ダイビング旅行ガイド-初めて潜る与那国島

(Sponsored Links)

日本の最西端の大物ダイビングエリアとして有名な与那国島は、沖縄県八重山郡与那国町という区分ですが、沖縄の一般的なサンゴ礁の島々とは一味違った男性的な雰囲気を持っています。

ここでは与那国島でのダイビングを検討されている方向けに基本的な情報をご紹介しています。

与那国島・立神岩

与那国島・立神岩

海の魅力

与那国島の海は大物の海として知られています。特に有名なのが、ハンマーヘッドシャーク。スポーツカーを思わせる進化したフォルムと、時に数百匹を超える大きな群れを作ることで知られるサメで、ハンマーリバーと言われるその大群を一目見ようと、全国からダイバーが押し寄せる島が与那国島です。ハンマーシーズンの冬になると、ダイビングショップは大物ハンターの巣窟と化します。

直線的で切り立った岩場の海岸線は、沖縄のやわらかい海のイメージとは一味違っていて、水中景観も豪快なポイントが多くなっています。高低差のあるドロップオフや、射し込む光が美しい洞窟やホールがあり、地形派ダイバーにもおすすめです。また、謎めいた地形ポイントとして有名なのが、海底遺跡という説もある「遺跡ポイント」で、こちらもハンマーと並ぶ与那国島の名物です。

大物やワイドな景観のイメージがどうしても強い与那国ですが、実は国内でも珍しい魚が確認される海でもあります。人気があるのはヘルフリッチの通称で知られるシコンハタタテハゼなどですね。マクロオンリーと言うわけには行きませんが、興奮のワイドの合間にマクロ系も楽しめる魅力があります。

海の雰囲気が、沖縄の離島としては異色で、どちらかと言うと小笠原に近い気もします。

あくまでおおまかなイメージですが、島の北側にのんびりと潜れるポイントが多いのに対し、南側には流れが速い場所や豪快な地形のポイントが多いです。そのため南風の吹く夏場は、島の北側で比較的まったりと潜る傾向にあります。

また宿泊は祖納か久部良のどちらかの集落になることが多く、港は基本的に久部良港を使用します。

 

スケジュールなど

与那国島のダイビングショップでは、基本的に大型のボートを所有。日よけやトイレ・シャワーも完備しているので、船の上でも快適に過ごすことが出来ます。また船に安定感があるため、少々の波には動じず、積極的にハンマーヘッド等の大物を狙うことが可能です。

ボートは大型ではあるものの、与那国島自体がそこまで大きくなく、ハンマーポイントの「西崎」をはじめ、ポイントが港から近いので、ボートは1ダイブごとに帰港するのが基本スタイル。大物狙いの緊張感と休憩時間のオンオフを切り替えることが出来るのは有難いですね。

ダイビングの難易度

ダイバーの比率

初心者10% 中級者30% 上級者60%

与那国島ではほぼ100%がドリフトダイビングになるため、スムーズな耳抜きはもちろんのこと、ヘッドファースト潜降中性浮力、流れの中でもしっかり泳げるフィンキックなどのスキルが求められます。

ハンマーヘッドなど大物を狙うダイビングでなければ、そこまでシビアさはありませんが、やはり潜降ロープが無いことには変わりありません。

各ショップでは初心者も歓迎していますが、ある程度はスキルを磨かなければ与那国島の海を満喫することは出来ないでしょう。

また、毎回ドリフトダイビングになることを考えると、シグナルフロートなど漂流対策のエマージェンシーグッズを持って潜ることをおすすめします。

代表的なダイビングポイント

遺跡ポイント

遺跡ポイント

遺跡ポイント

島の南側にある、海底遺跡という説も有力な神秘的なポイント。人工的にカットされたような岩やカメの形に見えるモニュメントがあり、見れば見るほど謎は深まるばかりです。ポイントのメインエリア周辺に魚は少ないのですが、それがむしろ、らしさを感じさせています。

遺跡と呼ぶことに賛否両論ある場所ですが、個人的には遺跡と言えるかは別として人の手が入っていることは確かだと思っています。いずれにせよ、与那国島に行くのなら一度は潜っておきたい場所でしょう。

なお、遺跡ポイントもハンマーヘッドシャークと同じく、冬に狙いやすくなる場所にあります。

見られる生物

ハンマーヘッドシャーク

ハンマーヘッドシャーク

与那国の海を彩る生物は、何と言ってもハンマーヘッドシャークを代表とする大物たちです。流れが出るところも多く、エサが豊富なので、イソマグロやバラクーダ、ギンガメアジなどはハンマーヘッド狙いのドリフトダイビングでもよく見られます。

また、他の海ではなかなか見られないレアな大物としては、バショウカジキが有名です。さらには、ジンベイザメやイルカ、クジラが見られることも。

珍しいマクロ系の魚では、上でも挙げましたがシコンハタタテハゼや、通称アオマスクと呼ばれるサンゴアマダイの一種(日本では極端に数が少ないので名前がありません)が見られます。

陸上の楽しみ方

ダイビングメインの旅行の場合、与那国島の陸上の一番良い楽しみ方は、のんびりすることではないでしょうか。

青い海や草を食む与那国馬を眺めながら、ダイビングの心地よい疲れを感じてぼーっとするのは最高に気持ちがいいものです。

もしまとまった陸上観光の時間が取れるなら、レンタカーを借りて、さらに与那国らしい景色を求めて走るのもいいかもしれません。日本最西端の碑がある西崎(いりざき)や、広い牧草地と与那国馬がいい雰囲気を出す東崎(あがりざき)は、ロケーション的にもおすすめです。

また、島内で撮影が行われていた『Dr.コトー診療所』のロケ地を巡るのも、ドラマ好きなら楽しいと思います。

おすすめのお土産

花酒どなん60度

沖縄の地方や島々には、それぞれ名産の泡盛がありますが、与那国島の泡盛といえば「どなん」です。

その昔、与那国島は切り立った崖の海岸線と潮の速さから上陸が難しく、「渡難(どなん)」と呼ばれることもありました。ここから名前を取られた泡盛です。

泡盛の蒸留過程で最初に出てくる、最も香り高く美味しいとされる部分が「花酒」と呼ばれ、昔は琉球王朝に献上され、王侯貴族だけが楽しめるお酒でした。

与那国島のお土産には、日本で一番アルコール度数の高いお酒、どなんの花酒60度がおすすめです。

与那国島の気温・水温・スーツの目安

 
気温の目安
水温の目安
スーツの目安
12-2月16-21℃21-24℃フルスーツ5mm+フードベスト
3・4月22-24℃24-25℃フルスーツ5mm
5-9月27-32℃26-30℃フルスーツ3or5mm
10・11月24-26℃25-27℃フルスーツ5mm

アクセス

与那国島へは那覇空港や石垣空港から飛行機を使うのが一般的です。

ただし、あえて時間をかけたい場合やリーズナブルな旅にしたい場合は、石垣島からフェリーを使うことも可能です。

 
経由地
与那国島
 
 
経由便⇒那覇空港⇒与那国空港
週4便(1時間30分)
石垣空港直行便⇒石垣空港⇒与那国空港
(1日1・2便/30分)
⇒石垣港から「フェリーよなくに」⇒久部良港
(週2便/4時間)

与那国島へのアクセスは、費用の面からも手配の手軽さの面からも、旅行会社を利用するパターンがおすすめです。

ダイバーにおすすめの旅行会社

初心者ダイバーの方に特にお勧めしたいのが、近年ダイビングツアーに積極的に取り組んでいるジェイトリップツアー。経験が少ないダイバーのツアーを得意としており、スタッフからも熱心さが伝わってきて好感度が◎です。

その他の会社も含め、詳しくはダイビングツアーに強い旅行会社のページで解説しています。

このページの先頭へ