ダイビング器材は買わなければダメなのか?

(Sponsored Links)

ダイビングにとって器材は無くてはならないものですが、「自分の器材を持つべきか」というのはまた別の話。絶対にMy器材を所有しなければならないわけではありません。

ここでは、私たちダイバーの間でもよく話題に上る器材購入の是非についてお話します。

スダレチョウチョウウオ

スダレチョウチョウウオ

買いたい人が買えば良い

まず当たり前のことですが、ダイビング器材は買いたい人が買えば良いのです。ダイビング器材うんぬん以前の買い物の大原則ですよね。

ダイビングを始めて、続けていくうちに、器材の必要性を感じたら購入を考えるというのが一番自然ではないでしょうか。いつ買うか、という器材購入のタイミングを間違えなければ、「器材を買って損した…」なんていうことにはならないと思います。

具体的には、次の2点を考えて購入を検討していきましょう。

  • コスト
  • スキルアップ

コスト

ダイビング器材は安いものではありませんが、器材のレンタル料だって無料ではありません。頻繁にダイビングに出かける人が毎回器材をレンタルしていたら、1,2年でMy器材が買えるくらいの出費になるはずです。

一方で、器材には購入費用の他にも維持費が掛かります。オーバーホールや修理、消耗による買い替え、ツアーの際の輸送費などですね。器材代金よりは安いものですが、購入後も地味な出費があることは考えなくてはなりません。

器材レンタル料と器材購入費用(オーバーホール等の維持費も含めて)を比較して、メリットがあると感じたら購入を考えましょう。

スキルアップ

ただ、コスト面の理由だけで器材購入を見合わせている人がいるなら、それはそれで考えものです。My器材には、費用のように単純に計算できないメリットがあるのも忘れてはいけません。

それは、スキルアップの効率性です。ダイビングは器材を扱うマリンレジャーですので、その習熟度がそのままスキルにつながり、ひいては安全面にも影響してきます。ダイビングセンスのある人ならば、どのメーカーのどんな器材でも感覚的に上手く使えてしまうのですが、そんなケースは多くありません。器材をレンタルする場合、3点セットやスーツの使用感、BCDの操作性に違和感を抱きながら、ダイビングをスタートすることになるでしょう。

ダイビング器材は家のようなもの

器材を買うべきかどうか考える時に、頭に入れておいていただきたいのが「レンタル器材が自分の物になることは無い」ということ。器材レンタル料金を払い続けても、所詮レンタルはレンタルであって、自分の所有物にはならないのです。

レンタル器材は賃貸物件のようなものです。ずっと住み続ける事は出来ますが、将来的には手元に何も残りません。しかし、持ち家の購入費用に加え、維持管理に掛かる手間やコストを考えると、賃貸にもメリットが少なからずあり、実際に生涯賃貸で生活する人も多いです。

賃貸なら、マンションのロケーションが嫌になったら引っ越すことが出来るように、ダイビングも器材を所有していなければ気軽にやめてしまうことだって出来ます。

私たちが住む場所を決めるように、ダイビングを長期的な趣味として考えるのであれば、器材を所有するほうがメリットは大きくなります。建物ほどではありませんが、ダイビング器材も長く使えるもので、(アマチュアレベルで)10年くらいは使用可能です。

自分の将来において、ダイビングがどれくらいのウェイトを占めているのかを考えて、器材購入の検討材料にすると良いでしょう。

購入を強制するようなショップはダメ

ダイビング器材の購入はあくまで自分の意思によるものです。器材販売についてあまり良くない話を耳にすることもありますが、この原則を理解していない、もしくは無視しているダイビング業者がいるのではないでしょうか。

ゲストに器材の必要性を感じてもらい、自主的な購入を促すプロセスは、ショップ全体で取り組んでいかなくてはならない課題です。それがセールスの基本でもありますよね。

ダイビングが器材を使うレジャーである以上、そこに器材の必要性は間違いなくあるのです。購入を強制したり、しつこく迫る、無言の圧力をかけてくるようなダイビングショップは、「ゲストへダイビングの魅力を伝える力」が自社に不足していると認めるようなものです。

良いダイビングショップは、海やプールでの実際のダイビングを通し、「なぜMy器材があると良いのか」を理解させてくれるはずです。その上で、過度な売り込みをすることはありません。

器材販売に関するやり取りにストレスを感じるようなら、ダイビングショップの乗り換えも出来ます。勇気を持って検討するのも良いでしょう。

【上手く&楽しく潜るためのページセレクション!】

「もっとダイビングを楽しみたい!上達したい!」というあなたにおすすめの記事を、閲覧数の多いものを中心に厳選しました。

このページの先頭へ