ダイビング可能な健康状態・病歴

(Sponsored Links)

ダイビングは水中という特殊な環境下で行われるスポーツですので、良好な健康状態で参加することが絶対条件です。

軽微なものでいえば、風邪気味でないかとか、熱がないか、というようなことになるのですが、特別な治療や入院、手術などを要する大きな疾患の既往がある場合は、ダイビングが不可能な事も考えられます。

特にダイビングで禁忌とされるのが呼吸器系と循環器系の疾患です。大雑把に言えば肺と心臓に関する疾患ですね。ダイビングが人体に及ぼす影響は、多くがこれら呼吸器系と循環器系へのものだからです。

疾患によっては相対的禁忌とされて、参加時の状態によってはダイビングが可能とされる場合もありますが、個人的な印象では、ダイビングに精通している医師の見解ほどダイビング参加に対して厳しい姿勢もしくは慎重なイメージがあります。

セナキルリスズメダイ

セナキルリスズメダイ

病歴の申告について

ダイビング前には、ダイビングショップや指導団体指定のコース参加申込用紙に記入することが必要になりますが、必ず病歴申告の箇所があるはずです。そこには自身が知り得る限りの真実を記入することが、参加の前提なのですが、稀に自分の病気に関しては大丈夫だろうと軽率に判断してしまい、虚偽の記入をする人がいるようです。

参加者が病歴の申告を怠ったために発生したダイビング事故が、国内でも毎年発生しています。事故者が亡くなられたケースに関しては、果たしてご本人が自己の健康状態を正確に把握していたかどうか、確認出来ない場合もありますが、明らかに故意に病歴を伝えない事例もあるようです。

参加者の皆様にとって、ダイビングはレジャーであり、所詮は遊びで余暇でしかありません。ダイビングをする以上は誰にでも一定のリスクがあるのですが、一時の楽しみのために重大なリスクを負う必要があるとは私は思えません。

一般的な病歴書

以下は、一般的な病歴書の項目で、当てはまる病歴および状態がある場合はダイビングが出来ない可能性が高くなります。

  • 風邪
  • 発熱
  • 喘息
  • 息苦しい
  • 副鼻腔炎
  • 中耳炎・外耳炎の治療中
  • 難聴・めまい
  • てんかん
  • 気管支炎
  • 肺炎
  • 肺結核
  • 気胸
  • その他呼吸器系の病気
  • 不整脈
  • 狭心症
  • 心臓疾患
  • その他循環器系の病気
  • 脳の病気
  • 脊髄の病気
  • 神経系の病気
  • 糖尿病
  • 意識消失の恐れがある病気
  • 出血が止まらない病気
  • 閉所恐怖症・パニック発作
  • 腰や四肢の障害
  • 高血圧
  • 妊娠中
  • うつ病
  • 当日参加前にアルコールを摂取
  • 運動能力・精神面に影響する薬を服用中

生理に関しては、日常の生活に問題が無いレベルであれば、参加が可能です。妊娠に関しては、流産・未熟児・先天性異常の可能性も否定できず、お母さん自身も減圧症のリスクが高くなりますので、控えた方が良いでしょう。

また、ダイビングショップ次第というところではありますが、参加者の年齢に応じて医師による診断書の提出を求められる場合もあります。ダイビング可能な健康状態でいらっしゃるという事を認めてもらうためのものですね。

上記に当てはまらない病歴がある場合も、ご自身だけで判断をせず、担当医師に相談することをおすすめします。

このページの先頭へ