あなたは自分に合ったフィンを購入出来ていますか?

(Sponsored Links)

ダイビングでは、泳ぎの効率や快適さは、どんなフィンを使うかによってほとんど決まってしまいます。にもかかわらず、自分の脚力や目的に合っていないフィンを使っているダイバーがまだまだいるのも事実。

ダイビング器材の特徴と選び方-フィン-のページでも、フィンの基本的な選び方を取り上げていますが、ここではもう少し踏み込んで、それぞれのダイバーの好みや目的に合わせたフィン購入について解説します。

ゴマニザ

ゴマニザ

重視する点やダイビングの目的からフィンを選ぼう!

基本的なフィン選びのポイントは、まずはダイバーの脚力です。脚力の無い人は柔かめのフィン、脚力のある人は硬めのフィンを選んで、自分のフィンキックが効率良く推進力になるようにしましょう。

ただ、単純にフィンの硬さだけを見ただけでは、まだ不十分です。あなたの個性に合ったフィンを購入するには、ダイビングの目的や、ダイビングの中で何を重視するかという部分も考えた方が良いでしょう。

パワーかスピードか

応用フィンキックのページでも取り上げたように、フィンキックがパワー重視かスピード重視かによって、最適なフィンのタイプは変わってきます。

パワー重視→硬めで幅広いフィン【例:ジェットフィン(SCUBAPRO)など】

スピード重視→柔かめで細く長いフィン【例:ワープフィン(GULL)など】

大きな撮影機材がある場合など、パワー重視の状況なら、水を押す力を最大化させるために硬く抵抗の大きいフィンを選ぶと良いですね。一方で、大物を追ってガンガン泳ぎたいスピード重視なら、しなりを活かすことが出来、抵抗が小さいフィンを選びましょう。

じっくりマクロ撮影かガンガン泳ぐワイドか

マクロ好きなフォト派ダイバーが、撮りたい被写体をあらかじめ厳選して潜るような時は、あまり泳ぎ回らないダイビングになります。ただし、大きめのカメラをもって移動したり、いざという時のダッシュのために、瞬発力は必要です。つまりはパワー型の硬め、幅広フィンがおすすめということですね。

一方で大物狙いのドリフトダイビングでは、頻繁に泳ぐことになります。そのため、キック時の抵抗が少なく、ハイスピードで魚群に寄せれる柔かめのフィンがおすすめです。ただし、フィンが長めでなければ、Maxスピードが出ないためご注意下さい。

ビーチかボートか

水面移動が長くなりがちなビーチダイビングでは、柔らかめのフィンがおすすめです。水面下でのキックが主になるので、しなりが少ない硬めのフィンでは後ろ側へ推進力が生まれにくいですし、何よりある程度の距離をサクサク泳ぐにはしんどいでしょう。

移動距離が短めのボートダイビングなら、目的や脚力に応じて柔かめから硬めまで選べば良いと思います。なおビーチダイビングの場合でも、水面・水中ともあまり移動をしない場合や、パワフルさを求めるなら硬めでも良いでしょう。

水中での姿勢

フィンにはいくつかの素材がありますが、この素材がダイバーの水中姿勢に影響してきます。

ラバー素材のものは沈み、プラスチックやウレタン、複合素材のフィンは浮くものが多くなっています。このことから、下半身を安定させたいならラバー素材。きれいな水平姿勢を求めるなら、プラフィンや複合素材を選ぶと良いでしょう。

一般的にラバー素材のフィンは、沈むだけあって重くなりがちです。水中でフワフワ足が浮いてしまうという女子ダイバーには、沈むラバー素材がおすすめだとも言えますが、いざフィンキックの時に重くて足が疲れてしまうかもしれません。ただ単純にラバー素材のフィンを選ぶのではなく、その中でも軽いもの、抵抗の小さいものを探すと、良い買い物ができると思います。

脱着のしやすさ

フィンの脱着のしやすさは、その硬さや形ではなく、ストラップかフルフットかのタイプの違いによって決まります。

個人差もありますが、一般的にはストラップタイプの方が脱着しやすいと言われています。特にビーチダイビングのエントリーエキジットでは姿勢が安定しないため、サクッとバックルを外せるストラップタイプが有利。

ただ、慣れてくるとフルフットタイプも足を滑らすようにスルッと脱着が出来るようになります。常に素足で過ごせるボートダイビングに関して言えば、むしろフルフットの方が脱着が楽だと思います。

自分の基準でフィンの硬さを判断しよう

ここで再度基本に戻って、フィンの硬さと脚力について考えてみましょう。あなたは、何をもってフィンの硬さを判断しているでしょうか?結局のところ、そのフィンを自分で履いて、泳いでみなければ分かりませんよね。

ある人には硬めのフィンでも、ある人にとっては柔らかいということもあります。メーカーの硬さ表示だけで、「このフィンは硬めなんだな」と決めてかからないよう気を付けて下さい。

出来れば色々なフィンを試し履きして、自分の脚力には、どれくらいの硬さが標準的なのかを知りましょう。その上で、自分基準の硬め、柔かめのフィンを選ぶようにすると良いと思います。

【上手く&楽しく潜るためのページセレクション!】

「もっとダイビングを楽しみたい!上達したい!」というあなたにおすすめの記事を、閲覧数の多いものを中心に厳選しました。

このページの先頭へ