ダイビング旅行ガイド-初めて潜るグアム

(Sponsored Links)

グアムはダイビング目的で行く場合も、普通の旅行の場合と同じように、海外慣れしていない人が安心して楽しめる渡航先です。

ここにご紹介するのは、初めての海外ダイビングにもぴったりのグアムについての情報です。

恋人岬

恋人岬

海の魅力

グアムの海の魅力を挙げるなら、まずはその透明度の良さでしょう。この辺りの海域の海の色はマリアナブルーと言われ、世界でも指折りのクリアな海として知られています。

また、グアムのすぐ西側には、世界で最も水深が深くなるマリアナ海溝があり、その深場からの湧昇流によって栄養分が流れ込んできます。イルカやクジラなどの鯨類がこの海域に多いのは、賢い彼らがここに豊富なエサがあることを知っているからでしょう。

実際、グアムでは人気の魚が多く見られます。リゾートエリアであるタモン湾の沖にはマンタが現れるポイントがあり、また有名ポイントのブルーホールではシコンハタタテハゼやアオマスクといった、日本ではなかなか見られない魚たちが確認されています。

そして、ダイビングのソフト面であるインストラクターのケアが行き届くのもグアムの強み。初心者にも優しいダイビング環境が出来ていて、Cカードを取得して間もないダイバーでも懐深く受け入れてくれる雰囲気があります。

 

スケジュールなど

基本的には午前中に2ダイブで、3ダイブを希望する人はランチ後に再出発。ランチを食べながらログ付けというショップもあります。

朝スタートがスタンダードですが、深夜にグアムに着く場合は、事前に相談すればその日の午後からダイビングをさせてもらえることもあります。

また、グアムのダイビングはボートエントリーが主流ですが、ビーチポイントも潜れるので、可能ならビーチエントリー用にブーツとストラップフィンを用意しておくといいでしょう。

ダイビングの難易度

ダイバーの比率

初心者60% 中級者30% 上級者10%

グアムはノンダイバーの観光客も多く、体験ダイビングやCカード講習も積極的に行われているため、ダイビングショップも初心者ダイバーのケアが得意なところばかり。

そんな気風に加えて、日本人スタッフもとても多いため、初心者ダイバーが潜りやすい環境が整っていると言えます。

ただし、潮の流れが速い所や水深が深めのところもありますので、全てをガイドさんに任せっきりになるのではなく、自己管理が出来るとより安全に楽しくダイビングが出来るでしょう。

代表的なダイビングスポット

ブルーホール

ブルーホール

ブルーホール

トップが水深18mくらいのリーフ上に縦穴が空いていて、中へと降りることが出来るホールのポイントです。ホールの中から見上げる入口はハートの形をしており、そこから入り込むブルーの光がとても幻想的で美しいため人気があります。

雑誌のグアム特集などにもよくハート形の穴の写真が使われるように、グアムを代表するダイビングポイントですね。

縦穴は水深37mくらいの場所で横穴になっており、ドロップオフの外へ出ることが可能。この横穴付近にシコンハタタテハゼなどの人気種が見られる他、ドロップオフの沖側ではイソマグロやバラクーダの群れが見られることもあります。

注意したいのが水深の深さ。普通に潜っても深いのですが、縦穴の最下層は水深80mにも達するため、ガイドから離れすぎない、ダイコンを必ず付けるなどして、知らず知らずのうちに深く潜ってしまうなんていうことが無いように。

見られる生物

レッドアンドブラックアネモネフィッシュ

レッドアンドブラックアネモネフィッシュ

グアムの海では、日本でも見られるチョウチョウウオやスズメダイたちも生息していますが、ミクロネシアの海ならではの魚に注目してみても面白いでしょう。

例えば、レッドアンドブラックアネモネフィッシュやオレンジフィンアネモネフィッシュなど(2種ともクマノミの仲間)がそうですね。普段見ない魚がいると、ダイビングでは特に新鮮な気持ちになります。

また、シコンハタタテハゼやアオマスクなど、日本では非常に数少ない魚が確認されている他、ロウニンアジやマンタなどの人気の大物に出会える可能性があります。

イルカやクジラのウォッチングツアーが開催されるように、鯨類が豊富なのもグアムの特徴です。

陸上の楽しみ方

陸上の観光スポットやアクティビティが充実しているは、グアムの大きな魅力です。

ハワイやサイパンなどもそうですが、ノンダイバーの家族などと一緒に来ても、ダイビングとそれ以外のレジャーをバランスよく楽しめると思います。

滞在の中心になるタモン近郊で行ってみたいのは、海が一望できる景勝地「恋人岬」や、ユニークなトンネル型アクアリウムのアンダーウォーターワールド(水族館)、グアムのローカルらしい雰囲気を味わえる「チャモロビレッジ」など。

特に、チャモロビレッジは水曜の夜にナイトマーケットが開かれるので、アフターダイブにおすすめです。

また可能なら、レンタカーを借りることをおすすめします。

グアムはダイビング以外のレジャーも楽しめるところですので、ホテルとダイビングショップの往復だけで日程が終わってしまうのももったいないでしょう。ノンダイバーが同行者でもレンタカーがあれば行動の幅が広がりますからね。

おすすめのお土産

スパム・ベーコン味

スパム・ベーコン味

SPAM

アメリカ圏を中心に一般的な食材となっているSPAMですが、グアムでは日本ではなかなかお目に掛かれない色々なフレーバーが手に入ります。

例えば、ホットスパイシー、ガーリック、ターキー、ベーコン、ペッパーなどなど。タモンのリゾートエリアからもほど近い場所にあるKマートでの購入が便利です。

そもそも日本では、沖縄など米軍ゆかりの地域以外での認知度は低いため、オリジナルのSPAMでもお土産としては充分な役割を果たすでしょう。

グアムの気温・水温・スーツの目安

 
気温の目安
水温の目安
スーツの目安
11-4月26-30℃26-29℃フルスーツ3mmor5mm
5-10月28-33℃28-31℃シーガル3mm・フルスーツ3mm

水温が高い時期には軽装で潜れますが、保護・保温の面でリスクがあることを理解した上で、自分のスキルに合ったスーツを選びましょう。

アクセス

日本からは、新千歳・仙台・新潟・成田・羽田・中部・関空・岡山・広島・福岡の各空港から、グアムへの直行便が飛んでいます。

所要時間3時間30分前後で結ばれています。路線、便数が多いため、とてもアクセスがしやすい海外ダイビングエリアだと言えますね。

なお予約に関してですが、グアムなどの場合は個人手配よりも旅行会社のツアーに申し込んだ方が、料金・手間ともに節約できることが多いです。

基本情報

 
 
 
 
 
国名アメリカ合衆国グアムはアメリカ合衆国の準州
言語チャモロ語・英語現地人は日本語が話せる人も多く、主要ホテルやダイビングショップには日本人がいる事がほとんど。
通貨USドル現地で両替可だが、レートが悪いことがほとんど。
ビザ・パスポート滞在が90日以内ならばビザは不要ESTAは必須では無い
時差日本より1時間先行例)日本:4/20 15:00
グアム:4/20 16:00
気候6-10月が雨期、11-5月が乾期ですが、気候の差はそれほどありません。
雨期はシトシトと降るよりかは一気にまとまって降る。
ホテル等であれば水道水を飲むことも出来るが硬度が高いので赤ちゃんなどは注意。
電源・電圧120V/60Hz
プラグは日本と同じ。日本製品も使えるが、念のため電圧許容範囲を確認すること。

【上手く&楽しく潜るためのページセレクション!】

「もっとダイビングを楽しみたい!上達したい!」というあなたにおすすめの記事を、閲覧数の多いものを中心に厳選しました。

このページの先頭へ