ダイビング旅行ガイド-初めて潜る沖縄本島

(Sponsored Links)

沖縄本島は全国からのアクセスが良く、気軽に南の島のダイビングを楽しめます。

多くの島々がある琉球列島の中心地であるため、「本島」と呼ばれますが、正式には沖縄島という名前が付いています。

恩納村沿岸

恩納村沿岸

海の魅力

沖縄本島のダイビングエリアは南部・中部・北部の3つの海域に分けられます。

各ダイビングショップは基本的にメインに潜るエリアを決めていますが、海況に応じて行き来をすることも多いです。

南部(糸満・那覇・宜野湾)

那覇の港から慶良間諸島、チービシへ大型ダイビングボートで、片道1時間をかけてデイトリップするダイビングが中心です。

基本は1日中船の上になるスタイルで、チービシ周辺であれば午前中での帰港や、到着日午後からの参加も可能。海況が穏やかな時に粟国島や渡名喜島へ向かうスペシャルな遠征も。

那覇以外の糸満や宜野湾の港から出航する場合は、本島沿岸域のポイントで潜るスタイルになります。また、本島南端近くの大度海岸は北風に強く、冬場に賑わうビーチポイントです。

中部(北谷・嘉手納・読谷・恩納)

沖縄本島の真ん中あたりのエリアなので、幅広い海域をカバーしています。

北谷・嘉手納では、沿岸域はもちろん、慶良間へはほぼ毎日出航、粟国・渡名喜へのツアーも積極的に行われています。読谷・恩納では、残波や万座と言った本島を代表する沿岸ポイントをダイビングします。

賑やかな那覇の街を離れて、中部エリアではビーチダイビングが出来る場所が増えてきます。砂辺と真栄田岬の沖縄2大ビーチポイントがあるのもこのエリアです。

スケジュールは潜るポイントによって変わりますが、近場の場合は1ダイブごとに港に戻ります。

北部(名護・本部・今帰仁・国頭)

本部半島を中心に周辺の瀬底島・水納島・伊江島が北部のダイビングエリアです。

上級者向けの変わり種のポイントとしては、沈船ポイントUSSエモンズや本島最北端の辺戸岬エリアもあります。またビーチポイントの崎本部は北風が強い冬でも穏やかに潜れます。

港からポイントまでが近いことが多く、基本的には1,2ダイブで一旦帰港します。

北部は比較的独立したエリアで、他のエリアから潜りに来るダイバーも少なく、逆に北部のショップで他のエリアに遠征することはほとんどありません。

 

どのエリアも沖縄らしく、透明度が良い海域ですが、慶良間諸島や水納島、伊江島へ遠征することで、更に透明感のあるポイントに潜れる可能性は高くなります。

熱帯域のカラフルな魚がサンゴ礁に集まり、誰もがイメージするような、ダイビングらしいダイビングが出来るのが沖縄の海の魅力ですね。魚はもちろん、水中地形やサンゴなど、多様な水中景観を楽しめる海になっています。

大きな生物も見られますが、どちらかと言うとカワイイ魚やキレイな魚をのんびりと見ていくスタイルが主流で、とにかくアクセスしやすく誰もが潜りやすいのが魅力です。

上に挙げた3エリアは主に沖縄本島の西海岸で、ここに最近開拓された東海岸エリアを加えると4つのエリアがあることになります。

東海岸は、マングローブ林が広がるような内湾環境があり、透明度は落ちるものの、沖縄本島の中では独特の生物が観察できるエリアです。

ダイビングの難易度

ダイバーの比率

初心者70% 中級者20% 上級者10%

沖縄本島の海は全体的にやさしい雰囲気で、初心者ダイバーにも潜りやすいポイントが多いのが特徴です。体験ダイビングやCカード講習が盛んなのもうなづけますね。

中には流れが出たり、水深が深くなるポイントもありますが、潜るルートが複数用意されていることも多く、Cカード講習を終えて間もないダイバーでも潜ることが出来ます。

注意したいのが、フィンキックによる砂を巻き上げ。慶良間や水納島などにはキレイな白砂のポイントが多く、粒はそれほど細かくないのですが、泳ぐ姿勢が悪いと砂が舞い上がってしまいます。

また、マクロに関して言えばハイレベルなガイドさんも多いので、上級者も満足出来るはずです。

代表的なダイビングポイント

真栄田岬

真栄田岬

真栄田岬

真栄田岬は沖縄本島を代表するダイビングポイントとして、古くからダイバーの間で知られていました。最近ではスノーケリングポイントとして、ノンダイバーの間でも人気沸騰中の観光スポットです。

恩納村にあるポイントなのですが、ビーチ・ボートの両方でエントリーが可能で、特にビーチは海岸国定公園として施設も充実しているため、南部から北部まで多くのダイビングショップが利用するようになっています。

短いリーフの先は根が点在していますが、さらに沖に出ると広い砂地の深場になっています。

リーフの上はクマノミ、ロクセンスズメダイやツバメウオ、グルクマと言った魚たちが群れ、深場の砂地ではヤシャハゼやヒレナガネジリンボウが見られます。タイマイも時折姿を見せ、過去にはマンタやイルカが現れたことも。

水中は潮がよく入れ替わる場所のため透明度が良いのですが、流れが速いことはほとんど無く、のんびりと潜ることが出来ます。

見られる生物

トウアカクマノミ

トウアカクマノミ

日本で見られるクマノミの仲間全6種や、ジョーフィッシュのようなかわいいマクロ系の魚が人気です。他にはハナヒゲウツボやヤシャハゼ、アケボノハゼ、オオモンカエルアンコウなどの南の海らしい魚も。

大きめの生物では、アオウミガメやタイマイといったウミガメたち、ナポレオンフィッシュ、ホワイトチップことネムリブカが、本島沿岸域から見られ、伊江島や粟国島ではイソマグロ、ギンガメアジなどにも遭遇できます。

陸上の楽しみ方

沖縄観光の中心地だけあって、陸上を楽しもうと思ったら、アフターダイビングだけでは時間が確実に足りなくなってしまいます。

ダイビングメインの旅行では、ポイントを押さえて観光をするようにしましょう。

景色が良い場所では恩納村の万座毛や古宇利島へ渡る古宇利大橋がおすすめです。また、南部と北部には海が見えるカフェが多く、眺めを楽しみながらの食事やコーヒーは最高です。沖縄の別の面でもあるアメリカンな部分を楽しみたい場合は北谷のアメリカンビレッジもいいかもしれませんね。

またダイバーであれば、美ら海水族館もぜひ行っておきたいところです。メジャーなスポットではありますが、ダイビングで沖縄の海を潜ったことがあれば見方も変わってきます。北部ステイの場合などは立ち寄るチャンスはあると思います。

そして、居酒屋さんやレストランが充実しているのも沖縄本島のいいところです。民謡居酒屋ではじけたり、オサレな感じの創作沖縄料理を味わうのもおすすめ。

おすすめのお食事

沖縄そば

沖縄そば

沖縄そばは沖縄県民のソウルフード。小麦粉を使った中~太麺が多く、ラーメンのようにかんすいを使って作ります。和風だしのスープで味わうそばは、他の麺類には無い独特の味わいです。三枚肉に紅しょうが、かまぼこ、ねぎがトッピングされるのが沖縄本島の沖縄そば。離島にも、それぞれアレンジされたそばがありますが、まずは本島の元祖沖縄そばをご賞味あれ!

おすすめのお土産

お土産として人気があるのがお菓子御殿の紅いもタルトや、ファッションキャンディのちんすこうショコラです。

ただ、一味違うお土産をセレクトしたい場合は、沖縄のB級グルメの定番・タコライスに使うタコライスミートや、ポークたまごに使うポークランチョンミートをスーパーで購入するのもいいと思います。

沖縄本島の気温・水温・スーツの目安

 
気温の目安
水温の目安
スーツの目安
12-2月15-20℃20-24℃フルスーツ5mm+フードベスト
3・4月20-25℃23-25℃フルスーツ5mm
5-9月25-32℃25-29℃フルスーツ3or5mm
10・11月20-25℃24-27℃フルスーツ5mm

アクセス

全国各地の空港から那覇空港への便が出発しています。便数が多いのは羽田・関空・中部国際・福岡からの飛行機です。

旅行会社のダイビングツアーも格安化が進み、自己手配の旅行よりもコストが抑えられることも多くあります。手配の手軽さも含めて考えると、沖縄本島の場合も旅行会社のツアーがおすすめです。

ダイバーにおすすめの旅行会社

初心者ダイバーの方に特にお勧めしたいのが、近年ダイビングツアーに積極的に取り組んでいるジェイトリップツアー。経験が少ないダイバーのツアーを得意としており、スタッフからも熱心さが伝わってきて好感度が◎です。

その他の会社も含め、詳しくはダイビングツアーに強い旅行会社のページで解説しています。

このページの先頭へ