ダイビング旅行ガイド-初めて潜る石垣島-

(Sponsored Links)

沖縄本島から南西400kmの場所にある八重山諸島。その中心地が石垣島です。

ダイビングエリアとしても抜群の人気を誇る石垣島は、雑誌マリンダイビングの人気投票企画『ダイブ&トラベル大賞』の国内エリア部門で何度も1位を獲得しています。

川平湾

川平湾

海の魅力

石垣島の海の魅力と言えば、まず思い浮かぶのが、世界屈指のマンタ出現率の高さです。石垣島で潜るからにはマンタも当然狙いたいのですが、脇を固めるダイビングポイント達も非常に充実していて、国内最高級の美しいサンゴ礁や、豊富なマクロ系生物も見逃せません。

石垣島のダイビングショップは主に、南部(市街地)・川平・北部の三地区に展開していて、それぞれの海の魅力を伝えています。

南部(市街地)

南部は石垣島で最もにぎやかな地域で、ホテルや居酒屋さん、お土産屋さんも多く、沖縄本島の那覇を離島ベースにアレンジした感じです。

石垣島と西表島の間には、石西礁湖と呼ばれる国内最大のラグーン(サンゴ礁で囲まれた海域)があり、石垣島南部のダイビングショップはこの石西礁湖に含まれる竹富島や小浜島、黒島の周辺と石垣島南の海域をメインにダイビングをしています。

これらのダイビングポイントは、波が立ちにくく、穏やかで潜りやすいのが特長で、初心者ダイバーも安心して楽しめます。

もちろん、南部からもマンタの見られる川平エリアへはアクセス可能。

川平

石垣島のマンタポイントである「川平石崎マンタスクランブル」や「川平石崎マンタシティ」への距離が最も近いエリアです。ショップにもよりますが、海況が許す限り、ほぼ毎日マンタスクランブルに潜ることが出来るため、とにかくマンタをリクエストしたいという人におすすめです。

また、必ずしもマンタ一辺倒では無く、サンゴが華やかな米原Wリーフ周辺や内湾性の生物が見られる名蔵湾のポイントなども潜っています。

川平自体はマンタで非常に有名ですが、土地柄は素朴で、景色も風光明媚。とにかくのんびりと過ごせるエリアです。

北部

石垣島は市街地を離れると、すぐにのどかな島の風景が広がるのですが、とりわけ北部地域は豊かな自然が残っています。それは海の中も同じで、特にサンゴの美しさは沖縄でもトップクラス。はるばる石垣島まで来た価値を実感させてくれます。

ダイバーの数も川平や南部の海と比べると圧倒的に少なく、プライベート感あふれるダイビングを楽しむことが出来るでしょう。

その海の美しさの反面、北風が吹くと海が荒れてしまう場所なので、冬場は潜りづらいという難点もあります。そのため各ショップは、冬は北風に強い名蔵湾や島の南部を中心にガイドサービスを行うスタイルを取ります。

 

マンタのシーズンと確率

石垣島のマンタシーズンは3月頃から始まり11月頃まで続きます。特に確率が高く、観察される枚数が多いのは9、10月あたり。この時期はマンタの恋の季節で、多くのマンタが一か所に集まります。5、6月頃も恋の季節のようですが、秋と比べると集まり方にムラがあります。

12月頃から翌年2月頃までは、北風が強くなることもあり、川平エリアのショップであってもマンタポイントへのアクセスが難しくなります。また、マンタ自体も穏やかな場所の方がお好みのようで、海が荒れていると出会うのは難しいです。

マンタの状況は年によっても変わるので、予約の前に一度ショップへ問い合わせてみるのがおすすめです。

なお、マンタに出会える確率は80%とも90%とも言われていますが、こればかりは水族館では無いので見られない日も当然あります。自然の中での出会いに期待して、楽しく潜りましょう。

スケジュールなど

石垣島のダイビングサービスは、南部を中心に、大型で居住性の高いダイビングボートを所有しているショップも多いのですが、お昼の休憩では一度港に戻るのが基本です。

1本ごとに帰港することもありますが、ポイントから港までの距離やその後のスケジュールによっては船上休憩になったりと、臨機応変です。

ダイビングの難易度

ダイバーの比率

初心者40% 中級者30% 上級者30%

誰もが気軽に潜れるポイントが多く、八重山諸島の島々の中では特に初心者向けのエリアです。

ただし、サンゴの保存状態が良いポイントや、砂がきめ細かく舞いやすい内湾ポイントでは、中性浮力バランスの良さが求められます。また、大物狙いのポイントは流れが速くなることも多いです。

なお、マンタスクランブルやマンタシティに関しては難しいポイントでは無いので、初心者から潜ることが出来ます。

代表的なダイビングポイント

川平石崎マンタスクランブル

マンタ

マンタ

石垣島が世界に誇るマンタポイントが川平石崎マンタスクランブルです。

海外でもマンタが見られるポイントはありますが、ここまで遭遇率が高い海はなかなかありません。全体的に水深が浅く、ダイビング初心者でも不安を最小限にしてマンタウォッチングが出来るというのも大きな魅力。

マンタはプランクトン食のため、普通は濁った海域(エサが多い場所)で見られることも多いのですが、マンタスクランブルはクリーニングや求愛のためにマンタが集まるポイントで、透明度も良いことが多いのが特徴です。

また、石垣島のマンタポイントにはルールがあるのでしっかり守らなければいけません。

マンタポイントでの主なルール

  • マンタを触らない
  • マンタを追いかけない
  • マンタがホバリングする根に上がらない

この他に、マンタはダイバーの吐く泡を嫌うので、マンタの下に入り込まないように注意するなど、マンタにストレスを与えないようにして潜りたいですね。

見られる生物

アカネハナゴイ

アカネハナゴイ

石垣島の海で見られる生物は、まずは何と言ってもマンタですが、他にイソマグロやバラクーダなどの大物も見ることが出来ます。ただし、マンタ以外の大物に関しては上級者向けのポイントで見られる魚なので、積極的には狙わないショップもあるため事前に確認を。

どこのショップでも楽しめるのは、南国らしいキレイでカワイイ魚たち。特に八重山諸島でよく見られるアカネハナゴイや、オスのスミレ色が美しいスミレナガハナダイ、求愛や産卵などネイチャーシーンが楽しめるイカの仲間・コブシメに注目。

その他、ナカモトイロワケハゼなど石垣島で発見された魚もいるので、要チェックです。

陸上の楽しみ方

石垣島はこれまで説明をしてきたとおり、3つのエリアに分けられ、滞在地によっても陸上の楽しみ方は少しずつ違います。

南部エリアならお土産選びや食を楽しんだり、リゾートホテルでゆっくりと過ごすことも出来ます。夜はたくさんあるお食事処を巡りましょう。

川平はクラブメッドカビラを筆頭に、隠れ家的なペンションや眺めの良いカフェなどがあるリゾートエリアですが、決して賑やかになることなく静かに過ごせます。日本百景にも選ばれる川平湾は、流れが速く泳ぐことは出来ないものの、その美しさは一見の価値あり。

北部に行けば行くほど、宿や飲食店は少なくなりますが、それが北部の良いところ。静かなビーチを散歩したり、石垣島ならではの自然を満喫しましょう。

ただ、石垣島は車で周るのには丁度良い大きさですので、時間に余裕があれば、ぜひ市街でレンタカーを借りて観光したいところです。御神崎灯台や平久保崎灯台から見る海は絶景ですよ!

おすすめのお食事

石垣牛

八重山が誇るブランド牛が石垣牛です。かつては、神戸牛や松坂牛になるために仔牛のうちに全国に出荷されていた程、肉質の良さは実証済み。

市街地を中心に、石垣牛のステーキや焼き肉を食すことが出来る店があります。

おすすめのお土産

ミンサー織

ミンサー織

ミンサー織

沖縄の伝統的な織物であるミンサー織。八重山諸島は有名なその産地で、財布やコースターなど、お土産にぴったりの小物に使われています。

五つと四つの■にムカデの足を表すたくさんの横縞模様の意味は、「いつ」の「よ(世)」までも足繁く通って下さいね、ということだそうです。

 

 

石垣島の気温・水温・スーツの目安

 
気温の目安
水温の目安
スーツの目安
12-2月16-22℃21-24℃フルスーツ5mm+フードベスト
3・4月22-24℃24-25℃フルスーツ5mm
5-9月27-32℃26-30℃フルスーツ3or5mm
10・11月24-27℃25-27℃フルスーツ5mm

アクセス

 
空港
直行便羽田
関西国際
中部国際
福岡(夏期のみ)
経由便那覇

石垣空港が新しくなり、直行便が増えた上に、スカイマークやピーチも発着し、使いやすくなりました。ただ、空港から市街地までの距離は遠くなったので、ショップに送迎をお願いしている場合も、テキパキと行動しましょう。

離島でのダイビングは旅の手配も慣れが大事なので、石垣島の場合も初めての方は旅行会社の利用をおすすめします。費用も自己手配の場合よりも安く済んでしまうケースが多いです。

ダイバーにおすすめの旅行会社

初心者ダイバーの方に特にお勧めしたいのが、近年ダイビングツアーに積極的に取り組んでいるジェイトリップツアー。経験が少ないダイバーのツアーを得意としており、スタッフからも熱心さが伝わってきて好感度が◎です。

その他の会社も含め、詳しくはダイビングツアーに強い旅行会社のページで解説しています。

このページの先頭へ