなる傾向があります。

講習全体を通して海・陸のロケーションの良さは魅力ですが、旅行先での講習のため滞在日数が決まっており、スムーズに目標達成が出来なければ認定が危ういケースも出てきます。

ダイビングショップ側も中途半端な状態でCカードを発行することは出来ないため、認定が難しい場合は次回以降の補習を無料にしたり、ゲストに当初から予備日を確保してもらい、対応しています。

講習後のケア

現地型ダイビングショップはファンダイビングのガイドに強みがあることが多く、どちらかというと講習後にリピートする楽しみが大きいと言えるかもしれません。ただし、海外などはいかんせん距離があるため、それっきりになるか年に1回程度のリピートが限度かもしれません。

ちなみに他の海に出かける場合は、下調べや手配は自分で行うことになります。

なお、現地ショップは器材販売を行わない事もあるため、ゲストは量販店やネットで器材を購入することが多くなります。そのような場合でも、担当インストラクターから器材に関するアドバイスを受けることは可能です。

どちらが良いのか

都市型と現地型、それぞれの講習スタイルにメリットがあるのはお分かりいただけたと思います。

ダイビングに対して興味はあるけど不安もあるという場合は、講習に時間をかけることが出来、継続的かつ積極的にケアを受けられる都市型ダイビングショップがオススメです。

対して、体験ダイビングなどでダイビングの要領を既につかんでいる人や、講習後はセルフスタイルでダイビングを楽しみたいという人は、ロケーション重視であまり縛りの無い現地型ダイビングショップがオススメです。

ダイバーになりたいけど不安…という人へ

「Cカード(ライセンス)を取ってダイバーになりたいけど、色々と不安…」という人には、手配が楽で情報収集がしやすい、旅行会社の講習ツアーも良い選択の一つだと思います。

当サイトのイチオシは、ダイビングツアーに強く、初心者に優しいジェイトリップツアー。提携するダイビングショップは信頼のおける大手や老舗ばかりですし、講習料金も安く設定されています。

旅先は人気の沖縄や周辺の離島が中心です。南国リゾートでダイバーになりたい人はどうぞ!(公式サイト⇒ジェイトリップツアー

このページの先頭へ