ダイビングは一人でも始められる?続けられる?

(Sponsored Links)

ダイビングを始める時に不安に思うことの一つが「一人でも大丈夫なのか」という事ではないでしょうか。結論を言うと、この事については全く問題ありません!

ダイビングのCカード(ライセンス)講習を受講する人のほとんどが一人でダイビングショップを訪れますが、その後たくさんの仲間に囲まれながら素敵なダイビングライフを送っているケースが多いです。

一方で、決して一人で続けていくのが寂しいわけでは無く、一人の時間を大切にしながらダイビングを楽しんでいる人も大勢います。

アオギハゼ

アオギハゼ

一人で始めて友達を増やすタイプ

多くのダイバーを見ていると、「元々の友達と一緒にダイビングを始めて、その友達と一緒に潜り続けている」という人よりも、「一人でダイビングを始めて、潜りに行く時はダイビングショップで出会った友達と一緒」というパターンの方が圧倒的に多いことが分かります。

ダイビングショップはダイバー同士をつなぐ役割があるので、インストラクターやガイドはコミュニケーション上手の人が多く、ゲスト同士の輪を大切にしています。

ダイビングを続けているだけで、自然に友達が増えていくという感じですね。

逆にダイビングをする友達が欲しい人は、ダイビングショップの力を借りるのが一番です。

旅先のリゾートでCカードを取得した場合、「地元でダイビングをする友達がいなくて、ダイビングに行きたくてもきっかけが無い…」という事態に陥ることも。

ダイビングショップはCカード講習の時からお世話にならなければいけない、なんて事は全くありませんので、身近なところでショップを探してみるべきです。せっかくダイビングの魅力を知ったのに、それっきりになってしまうのは、何とももったいないですね。

機会が無いというだけでキャリアを終わらせてしまうには、惜し過ぎる魅力がダイビングにはあると思います。

また、お住まいの地域に行きつけのダイビングショップが無い人でも、一人で現地のダイビングショップに通い、そちらのスタッフやゲストと良い人間関係を築いているケースは多いです。

現地で出会ったダイバーと、地元に帰った後も交流が続いて、また別のエリアへ一緒に潜りに出掛けるという逆輸入パターンもよくあります。

一人の時間としてダイビングを楽しむタイプ

ダイビングの大きな魅力の一つは出会いなのですが、だからといって必ず親しい友人を作らなければいけないかと言うとそんなことはなく、あくまで一人の時間を楽しむためにダイビングをすることも出来ます。

普段の旅行は彼氏・彼女や友達と行くけど、ダイビングはむしろ一人で、という人も意外と多いんですよ。というのも、ダイビング自体は水中の音のない世界でスローに行われるものであり、日々の喧騒を忘れることの出来る癒しの時間だからです。

単独潜水は安全上難しいのでダイビングショップを利用することになりますが、様々なカラーのショップがあるので、各個人のスタンスを尊重してくれるところを見つけましょう。

特に現地のショップでは、一人で没頭するも仲間と盛り上がるもゲストの自由で、スタッフはゲストに合わせるというところも多いです。

体験ダイビングについて

体験ダイビングに関してだけは、ちょっと事情が異なり、一人よりも二人以上で参加するケースが圧倒的多数です。これは、体験ダイビングがある程度旅行を前提としたもので、ノンダイバーの旅行の場合だと一人旅よりは二人旅以上の事が多いためです。

決して一人で体験ダイビングに参加できないわけではありませんが、ショップによっては二人から予約受付となっている場合もありますのでご注意ください。

まとめ

ダイビングはどんな形で楽しんでいても、友人を作りやすいレジャー・趣味です。続けていれば、友達を作る機会は少なからずあるので、1人で始めても何ら問題はありません。また、ダイビング自体は個人向きな面も多く、それぞれのスタンスでショップと付き合えますので、あえて一人で続ける道も選択可能です。

このページの先頭へ