忘れずに持っていきたい!ダイビング旅行の持ち物をリストアップ

(Sponsored Links)

ダイビングツアーに出かける場合、普通の旅行と比べて持ち物が何かと多くなってしまいます。初心者ダイバーの方はもちろんのこと、たくさん潜っている人でも、うっかり忘れ物をしてしまうことはありますよね。

ここではダイビングツアーに持っていきたいアイテムをピックアップしてみたいと思います。

フリソデエビ

フリソデエビ

ダイビング関連

まずは、実際にダイビングをする際に使うものからピックアップします。

ダイビング器材

ダイビングをするのに器材が無ければ始まりません。もし忘れてしまってもショップでレンタルが出来ますが、自分の器材を持っている人にとっては勿体ない以外の何物でもありません。

  • レギュレーター
  • BCD
  • ウェットスーツ(ドライスーツ)
  • フィン
  • マスク
  • スノーケル
  • グローブ
  • ブーツ
  • ウェイトベルト
  • メッシュバッグ
  • ダイブコンピューター

特に上の5つ(赤太字)はどれか一つが無いだけでもかなりの痛手です。使用するフィンのタイプによってはブーツも必須ですね。

もちろん他の物もあれば安全快適にダイビングが可能になりますので、全てが揃っている状態がやはり理想です。(ウェイトベルトに関しては無料レンタルのショップも多いです。)

アクセサリー類

続いて、メインのアイテムではありませんが、中には重要度が高い物もあります。こちらもお忘れ物の無きよう注意!

  • 水着
  • サンダル
  • ウォータープルーフバッグ
  • セームタオル
  • 曇り止め
  • フードベスト
  • ボートコート
  • 水中ライト
  • シグナルフロート
  • カレントフック
  • 指示棒
  • クエスト
  • Cカード
  • ログブック
  • 図鑑

特に忘れてはならないのが水着です。男性はともかく、女性は水着が無いと潰しが利かないケースがほとんど。現地での購入が不可能な場合もあるので、スーツケースに予備を常に入れっぱなしにしておくのも良いでしょう。

フードベストやボートコートなどの防寒グッズは、特に女性にとっては大事です。また、水中ライトやシグナルフロートはエマージェンシーグッズですので、潜る海域によっては必須になります。

その他、最近は実質ノーチェックのショップもあるようですが、Cカードやログブックも忘れず持っていくべきです。同じくログ付けアイテムである図鑑ですが、なるべくかさばらないものがおすすめです。

カメラ関連

カメラは無くてもダイビングできるのですが、写真撮影が主目的になっているダイバーにとっては、カメラの関連アイテムが無いと死活問題に。

レンズやストロボなど、アクセサリー類が増えるほど、見落としは増えるため、要注意です。

  • デジカメ
  • ハウジング
  • レンズ
  • ストロボ
  • デジカメ充電器
  • 綿棒
  • シリコングリス
  • 予備(メディア・バッテリー・シリカゲル)
  • タブレットorノートPC

連日にわたって潜る場合は、綿棒などのカメラお手入れ用アイテムや、予備のメディア(大きなサイズで撮影をしている人は特に)などをお忘れなく。

また、タブレットやノートPCなど、大きなモニタで写真が見れるツールがあると、ログ付けの際に皆で盛り上がれますね。

お泊りグッズ

  • 洗面用具
  • お風呂用具
  • コンタクトレンズ
  • 眼鏡
  • 携帯電話充電器
  • 着替え

旅行の場合、お泊りグッズが必要なのは当然なのですが、ダイビングツアーは宿が簡素なケースも多いので、洗面用具やお風呂用具などのアメニティも希望に添うようなものは無いかもしれません。

また、現地での服装ですが、気候に合わせたものを持っていく必要があるので、事前の調査は必須。南の島へ行くことも多いダイビングツアーでは、夏はどの程度の期間続くのか、また冬はどれくらい寒くなるのか、という点を調べておきましょう。

全体的なコーディネートとしては、あくまでダイビングメインの旅行ということを考えて、あまりオシャレに走りすぎないようにすると、周囲の好感度が高いと思います。現地では、海辺を散歩できるような服装をイメージすると良いでしょう。露出の多い服装は痛い感じですが、ラフで気取らない、Tシャツに短パンとビーチサンダルのような恰好がおすすめです。

そして、これもダイビング特有ですが、普通の旅行よりはコンタクトレンズを紛失する可能性が高いので、必ず使い捨てのものを予備も含めて多めに用意しましょう。

旅行携行品

旅行をする時に必要な書類などです。

  • パスポート(旅券)
  • 旅行社バウチャー
  • 旅行保険証券
  • 免許証
  • 保険証
  • クレジットカード
  • 現金少々

パスポートやバウチャーは忘れてしまうと旅行自体に参加できないため、確実に準備したいところです。もしもの時に備えて、保険証や旅行保険証券(加入者のみ)も忘れずに。

また、海外旅行ではクレジットカードが活躍しますが、現金(現地通貨&日本円)をいくらか用意しておくと便利でしょう。沖縄の離島などでは、カード払いが出来ないダイビングショップもまだまだあります。

便利グッズ

特にダイビングの旅行であると便利なグッズを紹介します。これについては一つ一つコメントしていきます。

ハンガー

ダイビング器材だけでなく、水着やラッシュガード、セームタオルなど、干しておきたい物が多くなります。強めの針金ハンガーなど、かさばらないタイプの物を複数持っていくと便利です。

救急セット

ダイビングは自然の中で行うレジャーですので、ウニの棘がささったり、少々の切り傷はつきものです。ダイビングショップにも備え付けはありますが、絆創膏やガーゼ、ピンセットや毛抜きがあると良いかもしれません。

工具

簡単な物で良いので工具があると、突発的な器材トラブルに対応できることもあるかもしれません。しかし、自身で行うのはあくまで簡単な調整・修理にとどめて、怪しい雰囲気があればスタッフに頼るべきでしょう。

常備薬

救急セットと合わせて、傷薬や風邪薬、痛み止め、酔い止めなどの常備薬もあると便利。特に海外では食あたりや水あたりに注意です。

虫よけグッズ

南の島では蚊が年中フル稼働しています。蚊取り線香や虫よけスプレーがあった方が良いですね。

日焼け対策グッズ

日焼け対策は女性ダイバーには必須です。男性は焼きすぎてかなり酷い感じになる人もいるので注意。日焼け止めクリームはもちろんですが、サングラスや帽子もあると便利です。

暇つぶしグッズ

南の島では台風に当たると宿に缶詰め状態になってしまう事もあります。そんな時に役立つのが文庫本やipodなど。飛行機の待ち時間などにも活躍するので、必ず持っていくという人も多いかもしれないですね。

持ち物リスト

ダイビングツアーに必要な持ち物をリストアップすると以下のような感じに。

 
重要度
備考
レギュレーター
BCD
ウェット(ドライ)スーツ
フィン
マスク
スノーケル
グローブ
ブーツ
ウェイトベルト無料レンタルの場合もあり
メッシュバッグ
ダイブコンピューター手荷物で
水着
サンダル
ウォータープルーフバッグ
セームタオル
マスク曇り止め
フードベスト
ボートコート
水中ライト
シグナルフロート
カレントフック
指示棒
クエスト
Cカード
ログブック
図鑑
デジカメ手荷物で
ハウジング
レンズ
ストロボ
デジカメ充電器
綿棒
シリコングリス
バッテリー出来れば予備も
記録メディア出来れば予備も
シリカゲル出来れば予備も
タブレットorノートPC
洗面用具
お風呂用具
コンタクトレンズ使い捨てのものを多めに
眼鏡
着替え気候に合わせて
携帯電話充電器
パスポート(旅券)
旅行社バウチャー
旅行保険証券
免許証
保険証
クレジットカード
現金少々
ハンガー
救急セット
工具
常備薬
虫よけグッズ
日焼け止め
サングラス
帽子
文庫本
音楽プレーヤー

【上手く&楽しく潜るためのページセレクション!】

「もっとダイビングを楽しみたい!上達したい!」というあなたにおすすめの記事を、閲覧数の多いものを中心に厳選しました。

このページの先頭へ