体験ダイビングをするショップの選び方

(Sponsored Links)

体験ダイビングはダイビング未経験者のゲストを想定した入門プログラムです。参加者のほとんどが人生初ダイビングをすることになるため、予約の時点では当然分からないことばかりでしょう。

特に沖縄などではダイビングショップの数が多すぎて、一体どのショップに申し込めば良いのか迷ってしまうと思います。

ここでは、全くの未経験者の方を対象に、体験ダイビングをする場合のダイビングショップの選び方について解説します。

ハナビラクマノミ

ハナビラクマノミ

(※体験ダイビングの予約・申し込みの方法についてはこちらのページをご参照ください。またCカード講習をお考えの方は【Cカード講習】ダイビングショップの選び方のページをご覧ください。)

ダイビングショップ選びのポイントは5つ

体験ダイビングコースに参加するにあたって、ショップ選びのポイントを挙げていくと、このページもかなりの文章量になってしまうので、特に大事な点をピックアップしてご紹介します。

それが次の5つ。

  • 体験ダイビングに強いショップを選ぶ
  • 事前の案内が丁寧なショップを選ぶ
  • 旅行のスケジュールに合うプランを選ぶ
  • 自分たちのニーズに合うダイビングスタイルを選ぶ
  • ゲストとインストラクターの人数比にも注目

では、一つずつ具体的に見ていきましょう。

体験ダイビングに強いショップを選ぶ

メインの客層がバリバリの経験者ダイバーというショップでは、体験ダイビングは新人スタッフの仕事と言う位置づけになりがちです。体験ダイビングは初めて海に潜る人が対象ですので、新人のガイドでも十分に満足していただけるという発想なんだろうと思います。

しかし一方で、未経験者がほとんどだからこそ、経験のあるスタッフが丁寧にケアをしていくべきだとも言えます。必ずしも担当がベテランスタッフでなくても良いのですが、体験ダイビングを得意とする、初心者に強いショップを選ぶことをおすすめします。

経験者ダイバーをメインに受け入れているショップは、スタッフがどうしても経験者慣れしてしまい、ゲストがある程度自己管理が出来ることを当たり前にとらえる傾向があるのです。そのためスタッフは、細かいところまで目配りをする必要がある体験ダイビングを難しく感じたり、油断してケアが甘くなってしまう可能性もあります。

体験ダイビングでは、安全面やコミュニケーション能力など、「人を見る力」がスタッフ側に求められます。それはショップが体験ダイビングをはじめとする初心者向けメニューに力を入れていなければ身に付きません。

あなたが実際に予約をする前には、必ずショップのホームページを見て、体験ダイビングの扱いが小さすぎないか、ブログに体験ダイビングの記事がよく出ているかをチェックしましょう。

事前の案内が丁寧なショップを選ぶ

ダイビング参加前の案内が丁寧であることも、大事なポイントです。

体験ダイビングの参加者は、ダイビングや現地の海については右も左もわからない状態です。予約の段階である程度細かくアナウンスが無ければ、当日までの流れのイメージがつかめません。また、予約後の問い合わせなどにもスピーディーに対応してくれるショップがありがたいですよね。

それはダイビング前日や当日にも言えることです。例えば台風の前後などでダイビングが出来るのか気になっている場合、参加前日にショップから連絡があるだけで、あなたは安心するはずです。ダイビングは海の状態に影響されるレジャーですので、波が高い場合には、普段通りの形で開催することが出来ません。自然条件にクレームをつけるのは間違っていますが、希望通りのダイビングが出来ないのにもかかわらず、事前にショップから案内が無かったら、それはフェアではありませんよね。

対応の丁寧さを見るには、メールでの予約よりは電話を使う方が分かりやすいでしょう。細かい質問をしながら、信頼できそうなら予約をしてみてはいかがでしょうか。

参考ページ:体験ダイビングの不安解消!18の疑問に答えます!

旅行のスケジュールに合うプランを選ぶ

旅行先でのイベントとして体験ダイビングを考えている人も多いと思います。その場合に大事になるのがプラン選択です。

体験ダイビングは潜るエリアやダイビングショップによってスケジュールが色々で、集合から2,3時間で解散できるプランから、半日や一日中のものまであります。

あなたの宿泊先やその他の目的地も考慮に入れて、効率良く旅行が楽しめるようなスケジューリングをすると良いでしょう。

自分たちのニーズに合うダイビングスタイルを選ぶ

一口に体験ダイビングといってもそのスタイルは海域やショップによって様々。ざっくりと2つに分類すると、陸から歩いて海へ入るビーチエントリーと、船から海へ入るボートエントリーに分けられます。

ボートエントリーの場合は沖合まで出られるため、ダイビングポイントのクオリティーが高いことが多いのですが、足がつかない水深からダイビングが始まるため、少々勇気がいるかもしれません。

対してビーチエントリーの場合は、背の立つ浅瀬で心と体を慣らして、徐々に深く潜ることが出来るため、不安のある方にはこちらがおすすめです。

ショップによって採用するスタイルが異なることも多いので、初めてのダイビングに何を求めるかを考えて決めていきましょう。

ゲストとインストラクターの人数比にも注目

各ダイビングショップのホームページに、「徹底した少人数制!」とか「完全貸切制」という表記があるのを見たことがあるかもしれません。しかし、これから人生初ダイビングを予約しようという人には、どれくらいの人数比が少人数制なのかも分からないと思います。

基本的に、体験ダイビングならばゲスト2人:インストラクター1人という比率が適当かつスタンダードです。インストラクターの技量や海のコンディションによっては、1人で4人くらいまでは普通にケアできることもありますが、まあ2人までが無難でしょう。

少人数制のメリットですが、ゲストの人数が少ないほどインストラクターの気配り&目配りが行き届き、安心感のあるダイビングになります。最近では2:1を超える人数比の体験ダイビングは現場でもあまり見かけませんが、2:1を明言しているショップも多くはありませんので、これもひとつの目安にしてショップを探してみると良いと思います。

ダイバーになりたいけど不安…という人へ

「Cカード(ライセンス)を取ってダイバーになりたいけど、色々と不安…」という人には、手配が楽で情報収集がしやすい、旅行会社の講習ツアーも良い選択の一つだと思います。

当サイトのイチオシは、ダイビングツアーに強く、初心者に優しいジェイトリップツアー。提携するダイビングショップは信頼のおける大手や老舗ばかりですし、講習料金も安く設定されています。

旅先は人気の沖縄や周辺の離島が中心です。南国リゾートでダイバーになりたい人はどうぞ!(公式サイト⇒ジェイトリップツアー

このページの先頭へ