チョウチョウウオの仲間-THE トロピカルフィッシュ-

(Sponsored Links)

トロピカルフィッシュの代表とも言えるチョウチョウウオ。ダイビング中に視界に入ると、何となく雰囲気が華やぎます。

ここでは、チョウチョウウオの生態や写真の撮り方を解説していきます!

アミチョウチョウウオ

アミチョウチョウウオ

大きさや見られる場所

チョウチョウウオは名前の通り、蝶のように鮮やかな色彩が美しい魚です。また、サンゴの間をヒラヒラと泳ぐ姿が蝶を連想させるのが名前の由来と言う説も。小さな子供からお年寄りまで、ダイバーでなくてもチョウチョウウオを知っている人は多いかもしれませんね。

世界で約100種、日本の海では約50種が見られますが、大きさにはあまりバラつきが無く、みんな10~15cmくらい。大きなものでは、30cmくらいになるニセフウライチョウチョウウオがいます。

チョウチョウウオはどちらかと言えば暖かい海の魚で、沖縄や小笠原でよく見ることが出来ます。ちなみに、伊豆半島などでもよく見らるのは、本家・チョウチョウウオシラコダイなど。沖縄など熱帯の海ではサンゴ礁の周り、温帯域では岩礁に暮らしています。

初心者が水中写真を撮る時のコツ

チョウチョウウオはよく動くので、撮影の難易度はちょっと高めです。なるべく止まっているタイミングを狙いたいので、エサをつついているところを撮るのがベター。

綺麗な色彩と模様を活かした方がインパクトのある写真になるので、基本の構図は横からということになります。アップは難しいので、初心者の方は少し引いて、1mくらいの距離から「水中ワイドモード」で撮影すると良いと思います。

白や黄色系のチョウチョウウオは、浅瀬の砂地や水面を背景にすると、明るくトロピカルな写真になります。黒系などちょっと落ち着いた色のチョウチョウウオの場合、鮮烈に赤いイソバナをバックにするなど、ギャップを付けると存在が際立ちますね。また、ペアで泳ぐことも多い(下記参照)ので、2匹の間のストーリーが伝わるような構図も面白いかもしれません。

余談ですが、ダイビング=水中写真と言っても良いくらいデジカメを持って潜るダイバーが増えているので、その影響でチョウチョウウオなどのよく動く(撮影が難しい)魚の人気が、以前ほど無くなってきているのがちょっと寂しいところですね。

ペアでサンゴ礁を散策

チョウチョウウオは2匹のペアで行動することがほとんど。1匹しかいないなぁと思っても、根の反対側にもう1匹がいたりします。

これはエサを食べる時の効率を良くするためだと考えられています。チョウチョウウオは、サンゴの一部であるポリプを食べる種類や、ポリプの他にエビやカニ、コケなども食べる雑食性の種類が多いので、泳ぎ回ってエサを探す必要があり、それにはペアの方が便利です。群れと呼べるくらいのグループになると、今度はエサにありつけない可能性もありますからね。

また、繁殖のことを考えてもペアの方が効率が良くなりますよね。ダイビング中に出会うチョウチョウウオの性別は分かりにくいのですが、ほとんどがオスとメスで行動しているようです。

カスミチョウチョウウオは大きな群れに

ペアで暮らすチョウチョウウオが多い中、カスミチョウチョウウオという種類は大きな群れを作ります。沖縄方面へ何度かダイビング旅行をしたことがあるダイバーさんなら見たことがあるかもしれませんね。

実はこのカスミチョウチョウウオは食性が他のチョウチョウウオとは違うんです。多くの種類が基本、ポリプ食や雑食なのに対して、カスミチョウチョウウオはプランクトン食。潮に乗って流れてくるプランクトンを食べているんですね。

中層で群れて何してんだ?と、よく見てみると、一生懸命に口をパクパク動かしていることに気付くと思います。

ところで、カスミチョウチョウウオが大きな群れを作るのには、このプランクトン食という食性が関係しているんです。

考えてみて下さい。サンゴのポリプやエビ・カニと比べて、プランクトンはほぼ無制限なので、カスミチョウチョウウオにとってエサが無くなることはまず無いですよね。

たくさんで群れていても、その場のエサを食いつくすことが無いですし、むしろ群れを作っていた方が襲われるリスクも軽減出来て、良いこと尽くめなのです。

ちなみにカスミチョウチョウウオ以外では、トンプソンチョウチョウウオ(小笠原諸島など)、ブラックピラミッドバタフライフィッシュ(モルディブなど)が同じように大きな群れを作ることで知られています。

【上手く&楽しく潜るためのページセレクション!】

「もっとダイビングを楽しみたい!上達したい!」というあなたにおすすめの記事を、閲覧数の多いものを中心に厳選しました。

このページの先頭へ