ダイビング器材の特徴と選び方-スノーケル-

(Sponsored Links)

マスク、フィンとともに3点セットとい呼ばれるスノーケル。シュノーケルと言った方が一般的なのですが、ダイビング業界では英語Snorkelの発音に忠実にスノーケルと呼ばれることがほとんどです。

スノーケル

スノーケル

どんな器材?

ダイバーでない人にも広く使われているので、今更説明の必要もないのですが、マスクに取り付けて水面から水中を覗きながら呼吸が出来る軽器材の一つです。ちなみにダイビングをする時にはレギュレーターが自分の右側を通るので、スノーケルはマスクの左側に付きます。

ダイビングは海に潜るレジャー・スポーツなので、水面で使うスノーケルは何かと軽視されがちです。しかし、水面移動のツールとして以外にもエマージェンシーグッズとしての役割も大きく、その使い方や特性を理解しておくのはダイバーなら当然と言えます。

万が一、エア切れで水面へ浮上したとします。エキジット地点やボートははるか遠く、水面を泳いで戻らなくてはならない時、スノーケルがあれば水面に顔を付けながら泳ぐことが出来ます。頭は人間の体の中でも重たい部分で、5kgくらいはありますので、呼吸の度に水面から顔を上げるとなると、なかなか辛いものがあります。波がある時はなおさらですよね。ボートダイビングで岸から離れたダイビングスポットを潜る時や、ドリフトダイビングをする時などは必須の器材です。

現在、ダイビングでよく使われているスノーケルは下側1/3程度が蛇腹になっていて、レギュレーターをくわえる時に邪魔にならないようになっています。口元でカーブしているスノーケルは、スノーケルのみで呼吸をするスノーケリング用です。

また、マウスピースのすぐ下には排水弁があり、顔を水面から上げるだけでも排水されるような仕組みになっています。そしてスノーケルの先端は、水が入りにくくなるようなカバーが付けられているので、少々の波しぶきなら平気です。

日本製のダイビング器材は世界でもトップレベルの品質だと思うのですが、スノーケルに関しても様々な工夫が見られます。蛇腹部分に関しても、空気抵抗が少なくなるように、また排水がスムーズに行えるように、内側はフラットで蛇腹にはなっていません。まあここまでは海外のメーカーでも採用している点なのですが、日本製のものは蛇腹の縮む側(顔側)に関しては内側もあえて凸凹にして、ソフトに曲がりやすくなっています。スノーケルクリア時に水が実際に流れる反対側のみフラットになっているんですね。

選び方

スノーケルはダイバー以外にも気軽に使われるので、夏になると、スーパーやコンビニでも買えますが、殆どがU字型のスノーケリング専用のものです。ダイビングに使うのであれば最低限ダイビング用のものを選びましょう。

またスノーケルには長さと太さによって次のような特徴があります。

  • 長い:波をかぶりにくい、呼吸死腔が大きい、スノーケルクリアがしづらい
  • 短い:波をかぶりやすい、呼吸死腔が小さい、スノーケルクリアがしやすい
  • 太い:呼吸抵抗が小さい、スノーケルクリアがしづらい
  • 細い:呼吸抵抗が大きい、、スノーケルクリアがしやすい

最近のスノーケルは日本人の顔や頭に合うよう、細かく計算されて作られているので、あまり値段が安すぎるものでなければサイズはどれを選んでも大丈夫ですが、最低限上の知識はあっても良いと思います。特に呼吸死腔(一度の呼吸では排出しきれず、再び体内に戻ることになる空気があるスペース。)については、呼吸全般について言えることですので理解しておきましょう。呼吸死腔が大きくなると、新鮮な空気が肺に入りにくくなって、苦しく感じやすくなります。

またスノーケルのやわらかさや形(断面)にも特徴があって、やわらか過ぎたり水の抵抗が大きい形だと、スキンダイビングの浮上時などに曲がったりブレてしまう原因になります。適度な硬さと、水を流すような形のものを選びましょう。

おすすめのスノーケル

私自身が使ったことのあるスノーケルや、他のダイバーが使っていて良いと思ったものをご紹介します。

・GULL:カナールステイブル

男性向けモデルです。蛇腹を左右非対称にして、顔側のみ内側を凸凹にしてあるので曲がり方が自然な感じで口に負担がかかりません。形も水の抵抗を抑えるように設計されていて、水中でブルブル振動することが少ないです。そしてマウスピース下の排水室が大きいため、ちょっと水がたまっていても空気の通り道を確保でき、水を飲んでしまうことがありません。ただ、逆に容量が大きくなってしまうため、ブラスト法でクリアするというよりは顔を上げて排水する方が自然かもしれません。

・GULL:レイラドライSP

カナールを女性向けにしたスノーケルです。容量が小さく軽めになっているので、肺活量に自信がない人でも比較的楽にスノーケルクリアが出来ます。蛇腹や断面の形などは男性向きのカナールと同じになっていて機能では劣りません。レイラステイブルというハイグレードなモデルもあるのですが、それだと容量が大きくなってしまい女性用の良さが半減してしまうので、あえてドライSPの方がオススメです。

【上手く&楽しく潜るためのページセレクション!】

「もっとダイビングを楽しみたい!上達したい!」というあなたにおすすめの記事を、閲覧数の多いものを中心に厳選しました。

このページの先頭へ