マンタ-世界最大のエイ-

(Sponsored Links)

ダイバーなら誰もが憧れる大型魚マンタ。水中であんなに大きな生物と出会えると、素直に感動し、ダイビングっていいなと心から思えます。

ここでは、そんなマンタについてのうんちくをご紹介します。

クリーニング中のマンタ

クリーニング中のマンタ

大きさや見られる場所

マンタというのは英名 Mantaray から来る通称で、図鑑などにはオニイトマキエイという名前で載っています。こちらの本名の方も、ダイバーならほとんどの人が知っているでしょうね。

マンタは世界最大のエイとして知られており、最大で体の幅が8,9mにもなります。ただし、ダイビングで見られるのは3~5mくらいのものが多い印象です。ちなみにマンタの体長は幅の半分くらいなので、大体2mくらいになりますね。

生息しているのは全世界の亜熱帯から熱帯の海とされていますが、とても広い範囲を泳ぐため、伊豆半島でも見つかったことがあります。しかし、基本的には南の海、日本なら沖縄や小笠原で見られる確率が高いですね。

ダイビングで見られるのは、沿岸サンゴ礁域の浅場が多いのですが、水深数百mの深海域まで潜ることも最近の研究では分かっています。また、マンタは流れが穏やかな場所を好むイメージですが、ドリフトダイビングで流れに乗っている時にも出現することがあるので、泳ぎが苦手なわけではないようです。

クリーニングと捕食

よく マンタポイントと言われるような場所は、マンタがクリーニングをされるために訪れるところです。クリーニングステーションと呼ばれる根がいくつもあり、小型のベラの仲間が集まっていて、マンタなどの大きな生物の体表に付いた微生物を食べてくれるのです。

一方で、クリーニングステーションほど場所がはっきりとはしていませんが、マンタが捕食に訪れる場所も分かっていることがあります。プランクトン食のマンタが大きな口をあけて、海水ごとエサを飲み込んでいく姿は圧巻ですよ。

クリーニングや捕食のためにマンタが現れるポイントを特定しようと、世界中でダイビングサービスのスタッフたちが努力をしています。ダイバーがマンタにストレスを与えてしまうのは問題ですが、マンタの行動や生態を明らかにすることは、ひいてはマンタの保護にもつながると思われます。

捕食中のマンタ

捕食中のマンタ

初心者が水中写真を撮る時のコツ

マンタはダイビングで出会う生物の中でも写真が撮りやすいと言われます。もちろん、構図にこだわって撮ればいくらでも難しくなるのですが、動きがゆっくりめで体も大きなマンタは、初心者ダイバーの方でも満足いく写真がたくさん撮れるでしょう。

特にクリーニング中や捕食中のマンタは、1か所に長い時間とどまるので、ダイビング中はずっとシャッターチャンスということもあります。

クリーニング中のマンタを撮る!

クリーニング中は根の上でマンタがゆっくりと旋回したり、ホバリングをするので、根に沿って待機し、若干下からあおって撮るような感じになると思います。とにかく大きな被写体なので、ワイドコンバージョンレンズやフィッシュアイレンズで、フレームに全身を入れてやることで迫力を出せます。水面が入るように撮ると明るい写真に仕上がりますよ。

捕食中のマンタを撮る!

捕食中のマンタは、クリーニングの時よりもやや速めのスピードで、広めの範囲を泳ぎ回ります。ほとんどの場合マンタは水面近くを泳ぐため、下からあおる感じになりますが、シルエットが美しい魚なので完全逆光で撮っても充分画になります。

また、スノーケリングで撮影すれば、大きく口をあけて泳ぐ迫力あるマンタを正面から写すことが出来ます。撮影スタイルは無理が無いよう、ショップや各ガイドさんに従いましょう。

なお、マンタが捕食に来るような場所はプランクトンの密度が濃く、浮遊物が写真に写りこみやすくなります。ストロボを使わずに自然光で撮るなどの工夫やテクニックが必要になるでしょう。

撮影&ウォッチングのルールを厳守しよう

また、クリーニング&捕食中のマンタは警戒心が薄いとは言え、アプローチに気を付けないとストレスを与え、最悪マンタは逃げて行ってしまいます。無理に追いかけない、クリーニング中の根に上がらない、マンタに泡を当てないなど、ルールがありますのでガイドさんの指示を聞き逃さないように。

石垣島は世界屈指のマンタエリア

マンタと言えば石垣島。石垣島と言えばマンタ。そう言っても良いくらい、ダイバーの間で有名なのが、石垣島のマンタポイント「川平石崎マンタスクランブル」です。

マンタスクランブルのマンタ出現率は80%とも90%とも言われており、世界広しと言えども、ここまでコンスタントにマンタに出会える場所はなかなかありません。また、マンタスクランブルはクリーニングステーションであるため透明度が良いのも特長。海外のマンタポイントは捕食場所であることも多く、透明度があまり期待できない場合もあります。

同じく川平エリアに別のマンタポイント「マンタシティ」も開拓されており、ひとまずマンタが見たければ石垣島に潜るべきです。

ただ、自然の海ですので「絶対」は無く、季節によってはマンタの確率がやや落ちたり、海が荒れてしまってマンタポイントに潜れない日も出てきます。石垣島のマンタシーズンは通常3~11月で、確率・枚数とも期待できるのが9,10月頃です。

なお、石垣島と同じ八重山諸島に属する、西表島・黒島・波照間島などでもマンタを見ることが出来ます。特に、西表島の鹿乃川エリアに関しては、ダイバーが少ない中でより自然な姿のマンタを観察できるとあって、石垣島のショップが遠征に来るほどです。

ナンヨウマンタとリーフイトマキエイ?

世間ではマンタ=オニイトマキエイで通っているのですが、現在の研究では、私たちがマンタと呼んでいるエイは実は2種類いるようなのです。一つは従来通りのオニイトマキエイという名前で呼ばれているのに対し、もう1種類がナンヨウマンタかリーフイトマキエイという名前で意見が割れています。

パッと見では区別がほとんど出来ないのですが、背中の模様や1番後ろ側の鰓に斑点がかかっているかどうかで見分けます。そしてオニイトマキエイとされる種類の方が大型になり、より外洋性になります。

普段私たちが沖縄などで見るマンタは沿岸性で大きさもせいぜい5m程度。つまりはナンヨウマンタもしくはリーフイトマキエイの方みたいですね。今まで自分たちが見ていたのが、純粋なオニイトマキエイじゃなかったことが、ちょっとショックですが…。

ちなみに、ナンヨウマンタを提唱しているのが美ら海水族館や海遊館などの水族館方面の方々。そしてリーフイトマキエイは八重山方面の、もはや研究者というくらいマンタを見てきているダイビング関係者の方々が推しているようです。

どちらにしても、「マンタ」とか「リーフ」が和名の中に入るってのはどうもセンスが感じられません…。

【上手く&楽しく潜るためのページセレクション!】

「もっとダイビングを楽しみたい!上達したい!」というあなたにおすすめの記事を、閲覧数の多いものを中心に厳選しました。

このページの先頭へ