ダイビングショップとは

(Sponsored Links)

ダイビングショップは、ダイビングに関する商品やサービスを提供して、ダイバーと海をつなぐお店です。

現在、北は北海道、南は沖縄まで、日本全国にダイビングショップがあり、海に面していない地域でもダイビングを始めるきっかけが持てるようになっています。

またダイビングショップの中には、ダイビング指導団体の登録店になっているところもありますので、指導団体のウェブサイトから検索することも出来ます。

デバスズメダイ

デバスズメダイ

ダイビングショップの意義

一般のダイバーはほとんどの場合、何らかの形でダイビングショップを利用しなければ、ダイビングを楽しむことが出来ません。

最も多い形が、ダイビングショップでCカード(ライセンス)を取得して、その後もダイビングショップのボートやガイド、タンクを利用してダイビングを楽しむケースです。もしくは、Cカードは取得済みで、必要なダイビング器材だけをダイビングショップで借り、友人とバディを組んでよく知るダイビングスポットを潜るという人もいるかもしれません。

このようにダイバーは、ダイビングライフのどこかで、必ずダイビングショップと関わりを持っています。

海も器材も熟知し、ダイビングスキルもプロレベルというダイバーだとしても、タンクの検査やエアーの充填まで考えると、個人で全て行うよりショップを利用した方が、時間も費用も節約できます。

また、ダイビングの魅力でもある、人とのつながりを生むのもダイビングショップの存在意義かもしれません。ダイビングを通じて同年代の友達が出来ることはよくありますし、彼氏・彼女や結婚相手と出会う事も珍しくありません。さらに、離れた年代の人や普通なら接点のない職業の人とも交流が持てるのは、ダイビングショップの持つ客層の幅広さのおかげです。

ダイビングショップとダイビングサービス

ダイビング業者は、ダイビングショップとダイビングサービスに分けることが出来ます。

ダイビングショップはダイビングの講習や器材の販売を行う、どちらかと言えば「ダイビングの出発点」という意味合いが強いのに対し、ダイビングサービスは各海域に店舗や事務所を構えて、ダイバーに対しタンクの貸し出しやガイド業を行う、「ダイビングの目的地」というような感じです。

ダイビングショップでダイビングの準備をし、その準備してきたことをダイビングサービスを利用して発揮するというイメージですね。

さらにダイビングショップはダイバーの拠点でもあり、ステップアップ講習や器材メンテナンスの必要があれば、いつでもショップを利用することができます。

ただ、当サイトでは、特にダイビングショップとダイビングサービスをそこまで区別して扱いません。メディアなどによっては正確に区別している場合もありますが、職域や事業範囲が重なる部分が大きく、業界内の人間でも一緒にして考えている人が多いのも事実です。

実際のところ、ダイビング業者としては、ゲストの様々な要望に応えられるよう、ショップやサービスといった形にとらわれず柔軟に対応していることがほとんどです。

都市型と現地型のダイビングショップ

ダイビングショップは都市型と現地型という感じに分類する事もあります。単純にショップの所在地で区別するという形です。

都市型ダイビングショップはどちらかと言うと講習がメインですが、得意とするエリアでのファンダイビングも行います。また、日本はもちろん世界各地へのダイビングツアーも開催しています。

現地型ダイビングショップは、ショップのある海域でのガイドがメインで、ファンダイビングや体験ダイビングが多くなりますが、講習も行います。

都市型を「ダイビングショップ」、現地型を「ダイビングサービス」と表現することもありますが、上でも述べたように線引きは曖昧で、現地でもダイビングショップに近い形態をとっている業者はあります。

誤解をされやすい器材販売

器材販売を行うことが多いのは都市型のショップになります。

たまに、「執拗に器材購入を勧められた」とか「高額な器材を販売された」という話を聞くことがありますが、個人的には一概に都市型ショップに非があるようには思いません。

確かに悪質と言えるようなケースもあるのですが、執拗とか高額という点が、個人の価値観による部分でもあるのは否定できません。

ショップスタッフからすれば、自分のダイビング器材を持つということの必要性を力説していたのかもしれませんし、器材の価格設定に関しては使用時のアドバイスなどのアフターケアまで含めて考慮する必要があるのではないでしょうか。

ただし、ダイビング器材は安いものではありませんし、販売にはデリケートな面もあります。

勧める側は押し売りではなくコミュニケーションを重視し、ゲストに不快感を抱かせないようにすることが大切です。その点から言えばショップのスタッフ教育がとても大切になりますね。

ショップ自体が悪質なのは問題外ですが、器材販売をするショップ(主に都市型ショップ)全てが悪というような考え方にはやや疑問を感じてしまいます。

私はこれまで現地でのダイビングガイドを主に行ってきましたが、都市型ダイビングショップこそがダイバーを育て、ダイビング業界を回していると感じています(器材の販売も含め)。

一部のショップが原因で都市型ダイビングショップが間違った認識をされてしまうのは残念です。

一般ダイバーの側から信用のおけるショップを選ぶことも大事ですが、ダイビング経験が少ない人にとってそれは難しい事です。この問題に関しては、ダイビング業界全体で改善をしていかなくてはいけません。

ダイバーになりたいけど不安…という人へ

「Cカード(ライセンス)を取ってダイバーになりたいけど、色々と不安…」という人には、手配が楽で情報収集がしやすい、旅行会社の講習ツアーも良い選択の一つだと思います。

当サイトのイチオシは、ダイビングツアーに強く、初心者に優しいジェイトリップツアー。提携するダイビングショップは信頼のおける大手や老舗ばかりですし、講習料金も安く設定されています。

旅先は人気の沖縄や周辺の離島が中心です。南国リゾートでダイバーになりたい人はどうぞ!(公式サイト⇒ジェイトリップツアー

このページの先頭へ