どの器材から買うべきか?-器材購入の順序-

(Sponsored Links)

ダイビング器材を揃える時、誰もが初めから全ての器材を購入できるわけではありません。どの程度のペースでダイビングを続けていくのかによって器材購入のタイミングは変わってきますし、ボーナスの時期に買いたいというような場合もあるでしょう。

自分のダイビングスタイルや頻度に合わせて、特に必要な器材から揃えて他は随時追加していくというダイバーも多く、中には必要最低限のもの以外は購入しないという人もいます。

ここでは、ダイビング器材を購入する際の、優先順位を考えていこうと思います。

キンメモドキ

キンメモドキ

まずは軽器材

購入の時期の目安:Cカード講習申込み時~

ダイビング器材を購入するのなら、まずは一般的に軽器材や3点セットと言われるマスクフィンスノーケルからでしょう。

体に密着するものなので自分専用のものの方が衛生的にも安心です。また体の一部になる器材とも言えるため、より自分に合ったものを使った方がスキルのコツがつかみやすく、快適にダイビングが出来ます。例えば、フィンの硬さはフィンキックの上達に直結します

さらに、軽器材はダイビング器材の中では比較的安価なため購入がしやすく、万が一ダイビングが続かなくても、スノーケリングやちょっとした海水浴で使うことも出来るので、「買って損した」というような事態が起こりにくいと言えます。

次にウェットスーツ

購入の時期の目安:10本~

軽器材の次に優先度が高いのがウェットスーツです。軽器材以上に「自分の体へのフィット感」が求められるのがウェットスーツで、多くのダイバーがサイズオーダーをして自分専用の物を購入します。標準体型の人なら、既成サイズのスーツで充分という場合もあるのですが、快適性はオーダーメイドには及びません。大柄・小柄な人は、レンタルスーツのサイズが合わないと寒い暑い苦しいなどの問題が出てくるので、早い段階で購入の必要性を感じると思います。

快適なダイビングをする上でかなり重要なウェットスーツなのですが、軽器材と比べるとお値段も高くなることや、ダイビング以外ではなかなか使い道もないことから、購入の優先順位は軽器材の次あたりになる事が多いです。ただしレンタルのサイズラインナップに不足を感じる人は、まずスーツを購入するべきかもしれません。

ちなみに既成サイズとオーダーで値段の違いは言うほどありません。また、ダイビングを始める地域や季節によってはドライスーツを選択する必要もありますが、ドライスーツはまた一段とお値段が上がってしまうため、必要な場合でも購入する順序はもう少し後になることが多いです。

ダイブコンピューター

購入の時期の目安:30本~

ここ数年の傾向ですが、重器材の前にダイブコンピューター(ダイコン)を購入する人が多くなっています。安全潜水への意識が高まっている一方で、ダイブテーブルを理解する段階を飛ばしてダイコンが普及している風潮もあり、逆に安全面を心配する声も聞かれます。

ダイブテーブルの理解が前提に無ければいけませんが、ダイブコンピューターを使うことで初心者でも結果的に安全なダイビングが出来るのであれば、積極的に使っていくべきだと思います。ただし重器材よりも前にダイコンを購入するのならば、比較的安価なエントリーモデルを選んだ方が、重器材購入の予算的な選択肢が増えます。

重器材

購入の目安の時期:30本~

ショップのスタッフがBCDのインフレーター操作を例に挙げて、「レンタル器材だとメーカーによって操作が変わることもあるから…」と早めの器材の購入を勧めるのは常套句ですが、何だかんだで重器材は優先順位的には最後になってしまします。

BCD水中姿勢を安定させるのに役立つ器材ですし、レギュレーターに関しては衛生面の問題もあるので早くに購入するのも一理あるのですが、いかんせんお値段が張るためなかなか手が出ません。加えて、ダイビング以外での使い道はまず無いため、それほど必要性が無いのに購入してしまうというケースは避けたいところです。

またマシン選びの面白さ的な部分もあるので、人に勧められるままでは無く、重器材についてある程度知識を得てから、自分の気に入ったものを購入しても良いでしょう。

ただし、経済的に余裕があり、ダイビングを続けていく意欲もある場合は、早い段階で手に入れた方が、コスト的にも上達の面でもメリットが発生することを知っておきましょう。

【上手く&楽しく潜るためのページセレクション!】

「もっとダイビングを楽しみたい!上達したい!」というあなたにおすすめの記事を、閲覧数の多いものを中心に厳選しました。

このページの先頭へ