ダイビングと季節-ベストシーズンはいつ?-

(Sponsored Links)

ダイビングと言うと夏のスポーツ、レジャーだと思われがちですが、ダイバーの間では一年中がダイビングシーズン。しかもコアなダイバーは冬のダイビングが好きだったり…。

そんなダイビングと季節の関係を紹介したいと思います。注意していただきたい点として、南の島よりも近場の海の方が1,2か月ほど水温の変化が遅れます。例えば、沖縄では8月頃に水温のピークを迎えますが、伊豆では9~10月頃にピークが来ることになります。

トウアカクマノミ

トウアカクマノミ

春(3月・4月・5月)

まずは春の傾向から見てみましょう。

3月頃だとまだ冬の名残りがありますが、4月や5月頃になると水温も上がり始めます。春は海の生物にとっても出会いの季節に当たるため、魚たちの求愛・産卵シーンなどを見る機会が増えてきて、ダイバーにとっては貴重なネイチャーシーンを目にするチャンスが多いです。種類によっては赤ちゃんが見られる生物も。沖縄や海外の南の島ではもちろんのこと、伊豆や和歌山といった近場の海でも、そこまで寒いという事はありません。

スーツの目安

  • 南の島:ウェットスーツ(5mm)
  • 近場の海:ウェットスーツ(5mm+フードベストor6.5mm)、ドライスーツ

人の流れ

年度末、年度始めということでダイビングに出かけるには何かと忙しい人が多いので、3月末から4月初めであればショップが貸切状態になることもあったりします。一方で、大学生の卒業旅行や春休みの家族旅行シーズンでもあるので、体験ダイビングなどは賑わいます。特に沖縄本島石垣宮古などのアクセスしやすい離島、またはグアムやサイパンといったリーズナブルな海外はノンダイバー層のゲストが多くなります。4月後半から、本格的にシーズンインするダイバーが増え、特にG.W.周辺は各ダイビングエリアが多くの人で賑わいます。

夏(6月・7月・8月)

続いて、ダイビング業界が最も盛り上がると言える夏場です。

初夏を迎えると海の中は魚たちの赤ちゃんでいっぱいになります。7,8月は日本全国穏やかな南風で海況が落ち着いてきて、ダイビング日和に。陽が高くなるので水中も明るくなります。特に沖縄など南の島ではベストシーズン到来で、スペシャルなスポットへ出かける機会も増えていきます。台風が来なければ最高ですね。一方で近場の海は一年の中では透明度が落ちる時期に入りますが、黒潮に乗って南の海の魚(季節来遊魚)がやってくる頃です。

スーツの目安

  • 南の島:ウェットスーツ(3mm)
  • 近場の海:ウェットスーツ(5mm)場合によって+フードベスト

人の流れ

6月は梅雨の時期になりますが、沖縄では晴れ間も多いため穴場の時期。常連のベテランダイバーなどが訪れる時期です。7月の夏休み以降になると国内海外問わずどこの海も賑わいます。体験ダイビングの参加者も増えるので、ダイバーもノンダイバーも多い時期になりますね。

秋(9月・10月・11月)

近場の海がより魅力的になるシーズンが秋です。

9月は南の島ではまだ暑く、近場の海でも10月頃までは水温が高いので、ダイビングには良い時期が続きます。とりわけ近場の海では透明度が上がり始め、伊豆などでは季節来遊魚も多いためベストシーズンと言われることも多いです。11月になると気温は下がり、沖縄あたりでもさすがに涼しくなりますが、全国的に水温はそれほど低くなりません。

スーツの目安

  • 南の島:ウェットスーツ(5mm+フードベスト)
  • 近場の海:ウェットスーツ(5mm)場合によって+フードベスト

人の流

9月は大学生や専門学生の夏休みが続くので、沖縄や海外を中心に大学のダイビングサークルのツアーや体験ダイビングの参加者が多くなります。10月頃からは徐々にダイバー・ノンダイバーとも減り始め、一方でコアなベテラン層がポツポツ潜りに出かけることが多いです。11月になるとダイビングショップもだいぶゆとりが出来るので、じっくりのんびり潜りたい人や、いつも以上に丁寧に講習をして欲しいという人におすすめです。

冬(12月・1月・2月)

一般的にダイビングのオフシーズンと言われる冬です。

さすがに全国各地寒くなってきます。沖縄も近場の海も、水温が気温を上回り潜った方が暖かく感じます。特に12月頃はまだ水温が下がりきっておらず、潜ったら意外と普通に感じることも。水中も陸上も暑く過ごしたい人は海外リゾートがおすすめ。

そんな水中ですが、水温が下がると現れるウミウシの仲間や、深場から上がってくる珍しい魚たちなど、夏では味わえない魅力で満載になります。また全国的に透明度は高い時期で、綺麗な水中世界を味わいたい人向き。

スーツの目安

  • 南の島:ウェットスーツ(5mm)
  • 近場の海:ウェットスーツ(5mm+フードベストor6.5mm)、ドライスーツ

人の流れ

世間からは冬はダイビングはやらないと思われていることも多く、Cカード講習や体験ダイビングなどのノンダイバー層はめっきり少ない時期です。ファンダイビング参加者も減りはするもののそこまでではなく、むしろ生物観察が大好きなマニアックダイバーはここぞとばかりに潜りに通う時期になります。

まとめ

潜りやすいのは初夏から秋にかけての時期ですが、海の魅力はそれぞれの季節にあるという、少しベタな結論になります。

そして、全体的なダイビング利用客の増減の傾向は下記の通りです。

  • ダイバー(ファンダイビング・講習)は夏に増え、冬に減るものの、通年変動は並。
  • ノンダイバー(体験ダイビング)は夏に大きく増え、冬に大きく減る。春休みにもやや増。
  • コアなベテランダイバーは通年変動は小さく、G.W.や夏のピーク時に減る。

【上手く&楽しく潜るためのページセレクション!】

「もっとダイビングを楽しみたい!上達したい!」というあなたにおすすめの記事を、閲覧数の多いものを中心に厳選しました。

このページの先頭へ