いつ買うか?-器材購入のタイミング-

(Sponsored Links)

「ダイビング器材ってどのタイミングで買ったらいいの?」というのは初心者ダイバーならよく感じる疑問かもしれません。

ダイビングショップに顔を出せば、スタッフは何となく器材を買って欲しいような雰囲気だし、でも本当に必要か考えたいし…ということで、ここではダイビング器材を購入する時期はいつが良いのかを考えてみたいと思います。

シチセンチョウチョウウオ

シチセンチョウチョウウオ

自分の声に耳を澄ませる

アマチュアレベルのダイバーに関して言えば、ダイビング器材はどの段階までに揃えなければいけないという決まりはありませんので、自分の器材が不要と感じるなら永久に購入する必要はありません。

ただし、よく言われることですがコンスタントにダイビングを続けていくなら、器材は自前のものがあった方が良いでしょう。逆に、不定期でしかダイビングをしないのであればレンタル器材で充分間に合います。

大切なのは「自分は本格的にダイビングを続けていくのかどうか」という見極めです。

「ダイビングにハマったorハマりそう」、「自他ともに認めるダイバーになりたい」と思えた時が、自分の中でダイビングを続ける意志が大体固まった時です。この時がダイビング器材を揃え始めるタイミングですね。

あくまで個人の意思がベースなので、人によっては体験ダイビングを終えた時にそう感じるかもしれませんし、講習を修了しても海に苦手意識があれば、まだダイビングにハマる段階までは至らないでしょう。

ショップのスタッフや他のダイバーに勧められることもあるでしょうが、大人ならば最後に決めるのは自分です。自分でダイビングと向き合い、ダイビングを続けていく気持ちがあるのかを確かめましょう。

ダイビングが上手に出来るか、というのはこの時点ではさほど重要では無く、あくまでダイビングを楽しんでいきたい意志があるのなら、器材を購入する価値はあるでしょう。

いざ自分の器材が手に入れば、スキルアップや安全面など、ダイビングに関しての心強いアイテムになります。

Cカード講習時に器材を購入するケース

早い人では、Cカード講習の申し込みの時点で、自分の器材を合わせて購入します。

すぐに器材を揃えるメリット・デメリット

メリット

  • 器材の使い方を早く覚えられ、上達につながる。
  • 長期的に見ればコストがかからない。

デメリット

  • ダイビングを全く、もしくはあまりやらない場合は費用がもったいない。
  • 自分に合わない器材を購入してしまう事もある。

メリット

ダイビングは器材への依存度が高いレジャーですので、器材の習熟度がほぼダイレクトに快適性や安全性に繋がります。その意味では、早い段階で自分の器材をそろえることは極めて合理的です。

ダイバーになりたての頃は、出来るだけ同じ装備で経験を重ねた方が、器材の使い方が体に染み込み、上達が早くなります。レンタルの場合、使用する器材のメーカーや機種がその都度変わると、器材の操作ミスや、フィット感の違いによる不快感があり、大きなトラブルは無くともストレスは感じることが多いでしょう。

正直なところ、センスがある人の場合は様々な機種のレンタル器材でもそれなりに使えてしまうのですが、ほとんどの初心者ダイバーにとって使い慣れた器材があるという事は大きいです。

また自分の所有器材でダイビングを長く続ければ続けるほど、コスト面のメリットが大きくなります

ダイビング器材のほとんどは、普通にメンテナンスをしていれば(ゲストレベルの使用頻度で)10年前後は使えます。一方で器材のレンタル料金も安いものではありませんので、50~80本くらいレンタル器材でダイビングをすれば、それまでのレンタル料で安めの器材を一式購入出来てしまいます。

維持費用などもあるので一概には言えませんが、おおまかに考えると1年に平均10本程度ダイビングをするのであれば、器材を購入した方がお得という事になります。

デメリット

Cカード講習時の器材購入については否定的な意見もあり、その多くが「ダイビングについて多くを知らない時点での器材購入はまだ早い」というもの。

これはもっともな意見で、講習を受けてみたもののストレスだらけで続けていく自信が持てないという場合もあるからです。

器材の購入が発奮材料になって不安を克服出来るケースもありますが、ダイビングを諦めてしまうようなことがあれば器材に費やしたお金がもったいないとしか言えません。

また、自分のダイビングライフがある程度イメージ出来ないうちに器材を購入すると、その後果たしてどれくらいの頻度でダイビングが出来るのかといったことも問題になります。

仕事が忙しい場合、結婚や出産をした場合などはなかなかダイビングも出来ないでしょう。上にも挙げたように、ある程度コンスタントにダイビングに通えないという事なら、器材の購入はコスト面ではデメリットとなります。

他にも、まだダイビングをほとんどしていない段階では、自分の中での器材へのニーズ(どんな物が合うかなど)が見えていないため、自分に合わない器材を購入してしまう可能性があります。

つまり、自分のやる気と時間的都合の両面で、ダイビングを積極的に続けていく見込みが無ければ、Cカード講習時点での器材の購入はデメリットの方が大きくなると言えます。

徐々にダイビング器材を購入するケース

徐々に器材を揃えていくというのは現在のダイバーに比較的多いパターンです。要は上の講習時に購入するケースのデメリットを埋めるパターンなので、説明もちょっと簡略化します。

徐々に器材を揃えるメリット・デメリット

メリット

  • ダイビング頻度が少ない場合、コストがかからない。
  • 自分が必要な器材が明確になってから購入できる。

デメリット

  • 器材の正しい使い方の習得が遅れることがある。
  • 長期的に見ればコストが大きくなる。

メリット

自分のダイビングへの意欲の高まりに合わせて器材を揃えていくことで、コスト面でのリスクを抑えることが出来ます。ダイビングを続ける意思が明確になってから器材を購入するので、買って後悔というようなことは少ないように思います。

また、ダイビングへの知識がある程度蓄積されれば、自分が器材にどのような特長を求めるのかが自ずと分かってきます。例えば、フィンキックの際に脚力不足を感じているのなら、軟らかめのフィンが欲しいと考えられるようになります。

じっくり考えながら器材の購入を勧められるのが、このケースのメリットですね。

デメリット

ダイビングキャリアの始めは自分の器材が無いため、潜りに行くたびにレンタル器材を使用することになります。毎回違った機種を使う場合、不慣れに感じるケースもあり、人によってはダイビングの上達に時間がかかることもあります

しばらくレンタル器材を使って潜る場合は、器材の細かい使い方を詰めるより、根本的な原理原則を理解することに重点を置きましょう。原理的な部分が押さえられていれば、自分の器材を購入してからも応用が効き、またどのような器材でも使いこなせるダイバーになれます。

ダイビングにハマっている人の場合は、いつまでもレンタル器材でダイビングをしていると、やはりコストの面でデメリットが出てきます。レンタル器材はお金をかけても自分の物にはならないので、いずれダイビング器材を購入しようと考えているのなら、早い方が良いとも言えます。

早く上達したい、既にダイビングにハマった、というようなダイバーにとっては、器材の購入が遅れるほどデメリットは大きくなると言えるかもしれません。

【上手く&楽しく潜るためのページセレクション!】

「もっとダイビングを楽しみたい!上達したい!」というあなたにおすすめの記事を、閲覧数の多いものを中心に厳選しました。

このページの先頭へ