ダイビング器材、購入とレンタルどちらがお得?

(Sponsored Links)

ダイビング器材を購入するにはお金が掛かります。また、一方でレンタル器材もほとんどの場合無料ではありません。

費用を考えた場合、器材は購入するのとレンタルするのとでは、どちらがお得になるのでしょうか?自分のダイビングスタイルに合わせて、賢くダイビングをしたいですね。

なお、ここでは費用に焦点を当てますが、ダイビング器材にはコスト以外にも考えなければならない、安全やスキルアップといった面でのメリットもあることをお忘れなく。

ミヤケテグリ

ミヤケテグリ

ダイビング器材の購入・維持にかかる費用

ダイビング器材を購入するにはそれなりのお金が掛かります。そして、購入後も維持管理には費用が発生するのが普通です。

購入費用

ダイビング器材の価格は色々ですが、下記の一式を揃えた場合は大体15万~30万円くらいになることが多いです。

ダイビング器材一式

  • レギュレーター
  • BCD
  • ウェットスーツ
  • マスク
  • スノーケル
  • フィン
  • ブーツ
  • グローブ
  • ウェイトベルト

(オプション的なアクセサリーはここでは省きます。)

15万円と30万円では価格に差があり過ぎますが、ブランド力のあるメーカーの場合は高くなりますし、同じメーカーでもエントリーモデルとハイエンドモデルではかなり値段が変わります。

また、セットで購入すると費用が抑えられることも多いです。「レギュレーターは○○、BCDは△△の重器材セット」というように、各ショップがオススメする製品を組み合わせて安く販売しているケースですね。自分の中で細かいこだわりが無い場合は、セット購入も良いかもしれません。

なお、インターネットの通販を利用して器材を購入する場合、費用を安く抑えられるメリットがあります。ただし、購入後の管理が面倒になる場合もあるので、購入場所は個々の状況に応じて考えましょう。

修理・オーバーホール

器材の維持管理には、定期的な保守点検が必要です。特に重器材は小さな故障が大きなトラブルにつながることもありますので、異常が無くても1年に1回はオーバーホールに出すことをおすすめします。軽器材であれば、ストラップのみを購入して自分で交換することも出来ますね。

ダイビングの頻度にもよりますが、これらの保守点検費用はゲストレベルで年間1~2万円程度になると思います。

自分で出来る点検をしっかり行っておけば、余計なトラブルを防げるので、維持費はある程度抑えることが可能です。

輸送費

近場の海に出かける場合は必要ありませんが、飛行機を使ってダイビング旅行をする場合、事前にゆうパックや宅急便で器材を現地に送ることがほとんどだと思います。

旅行当日に自分で直接器材を運ぶ場合も、航空会社によっては重量オーバーで料金が発生することがあります。

旅行費用として考えてしまうことも出来ますが、レンタル器材を利用するのであれば要らない費用と手間ですね。

買い替え

ダイビング器材は長い目で見れば、やはり消耗品という見方も出来ます。ダイビングによく出かける人ならば、軽器材やスーツは5~10年くらい、レギュレーターやBCDは10年くらいで買い替えが必要になると思います。

ただ、5年、10年とダイビングを続けていくことを考えると、買い替えが必要であることを含めても、器材を購入しておいた方がコストが抑えられるはずです。

ダイビング器材をレンタルした場合にかかる費用

レンタル器材を使用する際に掛かる費用は、実際にダイビングショップに支払うレンタル料金のみです。自己器材の場合に必要な保守点検や運搬のための費用は発生しません。

レンタル料金(フルレンタル)の相場は、都市型ショップは7,000~10,000円程度、現地ショップの場合は3,000~6,000円程度です。

どれくらいレンタルし続けると損する?

ダイビングへ頻繁に出かける人の場合、レンタル器材を使い続けるとコスト的に損をしてしまうのは想像できると思います。では、一体どれくらいのペースで潜るようになると、器材を購入したほうがお得なのでしょうか?

上のほうでも挙げたダイビング器材の一式は、安い場合15万円くらいから揃えることが出来ます。1日の器材フルレンタル料金が5,000円だとすると、30日間ダイビングをすると、器材レンタル代が15万円掛かってしまいます。

30日間レンタル器材でダイビングをすると、そのレンタル代を使って安い器材なら一式買えてしまうということになります。レンタル料が高いショップを利用する場合は、さらに少ない日数で器材購入が出来るほどの出費が発生します。

おおざっぱに結論づけると、経験本数50~80本くらいまでレンタル器材で潜り続けたら、「今までのレンタル代で自分の器材が買えてるじゃん!」ということになるのです。

器材購入は冷静かつ計画的に

レンタル器材は、たくさんお金を払ったところで、形となって自分の手元に残るものではありません。極端な話、潜れば潜るほど金銭的には損をしているのです。コストを考えた場合、ダイビングにそれなりにハマりそうな予感があるなら、早めに器材を購入してしまう方がお得だと言えます。

ただし、ダイビングがどういうものかよく分からないうちに購入したり、長期的に続ける見通しが立たないのに器材を買ってしまうのはもったいないです。

器材レンタル代は出費にはなりますが、自分のダイビングへの理解を深め、自分にあった器材を探すための投資とも言えます。一方、早まって購入したものの、今後使う予定の無いダイビング器材ほど無駄なものはありません。

【上手く&楽しく潜るためのページセレクション!】

「もっとダイビングを楽しみたい!上達したい!」というあなたにおすすめの記事を、閲覧数の多いものを中心に厳選しました。

このページの先頭へ