“流れ”を知ればフィッシュウォッチングが120%楽しめる

(Sponsored Links)

「流れがあるダイビングポイントでは大物が見られる」なんていう話を聞いたことがありませんか?

流れは、海の生物たちにとって、生きていく上でとても重要なファクターなのです。ここでは、流れと生き物の関係についてご紹介しますね。

アカネハナゴイ

アカネハナゴイ

魚は流れが当たるところに集まる

ほとんどのダイバーは、魚たちが水中の根に群れているところを見たことがあると思います。あれって何でなのか分かりますか?

海の生態系の底辺を支えるプランクトンたちは、多くが流れに乗ってやってきます。大海原に大きな根がポツンとあったら、その根に流れが当たり、流れの中にいたプランクトンたちが一時的に溜まるような形になるわけですね。

もうお分かりだと思いますが、魚たちはエサを求めて根に集まっているのです。特に根の流れが当たる側(上流側)には多くの魚が集中します。魚たちにとって最も大きな関心事と言っても良いのが「エサ」ですからね。おまけに、地形にちょっとした変化がある根であれば、隠れ家や産卵場所としても利用することが出来ます。

プランクトンが集まれば、プランクトン食の小型の魚たちが集まり、その小魚を狙って、肉食の大型魚が回遊してくるのです。水中では根や岩場のような地形の他にも、ちょっとしたソフトコーラルや、空きビンなんかがあるだけでも、そこに生態系が作られるから面白いですよね。

流れと生物の習性を考える

魚たちはエサを目的に流れが当たる場所に集まるのですが、もう少し細かく観察していくと、それぞれの習性に納得が出来て、ダイビングが深みのあるものになります。

例えばチョウチョウウオです。多くのチョウチョウウオはサンゴのポリプなどを食べるため、根のすぐ上で海底をつつきながら泳いでいると思います。しかし、カスミチョウチョウウオは違います。

カスミチョウチョウウオ

カスミチョウチョウウオ

皆さんは、流れがあるところに大きな群れを作って泳ぐ、このチョウチョウウオを見たことがあるでしょうか?実はカスミチョウチョウウオは他のチョウチョウウオとは違い、プランクトンを主に食べて生きています。そのため、流れが当たる斜面などで、エサにありつきやすい中層を泳いでいるのです。

さらに言うと、チョウチョウウオの仲間は普通二匹のペアで泳ぎまわるのに対し、カスミチョウチョウウオは数十から数百の大きな群れを作ります。これは、ほぼ際限なく流れてくるプランクトンが主食なので、他に何匹いようがエサを争うようなことは無いわけです。むしろ、大型の肉食魚が回ってくることもある場所で泳ぐため、大きな群れを作ることがリスク回避につながるとも言えます。

このように、その魚がなぜ流れの当たるところにいるのかを考えると、いろいろなストーリーが見えてくるんですね。生物を見るだけではなく、バックグラウンドにまで目を向けると、もっともっと水中世界に興味を持てるはずですよ。

流れを知るとダイビングが面白くなる

潮流をはじめとする流れが、生き物たちにどう関係しているかが分かってくると、ダイビングでの感動が大きくなります。

偶然に任せるのではなく、ある程度予想を立てて、狙い通りのネイチャーシーンに出会うことも可能になるかもしれません。

大物狙いのダイビングで活かす

ドリフトダイビングなどでは、ガイドはまずポイントの流れが当たる面を中心に大物を探していきます。やみくもにキョロキョロと辺りを見ているだけでは、大物は見つかりません。ガイドが特に注意している方向、つまり流れが当たっている場所を探すことが大切なのです。

このような背景が分かっているだけで、ドリフトダイビングの構成や見どころをつかみやすくなり、必然的に自分でも大型生物を発見できる機会が増えていきます。これは、ドリフトダイビングでなくても、地形的に大物との遭遇が期待できるポイントであれば役立つ部分ですね。

写真撮影の場所選びに

サンゴ礁に群れる美しい魚たちの群れを撮影したい時なども、流れの向きや根への当たり方を考えることは重要です。

アカネハナゴイやアオバスズメダイなど、色鮮やかな魚はプランクトンを効率よく食べるために、根の流れの当たるサイドに集中します。潮の干満によって流れの向きが変われば、魚たちも居場所を変えるのです。

良い構図で、流れに向かって綺麗に群れる魚たちの写真を撮るためには、魚の集まる場所を狙う必要があるので、コースの周り方や撮影場所にもこだわらなくてはなりません。また、午前に潜るのか午後に潜るのかによっても、太陽光の入る方向が変わるため、魚の群れる場所と合わせて、写真を撮る向きまで考える必要がありますね。(太陽を自分の背にして撮影するのが基本です。)

ガイドさんの腕が確かであれば、そんなこともさり気なく配慮しながら、潜るポイントやコース取りを決めてくれるはずです。

【上手く&楽しく潜るためのページセレクション!】

「もっとダイビングを楽しみたい!上達したい!」というあなたにおすすめの記事を、閲覧数の多いものを中心に厳選しました。

このページの先頭へ