初心者ダイバーのための水中写真講座⑤マクロ撮影

(Sponsored Links)

水中写真の一つのジャンルとして、ファンも多いマクロ撮影。コツを押さえれば、芸術性の高い写真を撮ることが出来ます。

ここでは、ダイビングと水中写真の初心者がデジカメ(コンデジ)を使う場合のマクロ撮影について解説します。

ハタタテシノビハゼとコシジロテッポウエビ

ハタタテシノビハゼとコシジロテッポウエビ

クローズアップレンズ

マクロ撮影は接写撮影のことで、小さな生物にぐぐっと寄って、画面を存分に使ってキレイに撮る手法です。

小さな生物を遠くから拡大して撮るものと勘違いされがちなのですが、水中では被写体との距離を詰めなければ、色鮮やかで透明感のある写真は撮れません。

しかし、普通のレンズでは、生物にある程度接近するとピントが合わなくなってしまいます。小さな生物を更にアップで撮りたい場合に必要になるのが、接写用のクローズアップレンズです。

クローズアップレンズが無くてもマクロ撮影は行えますが、よりレベルの高い作品を撮りたいのなら購入をおすすめします。いくら練習を積んでもレンズの違いは乗り越えられないもので、道具が物を言うのも水中写真の一面だったりします。

マクロ撮影の魅力

マクロ撮影の魅力は、何と言ってもアーティスティックな部分にあります。普段のダイビングで良く見かける生物を接写することで、予想外に美しい色や模様を引き出して、アートに変えてしまいます。

また、撮影する写真の質が、海のロケーションに左右されにくいのも魅力の一つです。ワイド撮影の場合はある程度の透明度があった方が楽しめる範囲が広がるのですが、マクロ撮影はその接写という性質上、透明度に左右されず、ほとんどの海で一定以上のクオリティーの作品を生み出します。

マクロ撮影のコツや手法

マクロ撮影のポイントや具体的な手法は以下の通りです。

ピントを合わせる

マクロ撮影で良い写真を撮るための第一のポイントが、ピント合わせです。初心者ダイバーのための水中写真講座②ピントでも解説していますが、マクロ撮影のように被写体との距離が近づくほど、ピントが合いづらくなるのです。

そのために重要なのは、いかに姿勢を安定させて、手ブレを防ぎ、ピントに集中出来るかということです。

着底するか固定できる足場を確保し、左手で岩などをつかむことで、バランスが崩れないようにして撮影に挑みましょう。両手でカメラを持ち両肘を岩などに固定する方法もオススメです。

アプローチ

マクロ撮影をしようとしても、まず生物に近づくことが出来なければ始まりません。良い写真を撮るためにはアプローチが基本ということです。

生物を驚かせないように、小さな動きでゆっくりと、呼吸音にも気を使いながら進みます。「1分間で1m進む」と言われることもありますが、それくらいの慎重さが必要です。警戒心の強い魚を狙う時には、ハンティングだと思いましょう。

もし、なかなかアプローチが上手くいかない場合は、ウミウシやカエルアンコウなど、まずは動きのゆっくりな生物をターゲットにするのもいいと思います。

魚の表情を撮る

マクロ撮影のジャンルで良い作品というのは、魚の表情が面白いものが多いです。

「魚に表情なんてあるの?」と思われる方もいるでしょうが、魚だって眼も口も動きます。また、びっくりした時や怖い時には、明らかにそれと分かるような動きを見せます。

正直なところ、魚に理性や豊かな感情があるかは疑問ですが、魚たちは体の動きや反応も含めて、表情を作っていると解釈した方が、ダイビングや水中写真は面白くなると思います。

魚たちの声が聞こえるような、表情のある一瞬をマクロ撮影で切り取りましょう。

ネイチャーシーンを捉える

ネオンテンジクダイの口内保育

ネオンテンジクダイの口内保育

魚の細かい生態まで写し込めるのがマクロ撮影です。接近しなければ、そして瞬間を捉えなければ分からないネイチャーシーンもあります。そこに着目することで、臨場感のある写真を狙いましょう。

上の写真はネオンテンジクダイ。よく見ると、口の中に卵を頬張っています。ネオンテンジクダイは体長3cm程度の小さな魚で、卵が孵化するまで口内で保護する習性があるのです。

体の小さな彼らが、さらに小さな命を守っているところを押さえられるのはマクロ撮影です。

魚の特徴を撮る

ニチリンダテハゼ

ニチリンダテハゼ

小さな生物を大きく撮ることが出来るマクロ撮影では、ユニークな模様や形といった生物の特徴を押さえる事が可能です。

例えば、上の写真はニチリンダテハゼ。大きな丸い背びれが特徴的で、「日輪」の名の由来にもなっています。

このようにキャラクターのある魚を撮る時には、その特徴が分かるように撮らなければ意味がありませんよね。

【上手く&楽しく潜るためのページセレクション!】

「もっとダイビングを楽しみたい!上達したい!」というあなたにおすすめの記事を、閲覧数の多いものを中心に厳選しました。

このページの先頭へ