レスキュー講習の内容や難易度

(Sponsored Links)

各ダイビング指導団体は、それぞれにレスキューに関するコースを設定しています。PADIのレスキューダイバーコースのように、一つのCカードランクとして設けられていることもあれば、NAUI のスクーバレスキューダイバーのように、スペシャルティの枠に入ることもあります。

講習内容もそれぞれの特色を出したものになっており、実習部分を海とプールで分ける場合もありますし、海での実習の回数をこなす場合もあります。また学科講習や筆記試験があることも多くなっています。

パンダダルマハゼ

パンダダルマハゼ

レスキュー講習で身に付ける事

色々なパターンのあるレスキュー講習ですが、共通しているのは事故を未然に防ぐ事を重要視しているところです。

レスキューと言うと、事故者を救助するような講習がメインだと思われがちですが、多くの場合この段階ではそこまでは求められません。レスキュー講習はストレスや疲労、トラブルといったような、事故の前段階の対処を中心に身に付けていきます。また誰か他の人への対応だけでなく、自分が事故者にならないようにするセルフレスキューも扱います。

本当に些細なことが積み重なって、大きな事故は起こるものです。そういった小さなトラブルを未然に防いだり、実際にトラブルが起きてしまった時に、あくまでトラブルのうちに解決することで、重大な事態になることを防止することが大切です。疲れてしまっているバディに早い段階で気付き、安心させ休憩やアシストをするだけで事態は収まっていたかもしれないのに、それを見過ごしたばかりにバディの呼吸はどんどん早くなり、苦しさから急浮上し溺れ…という事故につながるケースもあります。

その先の意識不明者のレスキューや救命措置についても触れますが、どちらかと言えばこれは、ダイブマスターやインストラクターになるにあたってさらに磨きをかける部分になります。もちろん、意欲のある人はレスキュー講習でもぜひ身に付けてもらいたいですし、将来的インストラクターまでのステップアップを考えている人はこの段階で扱う内容を全て自分のものにしていく必要があります。

レスキュー講習の内容

あくまで簡単にですが、レスキュー講習の内容を紹介します。

陸上からの対応

レスキューの原則として、自らの安全を脅かさないことが挙げられます。テレビドラマや映画では、溺れている人を助けるために颯爽と海へ飛び込む人がいますが、事態をさらに深刻にしないためにも、可能な場合はまず陸上からのレスキューを行います。ここではロープや浮環(浮き輪)などを使ってのレスキューを行います。

水面での対応

事故の多くが浅場や水面で起こります。水面で疲れて動けなくなっているダイバーや、パニックになっているダイバーを自分の安全を確保しながらレスキューしていく方法を習得します。陸上からのレスキューよりもリスクが大きく、慎重に状況を判断して動く必要があります。

水中での対応

最もダイビングのレスキュー講習らしい内容ですが、水中でのトラブル対処を身に付けます。疲労、パニック、エア切れなどに安全に対処する方法を身に付けます。水面よりさらに自分へのリスクも大きくなります。

意識不明のダイバー

水中、水面で意識不明のダイバーに遭遇した際の対応です。安全なところまで移動し、CPR(心肺蘇生)までを行います。

曳航、引き揚げ

疲れているダイバーや意識不明者の曳航(水面で引っ張ること)の方法や、陸上・船への引き揚げ方法を身に付けます。

レスキュー講習の難易度

学科の最後に筆記試験がある場合には(無い場合にもですが)、実際に実技を身に付けるだけでなく、どうしてそのようにするかを理解する必要があります。試験そのものは、テキストレベルの知識が身に付いていれば当然問題ありませんし、勉強無しでは難しいです。

また、海洋実習で明確に評価がなされる場合は、基本的にやや厳しめになる傾向があると思います。それは、やはりレスキューという意味合いがあるので、安全面での妥協をして欲しくないというインストラクターの気持ちの表れだと思います。

何度も言いますが、レスキュー講習だけでなくダイビングのレスキューでは、事故者を生還させることよりも、まずは事故を未然に防ぐこと、事故の拡大を防ぐことに重きが置かれています。そのためには、目の前のダイバーがどんな状況なのか、常に判断を怠らないことが大切です。

【上手く&楽しく潜るためのページセレクション!】

「もっとダイビングを楽しみたい!上達したい!」というあなたにおすすめの記事を、閲覧数の多いものを中心に厳選しました。

このページの先頭へ