良いダイビングショップ・インストラクターの条件

(Sponsored Links)

これからダイビングを始めたいという人は、どんなダイビングショップが良いショップなのか分からないと思います。また、経験がまだ少ない初心者ダイバーも同じでしょう。

直接お世話にならなくとも、ある程度のショップやインストラクターを見ていれば、何となく「自分もあんなショップなら行ってみてもいいな」と思う機会があると思います。

ダイバーの間で言われるような「良いダイビングショップやインストラクター」とは、どんな特徴があるのでしょうか。

サンゴとアカネハナゴイ

サンゴとアカネハナゴイ

礼儀正しさ

接客業の基本ともいえる部分ですが、ダイビングショップのスタッフにとっても礼儀は大切です。

世間的なマリンスポーツのイメージもあって、日焼けした肌と、潮で脱色された髪のスタッフを見ると、ほとんどの人が「チャラチャラしている」「軽そう」という感想を抱くと思います。だからこそ、礼儀が大事なのです。

何も無くても軽薄な印象を与えやすいダイビングインストラクターは、言葉遣いや紳士的な態度に一層気を付けなくてはなりません。レジャーの仕事だからといって、適当な言葉遣いが許される時代ではありません。

インストラクターにはゲストをリードする役割もあるので、腰が低すぎたり、かしこまり過ぎているのも良くないですが、ゲストの前で平気でたばこを吸ったり、敬語が使えなかったり、というのは接客業のスタッフとしては問題です。

ダイバーの中で評価の高いダイビングショップやインストラクターは、例外なく礼儀を重んじています。若いゲストの間では、ちょっとくらい軽い感じのするスタッフが受けることもありますが、長い目で見ればマイナス面が大きいのは明らかです。

爽やかさ

ダイビングインストラクターの仕事は、まずダイビングがメインだと思われがちですが、一番機会が多いのは接客や講習での指導といった、陸上でゲストと接する仕事です。

いくらダイビングが上手で生物の知識が豊富でも、上から目線だったり、暗いとか怖いと感じさせるインストラクターはゲストから信頼されません。

良いインストラクターには、ハキハキしていて、それでいて威圧感を感じさせない爽やかな話術と態度が備わっています。

そのような態度はインストラクター個人の元々の資質ということもありますが、ショップによる教育の影響も大きいでしょう。

ただトップの考えを押し付けている教育では良いスタッフは育ちません。上手にスタッフを育てられるショップは、講習でゲストダイバーを育てることについても優れています。

掃除と身だしなみ

店舗やボート、車、器材の掃除がきちんとされているダイビングショップは、ゲストへの対応もきめ細やかです。

多くの企業でも掃除は基本と考えられているように、掃除の徹底は仕事の徹底につながるケースが多いです。妥協してしまいそうな細かい部分にまで掃除が行き届いていれば、ゲストに対しての妥協も生まれにくいと言えます。

これはスタッフの身だしなみについても同じです。フォーマルな格好をする必要はありませんが、清潔感を感じさせる髪型や着こなしはゲストに良い印象を与えます。そこをどうでも良いと感じてしまうスタッフには、きめ細かいサービスは期待できません。

ただ、根本的な事を言うと、本当に重要なのは掃除や身だしなみそのものではなく、細かいところまで妥協をせずにこだわる姿勢です。正直、ゲストの中でも店内の掃除など気にしない人は気にしないでしょう。

それでも、こだわって追及するという姿勢こそ、良いダイビングショップの条件なのだと思います。

説明責任を果たす

ゲストに対して説明すべきことを曖昧にしない姿勢も、良いダイビングショップの条件の一つです。

例えば、講習の費用や所要日数。これをゲストに提示しないショップは無いと思いますが、講習に追加の費用や補習の日程が加わる可能性を、明確に説明することが大切です。

面倒だったり、自分に都合が良くないことには触れないという姿勢はよくありません。「講習の開催地までの交通費が別途掛かる」と聞いてゲストが嫌な顔をするとしても、ショップ側には説明する責任があります。

多くの人は、正当性のある事ならば、順序立てて説明をすることで納得してくれるはずです。

こういったショップの姿勢は、現場でのインストラクターの対応にも影響します。

例えば、ゲストからレギュレーターの細かい構造について質問をされたとします。スタッフにも説明責任が浸透していれば、よく分からない場合でもはぐらかしたりせず、分かる範囲で説明しようとするはずです。また、ゲストからの質問を想定し、インストラクターの義務として事前に勉強をすることでしょう。

提案し納得してもらう

ダイビングショップとインストラクターが、器材の購入やステップアップ講習の受講を強いるのはよろしくありません。これは、現地ダイビングショップのオプショナルダイブのお誘いやグッズの販売にも同じことが言えますね。

ダイビングショップも仕事ですし、収益を上げなければ経営を続けられませんから営業は必要です。しかし、ゲストに必要性を感じてもらった上で提案をし、ゲストが納得を得られてから初めて販売をするというのが正しいやり方です。

きちんとゲスト側が選択できる雰囲気を作ることが大事で、その部分が雑だとゲストから信頼を得ることは出来ません。

これからお世話になるダイビングショップを選ぶ際は、インストラクターがきちんと提案型の営業をしているか、ノルマに追われて売ることに一生懸命ではないか、よく見てみましょう。

このページの先頭へ