ダイビングの指導団体って何?

(Sponsored Links)

ダイビングの事をちょっと調べてみようと思ったら、PADIとかNAUIという名称を目にしたことがあるのではないでしょうか?それらは、ダイビング指導団体の名前です。潜水指導団体、認定団体、ダイビング教育機関という事もありますが、これからダイビングを始める人たちから見れば、基本的には性質は同じだと思っていいでしょう。

ダイビングインストラクターは必ずどこかの団体に所属していて、PADIのインストラクターとか、NAUIのインストラクターという風に表現されます。

モンツキカエルウオ

モンツキカエルウオ

おすすめの指導団体は?

ダイビングの指導団体には、それぞれにポリシーを反映させたダイビングの指導プログラムがあって、所属するインストラクター達が団体の方針に従ってCカード講習を開催します。

つまり講習を担当したインストラクターの所属団体によって、Cカードの発行元が変わるという事です。

そんなわけで、PADIのCカードや、NAUI のCカードなど、色々あって「どう違って、どれがおすすめなんですか?」というような疑問が生まれるんですね。

現在、細かいものまで含めると30~40の指導団体が日本で活動していますが、有名なところではPADI,NAUI,SSI,BSAC,CMASなどが挙げられます。

一定以上の知名度がある指導団体の場合、その指導プログラムがダイビング業界で広く認知されているため、Cカードがダイバーの能力を証明する認定証として効果を発揮します。

簡単に言うと、どこの海、ダイビングショップに行っても問題無く潜らせてもらえるということですね。

ただ、小規模な指導団体になると、決して講習内容が劣るわけでは無いと思うのですが、信用度という観点から、本来のダイビングの前にスキルのチェックが必要になるケースもあるようです。

知名度で選ぶのが良いわけではありませんが、現時点で意中の団体が無いのであれば、信用能力や所属ダイビングショップの多さという点で、上に挙げた有名どころの団体でCカードを取得するのが良いかと思います。

それぞれに基本理念やプログラムの構成にこだわりがありますので、よく見比べてみるといいでしょう。

ただどの団体でも、インストラクターがしっかりと指導し、ゲスト側も真剣に取り組めば、必要なスキルと知識は間違いなく身に付くはずです。

重要なのは指導団体というよりは、ダイビングショップの方針や指導するインストラクターの技量・人柄だと思います。

主な指導団体

以下、主な指導団体を簡単に紹介しています。

PADI(パディ)

1966年アメリカで創立。自他ともに認める世界最大のダイビング指導団体で、世界180か国以上にインストラクターが存在し、世界中合わせて6000以上の登録ダイビングショップがあります。日本でもCカードの発行数はシェアNo.1です。

それまで軍隊式で肉体派のみが体験できる厳しいスポーツだったダイビングを、初めて現在のような一般人向けトレーニングプログラムに作り直したのがPADIでした。

スタートの時点で既にビジネス的だったということが、ここまでシェア拡大を推し進められた理由で、今でも確かに商業主義と批判されることがありますが、ダイビングをここまで世界的な一般層に広めたのもPADIの功績だと思います。

NAUI(ナウイ)

1960年アメリカで創立。最大手のPADIより歴史は古く、世界で初めてインストラクターの認定コースを開催しました。

テーマは「最愛の人を任せられる信頼」で、ダイビング業界に身を置く人ならこのアメリカ的で素敵なキャッチコピーを耳にしたことはあると思います。

日本でのCカード発行シェアはPADIに次ぐ2番目です。講習では基本的な手順やガイドラインはあるものの、ゲスト一人一人に合わせた柔軟なプログラムを組むことが出来ることが特徴です。

厳しいということはありませんが、どこかストイックで昔ながらの雰囲気が残っている気がします。

SSI(エスエスアイ)

1970年アメリカで創立。アメリカでのCカード発行数のシェアはPADIに次ぐ2番目になります。

SSIの特徴として、「SSIと提携できるのは事業者(ダイビングショップ)のみ」というものがあります。つまりはSSIの登録ショップで働くインストラクターは全員SSIの所属インストラクターで、他団体の登録ショップ等でSSIのインストラクターが働くことは出来ないとしている事です。

これはダイビング業界では珍しいケースで、SSIでしか作れない独自のプログラムをブランディングし、クオリティを維持することで、他団体との差別化をはかっています。その姿勢は、どこかスティーブ・ジョブズのアップルを思わせるところがあります。

BSAC(ビーエスエーシー)

1953年イギリスで創立。イギリスのチャールズ皇太子が名誉総裁を務める指導団体です。日本ではスポーツクラブやスポーツ系の専門学校等と提携して拡大してきました。

基本理念は「Safety first = 安全が全てにわたって優先する」。そこはさすが、リゾートダイビングよりもレック(沈船)ダイビングなどの探検要素が強いジャンルが盛んな、イギリスが発祥地というだけありますね。

CMAS(クマス)

1959年フランスで創立。指導団体とは少しだけ性質が違って、CMASは世界の各国を代表する組織が加盟する非営利組織です。

日本ではJCIAがCMASの代表組織になっており、そのJCIAにCMAS=JEFFやSTARSといった日本生まれの指導団体が加盟して、CMASの規準に沿ったトレーニングプログラムを行っています。

ダイバーになりたいけど不安…という人へ

「Cカード(ライセンス)を取ってダイバーになりたいけど、色々と不安…」という人には、手配が楽で情報収集がしやすい、旅行会社の講習ツアーも良い選択の一つだと思います。

当サイトのイチオシは、ダイビングツアーに強く、初心者に優しいジェイトリップツアー。提携するダイビングショップは信頼のおける大手や老舗ばかりですし、講習料金も安く設定されています。

旅先は人気の沖縄や周辺の離島が中心です。南国リゾートでダイバーになりたい人はどうぞ!(公式サイト⇒ジェイトリップツアー

このページの先頭へ