ダイビングは泳げない人でも出来る?

(Sponsored Links)

ダイビングは泳げなくても出来るというのは、ある面では本当ですが、一方ではちょっと違います。

泳げない人でも出来ますが、Cカード(ライセンス)講習を受ける場合は全く泳げない人だと正直厳しいと思います。講習では泳力を見られる項目もありますし、何よりいざというトラブルの時、全く泳げない人が安全を確保するのは難しいでしょう。同じ理由で、「一応泳げるけど苦手意識はある」という人に関しても、Cカードを取得したとして、ダイビングを続けていく過程で人並みには泳げるようになる必要があります。

太陽と小魚の群れ

太陽と小魚の群れ

まずは体験ダイビングはいかがでしょうか?

少々厳しいことを書いてしまいましたが、なにも泳げないと一生ダイビングが出来ないという事ではありません。今泳げなくても、練習をして泳げるようになってから本格的にダイビングライフをスタートさせればいいのです。それでも今すぐダイビングがしたいのであれば、泳げないという事を伝えた上でまずは体験ダイビングを申し込まれると良いでしょう。

体験ダイビングに関しては、インストラクターが徹底的にゲストのケアをしますので、泳ぎに不安があっても楽しむことが可能です。

例えば呼吸ですが、泳げない人が苦手としているのが息継ぎだと思います。ダイビングではレギュレーター(呼吸器)を使って水中で呼吸をするので、息継ぎは必要ありません。焦らずゆっくりと呼吸をしていれば、特に苦しくなることもありません。インストラクターが近くで常に様子を見ながら潜っていて、もしあなたが呼吸が上手く出来ない素振りを見せれば、すぐに対応してくれるでしょう。

また、泳げない人からよく聞くのが、「キックしても沈んでしまう」「浮いていられない」というお悩み。ダイビングはそもそもが水中に潜っていくマリンスポーツで、海底近くでのんびりと魚を見ていきますので、沈んでしまってもOKです。もちろん浮くことが必要になる場合もあるのですが、体験ダイビングであればインストラクターがしっかりとフォローしてくれます。

このように、インストラクターが細かいところまでゲストのケアをしてくれるほか、初心者が潜りやすい穏やかなダイビングスポットで行われるのが体験ダイビングです。

泳げない人でも潜れる条件がそろっているので、泳ぎは不安だけど水中世界は体験してみたいという方はぜひ、チャレンジしてみてください。「泳げるようになって、ダイビングをもっと満喫したい!」といった感じで、モチベーションが高まるきっかけにもなるかもしれません。

自立した1人前のダイバーを目指してください!

実際のところ、現在の日本のダイビング業界では、Cカードを持っているダイバーに対しても、ガイドがかなり丁寧に細やかにフォローをしてくれる傾向があります。おかげで、泳げない人や泳ぎが苦手な人でもCカードを取得して、ファンダイビングを楽しむことが出来ると言えば出来るのです。ある意味日本人らしいサービスで素晴らしいのかもしれませんが、この状況に甘えてしまうと、泳げないダイバーはいつまでも泳げませんし、スキル面でもメンタル面でも自己管理の意識が高まっていきません。

これからダイビングを始めたい人も、既にダイバーの方も、ぜひ意識を高く持って、ある程度の事は自分でこなせる1人前のダイバーを目指してください!

ダイバーになりたいけど不安…という人へ

「Cカード(ライセンス)を取ってダイバーになりたいけど、色々と不安…」という人には、手配が楽で情報収集がしやすい、旅行会社の講習ツアーも良い選択の一つだと思います。

当サイトのイチオシは、ダイビングツアーに強く、初心者に優しいジェイトリップツアー。提携するダイビングショップは信頼のおける大手や老舗ばかりですし、講習料金も安く設定されています。

旅先は人気の沖縄や周辺の離島が中心です。南国リゾートでダイバーになりたい人はどうぞ!(公式サイト⇒ジェイトリップツアー

このページの先頭へ