ダイビング器材の特徴と選び方-フィン-

(Sponsored Links)

水中・水面で泳ぐ時の推進力を生むダイビング器材がフィンです。マスクと並んで、一番初めに購入されることの多い器材ですね。器材の中で唯一、水中で体と一体になって動くものなので、機能や特長を熟知したいところです。

フィン

ストラップフィン

どんな器材?

フィンは大きく二つのタイプに分けることが出来ます。一つがストラップタイプ、もう一つがフルフットタイプです。ストラップタイプはゴムのベルトが付いていて、ベルトをしめてフィットさせます。フルフットタイプはスリップオン方式で足をすべり込ませて履きます。通常ストラップタイプはブーツを履いて使い、フルフットタイプは素足で履くことが多いです。

素材はネオプレーンというゴム素材か、ゴムとプラスチックの複合素材のものが主流です。ゴムフィンが重たいとか、プラスチックフィンが硬いとか言われてきましたが、現在では重さや硬さは素材だけでは決まらないことが多いです。

フィンが水を受けるブレードには、両端にリブという突起部分が付いていてフィンが水の抵抗に負けて形が崩れるのを防いでいます。また、ブレードの真ん中にはチャネルと言う溝があって、キックした時に水を後ろにキレイに流すのを助けています。溝が無いタイプのフィンも、しなった時に出来るへこみがチャネルの役割を果たします。

選び方

まずはフィンを使うロケーションを考えてください。

基本素足で履くフルフットタイプは温かい海に適しています。また、ビーチダイビングの場合、岩場などは素足では歩けませんので、フルフットの場合はボートダイビングが主なロケーションになります。

一方でブーツと合わせて使うストラップタイプは使う水温や場所を選びませんので、初めてのフィンはこのタイプがいいかもしれません。ただ、フルフットは素足で履く開放感がダイビングにぴったりで、沖縄などの南国リゾートでは圧倒的に支持されており、愛用者が多いです。

次にフィンの硬さとブレードの大きさです。

硬く幅広のフィンは、大きな推進力を生みますが、脚力が必要になります。足の筋力に自信のない人が使うと、水の抵抗に負けて正しいキックが出来ません。足を振り下ろせず、ヒザだけが曲がってしまうキックですね。

逆に軟らかく細身のフィンを屈強な男性などが使うと、蹴りごたえが無く、パワーを活かせません。プロ野球選手がプラスチックのバットを振るようなものです。

サイズも大事なポイントです。ストラップタイプの場合はブーツを履くので、ブーツのサイズを考慮して選びましょう。またフルフットタイプでは、あまりゆるいフィンは脱げやすいですし、フィンずれで足の皮膚を痛めてしまう原因になります。

(フィンキックのスキルアップに関しては、下記のページを参考にしてみて下さい!)

おすすめのフィン

実際に評価が高いフィンはGULL(ガル)のものが多いです。GULLのフィンはゴムフィンで、プラスチックとの複合素材よりは重みがあるのですが、初心者ダイバーは水中では足が浮いてしまってバランスを崩す事が多いので、私としてはやや沈みやすいゴム製がおすすめです。以下、私が実際に使ったことのあるフィンの中からおすすめのものをピックアップしています。

GULL:SUPER MEW XX(スーパーミューダブルエックス)

ストラップタイプならGULLのSUPER MEW XX(スーパーミューダブルエックス)です。ゴムフィンとしては蹴り心地が軽く、推進力はもちろんあります。そしてフルフットばりの足へのフィット感が素晴らしいです。単純にサイズが合っていたとしても、フィットしていない場合はキックしていて足が疲れやすいのです。

ただ、女性には少し抵抗が大きくてハードな感じがするので、同じGULLから出ているCOCO FIN(ココフィン)がおすすめです。細身で抵抗を抑えている分、推進力は若干劣りますが(それでも十分進みます)、デザイン性が高くカラーも女性向きです。

GULL:MEW(ミュー)

そしてフルフットタイプなら、GULLからMEW(ミュー)がおすすめです。ゴムフィンでは国内シェアNo.1の製品で、熱狂的なファンも多いです。履き心地がとても良く、体の一部のように使えるフィット感が特長です。硬さ別にハードミューやソフトミューといったラインナップもありますので、脚力に応じて選べます。

短所を挙げるなら、コンスタントに使っていると足を入れるポケットの部分が1年くらいで消耗して切れてしまうことでしょうか。ただ、ゲストレベルでは数年間は問題無く使えると思います。

SCUBAPRO(スキューバプロ):JET FIN(ジェットフィン)

その他のおすすめとして、ベテランに好まれるフィンで、SCUBAPRO(スキューバプロ)のJET FIN(ジェットフィン)があります。ブレードが幅広いゴム製のため硬くて重たいので、使う人を選ぶフィンですが、その瞬間的なパワーと水中姿勢の安定感は抜群で、インストラクターやプロ水中カメラマンなど、プロフェッショナルな層に根強い人気があり、誕生から50年近いロングセラーになっています。

【上手く&楽しく潜るためのページセレクション!】

「もっとダイビングを楽しみたい!上達したい!」というあなたにおすすめの記事を、閲覧数の多いものを中心に厳選しました。

このページの先頭へ