ダイビングを始める前に知っておきたい基礎知識

(Sponsored Links)

ダイビングを始める時は、ほとんどの人が右も左も分からない状態だと思います。

いきなりダイビングショップに飛び込んで行っても大丈夫ですが、出来ることなら予備知識があった方が余計な失敗をせずに済みますし、気持ち的にも楽になるでしょう。

既にダイバーになっていらっしゃる方は、初心者ダイバーがマスターしたい基本スキル&知識のページやもっと上達したい人のための実践スキル&知識のページもご参照ください。

ダイビングを取り巻く環境を知ろう

ダイビングというレジャー・スポーツを取り巻く環境を知ると、自分がこれから進む方向や、将来どんな風にダイビングライフを送りたいのかというビジョンがはっきりしてくるはずです。

ダイビングには、参加者の経験に応じて、体験ダイビング、Cカード講習、ファンダイビングといったコースが用意されています。ライセンスと呼ばれることが多い、「Cカード」と言うダイビングの認定証があるか無いかで、参加できるコースが変わってくるのです。

そして、Cカードの発行元であり、ダイビングのコース規準を定めるのがダイビング指導団体です。ただし、一般のダイバーが直接指導団体と関わるケースはあまり無く、通常はダイビングショップを通じてダイビングを楽しむことになります。

【超入門】5分で分かるダイビング

ダイビングにも種類が-体験ダイビング・Cカード講習・ファンダイビング-

ダイビングのCカード(ライセンス)って何?

ダイビングの指導団体って何?

ダイビングショップとは

ダイビングはお金がかかる?

ダイビングを始めるためのショップを探そう

私達がダイビングをするための環境が分かったら、どんなショップでダイビングを始めたいかというイメージも少しずつ出来てくるかもしれません。

ダイビングインストラクターやCカード講習には、ダイビングショップのカラーが強く出ます。良いダイビングショップでは、良いインストラクターが育ち、良い講習が開催されます。

正しい知識を得て、自分の理想に合った海、ショップを探しましょう。

ダイビング適性チェック18項目【Cカード(ライセンス)取得の前に】

未経験者のための【ダイビング始め方講座】

ダイビングショップの選び方

良いダイビングショップ・インストラクターの条件

良いCカード(ライセンス)講習とは

Cカード(ライセンス)講習はどこで受ける?-都市型・現地の比較-

Cカード講習について知ろう

ダイビングの講習は学科・限定水域・海洋実習の3つのパートから成り、それぞれのパートごとの目的を理解しながら講習を進めていくことで、知識やスキルを効率よく身に付けることが出来ます。

何事もそうですが、ただただやらされているだけよりも、主体的に目的意識をもって取り組んだ方が良い結果が生まれます。

また面倒かもしれませんが、費用に関してもしっかり調べておけば、安心&納得した状態で講習を受けることが出来ますよ。

Cカード(ライセンス)講習の内容①学科講習

Cカード(ライセンス)講習の内容②限定水域

Cカード(ライセンス)講習の内容③海洋実習

Cカード(ライセンス)講習にかかる費用

格安Cカード(ライセンス)講習を受ける時の5つの注意点

体験ダイビングをしてみよう

体験ダイビングはCカード不要のダイビングプログラム。各ダイビングショップで開催しています。

この体験ダイビングへの参加がきっかけで、本格的にダイバーになろうと決める人も多いですね。

これからCカード講習を受けるという人も、機会があれば体験ダイビングに参加してみるといいかもしれません。講習に向けてのアドバンテージになりますし、曖昧だったダイビングのイメージを明確にすることが出来ます。

体験ダイビング①参加者-動機・年齢・性別-

体験ダイビング②どんな場所で潜るの?

体験ダイビング③人数比-参加者は何人まで?-

体験ダイビング④料金-相場と含まれるもの-

体験ダイビング⑤内容-水深と潜水時間など-

体験ダイビングをするショップの選び方

体験ダイビングの予約・申し込みの方法

体験ダイビングに必要な持ち物

体験ダイビングの不安解消!18の疑問に答えます!

初めての体験でもすぐに感じることが出来るダイビングの魅力

初めてのダイビングの前にやっておきたい予習-呼吸と耳抜き-

初めてのダイビングで不安や緊張があっても大丈夫!

ダイビングで危険な生き物とは-サメ?ウミヘビ?それとも…-

ダイビングに関する疑問を解消しよう

ダイビングを始めようと決意するまで、また決意した後も、きっといろいろな疑問や心配事が出てくるでしょう。

事前に自分で調べられることは調べ、インストラクターに聞きたいことがあれば遠慮なく聞いてみましょう。

出来るだけ不安やストレスの無い状態でダイビングを始められるといいですね。

ダイビングと年齢制限-上限と下限-

ダイビング可能な健康状態・病歴

ダイビングって安全なの?

ダイビングは一人でも始められる?続けられる?

ダイビングは泳げない人でも出来る?

ダイビングは体力が無くても出来る?

気になるダイビングの客層-年齢や性別はどんな感じ?

ダイビングに向いていないのはどんな人?

ぶっちゃけ子供は何歳からダイビング出来るのか?

このページの先頭へ