SCUBA(スクーバ)とは-言葉の意味と器材の種類-

(Sponsored Links)

普段私達がよく使っているスクーバという言葉ですが、ダイバーでもその意味を知らない人や忘れてしまった人がいるかと思います。

ダイビングの知識的な部分になりますが、以下、”SCUBA”についてのお話です。

ロクセンスズメダイ

ロクセンスズメダイ

SCUBAとは

スクーバの英語表記はSCUBAで、それ自体に意味がある言葉では無く、 Self Contained Underwater Breathing Apparatus の略称になります。日本語に訳すと、自給式水中呼吸装置ですね。

潜水作業でよく使われる空気の供給方法が、船上などから長いホースを水中に伸ばして、それを通してダイバーに連続的に空気を送る(空気は出っぱなし)というスタイルです。

これに対して、私達が行うダイビングは、自分自身が息を吸う力によってタンクからの呼吸を可能にしているため、「自給式」なんですね。

なお、SCUBAの日本語表記はスクーバとスキューバに分かれますが、ダイビング指導団体がスクーバの表記を採用しているため、ダイビング関係者はスクーバという事が多いようです。

ただ、発音的にはスキューバの方が英語のものに近いためか、一般メディアやノンダイバーの間ではスキューバの方が定着していますね。

スクーバとスキン

ダイバーからすれば、スクーバダイビングこそがダイビングですが、忘れてはいけないのがスキンダイビングの存在です。スクーバダイビングが普及するまでは、ダイビングと言えば当然スキンダイビングでした。

ダイビングは、スクーバシステムを装着するスクーバダイビングと、マスクなど最低限の装備で潜るスキンダイビングに分けられます。スクーバを装備せず、スキン(肌、皮膚)の状態で潜るのがスキンダイビングということですね。

スクーバシステムとは

ところで、「スクーバ」がどの器材を指すか、皆さんはお分かりでしょうか?

レクリエーショナルダイビング(レジャーダイビング)で言うところのスクーバシステムには次のものが含まれます。

スクーバシステムに含まれるもの

  • タンク
  • レギュレーター
  • オクトパス
  • 残圧計
  • BCD
  • (ハーネス)
  • (ウェイトシステム)

要は、タンクに接続する器材、タンクの空気が通る部分は、全てスクーバシステムだということですね。

スクーバのいろいろ(参考)

(※ちょっと初心者向けでは無い内容になってしまったので、参考程度に読んでください。)

スクーバシステムは次のような種類があります。

  • オープン・サーキット・スクーバ
  • クローズド・サーキット・リブリーザー
  • セミクローズド・サーキット・リブリーザー
クローズド・サーキット・リブリーザー

クローズド・サーキット・リブリーザー

私達が普段、レジャーのダイビングで使っているスクーバシステムはオープン・サーキット・スクーバと呼ばれるものです。

開放回路式とも呼ばれていて、タンクから空気を吸って、吐き出した空気は泡になって水面を上がっていくという、おなじみのシステムです。

残りの2つを目にする機会は少ないので、これ以外にスクーバってあるの?と思う方がほとんどでしょうね。

これらは2000年代になってから急速に発展してきたシステムで、テクニカルダイビング(レジャーよりも専門的で難易度が高いダイビングです)の分野で普及してきています。

それぞれ、クローズド・サーキット・リブリーザー(CCR)は閉鎖回路式再呼吸装置、セミクローズド・サーキット・リブリーザー(SCR)は半閉鎖回路式再呼吸装置とも呼ばれます。

「閉鎖」や「再呼吸」という文字から、なんとなく想像できるかもしれませんが、簡単に言うとこれらのシステムでは、呼吸器材の中で空気を循環させて、吐いた息を再利用しているのです。(SCRの方は厳密に言うと少しずつ排出します。)

クローズド・サーキット・リブリーザーとセミクローズド・サーキット・リブリーザーのメリット

空気を再利用して節約できるため、潜水時間を大幅に伸ばす事が出来ます。その長さは普通のスクーバの3倍、場合によっては10倍以上になります。タンクの大きさを小さくしても、普段よりまだ長い時間を水中ですごすことが出来るでしょう。

最大水深が100m以上になったり、奥行きの深い水中洞窟を探検したりするテクニカルダイビングの分野では、リスクに対して最大限に注意を払うので、これら先進的なスクーバシステムがとても重宝されます。

また、よりレジャー向きのメリットを挙げると、排気音が出ないという事があります。

水中生物はダイバーの出す音にとても敏感ですので、これらのスクーバシステムを使うことで、生物を脅かさず、静かにアプローチをすることが出来ます。

使用する難しさ

クローズド・サーキット・リブリーザーやセミクローズド・サーキット・リブリーザーは、ダイビングをするという目的こそ普通のスクーバシステムと同じですが、水中での注意点はだいぶ違ってきます。

単純に挙げると、呼吸では浮力のコントロールが出来ない事、器材トラブルが発見しにくいことなどがあります。

その他、特別な器材の使い方がいくつもあるため、使いこなすにはかなりのトレーニングが必要です。

また、普及してきていると言っても、一般的なオープン・サーキットのスクーバシステムと比べると、まだまだわずかなので、購入やメンテナンスにコストがとてもかかり、器材のサポートを受けるためのルートも限られています。

いずれ、オープン・サーキットに取って代わっていくと言われていますが、個人的にはまだもう少し未来のことのような気がしています。

このページの先頭へ