イソマグロ-THE 回遊魚-

(Sponsored Links)

イソマグロはダイビングで見られる大物と言われる魚の一つ。男らしいフォルムと力強く泳ぐ姿が大物好きのダイバーに受け、積極的にリクエストするゲストもいる人気者です。

ここでは、イソマグロの特徴や写真を撮る際のちょっとしたコツをご紹介します。

イソマグロの群れ

イソマグロの群れ

大きさや見られる場所

イソマグロは回遊魚らしい銀色の体といかつい顔が特徴で、大きさは1~1.5mくらいのものが多く、時折2m以上の超大物に出くわすこともあります。潮の流れが速くなる場所を好み、ダイビングでは潮通しが良いドロップオフなどで見られます。ただ、一般的なダイビングポイントで見られるイソマグロは、1,2匹くらいで泳いでいることがほとんどで、本格的に群れる大型のイソマグロを狙おうと思えば、沖の離れ根をドリフトダイビングで流すスタイルになることが多いです。

英名が Dog tooth tuna(犬の歯のマグロ) というように、鋭い歯が口の中にズラリと並んでいるのが、ちょっと近づくだけで分かります。その鋭い歯で、流れのあるところに集まる小魚を食べる肉食魚です。

日本では沖縄の島々や伊豆諸島、小笠原諸島など、温かい海で見ることが出来ます。

初心者が水中写真を撮る時のコツ

イソマグロは警戒心が強く、泳ぐスピードも速いため、普段はなかなか近寄ることが出来ません。ですが、20~100匹以上の大きな群れを作っている時は堂々とゆっくり泳いでいることが多く、写真も狙い目です。イソマグロがそのような大きな群れになるのは、潮の流れが速く、エサも豊富な場所で、ドリフトダイビングのポイントになるような所です。

イソマグロを含め大きな魚を撮る時は、まずその魚に出会えるか、シャッターチャンスに恵まれるかどうかが第一関門になります。イソマグロの場合、良い写真を撮りたいのなら頑張ってスキルを磨き、ぜひドリフトダイビングで狙うことをおすすめします。

いざチャンスに恵まれれば、驚かせないように気を付けてアプローチすることで、初心者ダイバーでも良い写真を撮ることが出来ます。イソマグロの前に出ず、群れの横からゆっくりと近づけば、上手く寄ることが出来るはずです。イソマグロは1匹1匹は大きいのですが、比較的間隔を空けて群れるので、群れ全体を撮るとちょっと迫力に欠ける感じに。そこで、密集している4,5匹くらいを狙うか、1匹に狙いを絞って他のマグロは背景的に使うと、雰囲気が伝わりやすくなります。

また大物なので、フィッシュアイレンズやワイドコンバージョンレンズなど広角系のレンズを使いたくなりますが、先程も説明したように群れが散漫な印象もあるので、相当寄らなければ迫力が出ません。その上で更に、構図のセンスやダイビングそのもののスキル、魚の群れ方などの要素が揃えば、かなりの出来の写真が撮れる可能性はあります。しかし、写真としての難易度は高く、流れがある中では大きめのカメラにあれこれアクセサリーを付けて潜るのも大変です。

個人的にオススメなのは、普通のデジカメの水中ワイドモードです。イソマグロはそこまでがっつり寄るのが難しい魚でもありますので、ちょっと遠目でもバシバシ撮っていった方が結果的に良い写真になるケースが多いように感じています。

マグロであってマグロでない…?

イソマグロはマグロと名が付いてはいるのですが、実はクロマグロやキハダマグロなどが属するマグロ属には入っておらず、イソマグロ1種だけがイソマグロ属に分類されています。何だかかわそうなのですが、所詮イソマグロは沿岸を泳ぐ磯のマグロであって、海流がビュンビュン流れる外洋を逞しく泳ぐクロマグロなどと比べると、運動能力が違うという事でしょう。ダイバーからすれば、イソマグロも相当な流れの中を充分力強く泳いでいるように見えますが、他のマグロには敵わないという事なんですね。

水温がポイント

イソマグロが生息しているのは温かい海なのですが、あまり水温が高いのは苦手な様で、夏になると水温が低めの深い所を泳いでいる姿を見かけます。大きな群れになるのは春先が多いのですが、もっとも、潮の流れが常に速くエサがとにかく多い場所では年中元気に泳いでいるケースもあります。

イソマグロが見たい場合には、水温を含めシーズナリティーに詳しい現地のダイビングショップに、おすすめの時期や現在の状況を問い合わせてから出かけるといいと思います。

【上手く&楽しく潜るためのページセレクション!】

「もっとダイビングを楽しみたい!上達したい!」というあなたにおすすめの記事を、閲覧数の多いものを中心に厳選しました。

このページの先頭へ