冬でも出来るダイビング-冬のメリット解説!-

(Sponsored Links)

ダイビングは夏のマリンスポーツというイメージが強いと思いますが、日本では通年開催が可能な地域がほとんど。冬場はクローズしているダイビングショップ(ダイビングサービス)も少しだけありますが、寒いからというわけではなく、冬場に兼業の仕事をしていたり、スタッフの長期休暇があるためです。北海道での流氷ダイブなんかもあるくらいなんですよ。

ここではオフシーズンと思われがちな冬のダイビングについてご紹介します。

ダイアナウミウシ

ダイアナウミウシ

保温性のあるスーツで寒さをカバー

潜れるとは言え、冬のダイビングは夏と比べるとやっぱり寒いのは事実。体験ダイビングで初めて海に潜る人にとっては心配な点だと思います。

ダイビングをしたことが無い人でも、ウェットスーツなどの水中に適したスーツの存在は知っていると思います。ウェットスーツはネオプレーンゴムという保温性が高いゴム素材で出来ており、水中で熱をなるべく逃がさないようになっているため、冬でもダイビングを可能にしてくれます。

ネオプレーンゴム自体は水を通さないのですが、ウェットスーツには首や手首、足首などから内側に少しずつ水が入ってきます。

侵入してきた水は始めこそ冷たく感じますが、ウェットスーツが体に密着して、一度中に入った水を外へ抜けにくくします。これで、スーツ内の水が体温によって徐々に温められ、次第に冷たさは気にならなくなっていきます。

さらに、寒さが心配な人はウェットスーツの内側に、同じ素材のベストなどを着て保温力を高めることも出来ます。

ウェットスーツの他にもドライスーツと呼ばれるものあり、素材はウェットスーツと同じネオプレーンゴムのものが主流ですが、こちらは名前の通り水を完全にシャットアウトしスーツ内側への侵入を防ぐスーツです。

先に上げた流氷ダイブでもそうですが、冬場や寒い地域を中心に使われています。ドライスーツの内側には服を重ね着できるため、温かさも幅広く調整可能です。

ちなみに沖縄やグアム、サイパンなど南の島では通年ウェットスーツ、伊豆や和歌山など本州ではウェットスーツとドライスーツを使い分けるケースが多いですね。

また、スーツで保温力をアップさせてもなお寒いという場合は、潜水時間を調節して対応します。長く潜る方がお得という考え方も出来ますが、寒さを感じない楽しいうちにダイビングを終了した方が、トータルでの満足度が増す場合もあります。

冬の海の生物

また、冬の場合は魚がいないんじゃないかと思っている人も多いようですが、そんなことはありません。種類によっては活性が下がり、動きが少なくなるものもいますが、多くの魚たちは元気に泳いでいます。また季節によって、沿岸と沖合、浅場と深場など生活エリアを移動する生物がいるため、季節に応じて旬の見どころが変わり、冬には冬の海の良さを味わえます。旅行を兼ねての体験ダイビングの場合は、ダイビング後には冬の海の幸を味わうことも出来ますね。

冬の海の透明度

透明度に関しては、一般的に秋から冬にかけて高くなることが多いと言われています。これは水温が低い時期の方が海中のプランクトンの密度が低くなるためです。

特に九州以北の温帯域の海ではその傾向が強く、南の海に負けないくらい良好な視界になる日もあります。

慣れないうちは透明度が高い方が安心感が増して、ダイビングが楽しみやすいとも言えますので、そういった意味では冬の海はおすすめと言えます。

冬のダイバー人口

ダイバーの数の点でも、冬はおすすめです。

冬はダイビングのシーズンオフという意識があるのは皆同じで、Cカードを取得済みのダイバーも体験ダイビングに参加するノンダイバーも、人数は少なくなります。

今は少人数制をうたっているダイビングショップがほとんどですが、冬の時期は輪をかけて少人数制になりマンツーマンダイビングが可能なことも多いです。

カップルやご家族の場合は、よりプライベート感のあるダイビングが出来るのは嬉しいですよね。

まとめ

冬のダイビング事情を簡単にまとめると次の通りです。

  • 水温は低くなるがウェットスーツ、ドライスーツでフォローできる寒さ。
  • 冬ならではの生物が見られることも。
  • 透明度が高いことが多い。
  • 人の数はまばら。

メリットを多く挙げてみましたが、それでも寒さが勝ってしまい、冬は海から足が遠のく人もいます。ただ、魅力のある季節ではありますので、少なくとも一度は潜ってみて欲しいところです。

このページの先頭へ