エアー(空気)消費を抑える方法

(Sponsored Links)

エアー消費量に関しては、耳抜きや中性浮力に次いで多いダイバーのお悩みかもしれません。

ただやはり、エアー消費についても解決できない問題では無く、正しいスキルを身に付けることでかなり改善が可能です。

いくつかある解決法は多くがリンクしていて、一つが出来るようになると他の部分も良くなり、とんとん拍子でエアー消費を抑えられるようになっていくことも少なくありません。

ここでは、エアー消費を抑えるために実践していただきたい事を紹介しています。

クレナイニセスズメ

クレナイニセスズメ

リラックスすること

エアー消費を抑えるために、まず一番に考える必要があるのが「自分がリラックスしてダイビング出来ているのか?」ということ。

焦ったり、不安を覚えたりすると、これから下に挙げるような、落ち着いた呼吸やソツのない身のこなしといった、エアー消費を抑えるための条件がことごとくクリア出来なくなるのです。

エアーを節約したいのであれば、まずはダイビング自体への不安感をなくし、リラックスした状態で潜れるようになることが重要です。そもそもダイビングはメンタルスポーツの側面があり、メンタルを整える事は、エアーの管理はもちろんダイビングのすべての場面において最重要事項なのです。

正しい呼吸法を身に付ける

エアーの消費量を根本的に改善できるスキルが正しい呼吸法です。と言っても、何か特別な呼吸法があるわけでは無く、普通にCカード講習で説明されるような呼吸法が本当に身に付いていれば、エアーはそこまで早くは減っていきません。

もう一度おさらいすると、わざとらしくない程度に大きくゆっくりした呼吸で、特に息を吐き切ることを意識しましょう。

「呼吸は出来ているつもりなんだけどエアーが早い」という人は、肺を効率よく使えていないことが多いです。肺の上っ面だけで呼吸をしていて、肺の奥の方まで空気が行きわたっていないというケースです。

腹式呼吸のように、横隔膜を下げて肺を拡げるというようなイメージで息を吸いましょう。そして、息を吐く時は横隔膜を押し上げて、肺から出来る限り空気を出します。

正しい呼吸が出来ていれば、一度の呼吸でより多くの酸素が体内に取り込まれ、より多くの二酸化炭素が体外へ排出されます。浅い呼吸で同じだけの換気をしようとすると、何度も何度も呼吸をしなくてはなりません。

私達が呼吸をするたびに、肺までは届かず(肺では使われず)体外に出ていく空気があり、これは一回の呼吸量の1/6程度で、なかなかバカにならない量です。

つまり、呼吸の回数が増えるほど、無駄に捨てるだけの空気が増えていくという事です。浅く速い呼吸よりも、深くゆっくりした呼吸がエアーの節約になる、というのがお分かりいただけるでしょうか。

呼吸とは習慣のようなものなので、それなりのダイビング経験がある人でも実は呼吸法をちゃんとマスター出来ていないというケースがあります。エアーが早いことを半分諦めてダイビングを続けている人でも、まだまだ改善の余地はあります。

無駄な動きを減らす

ダイビング中に動きが多いとそれだけ空気は早くなくなっていきます。

何もアグレッシブなダイビングだけでなく、のんびりまったりのダイビングでも無駄な動きというのはたくさん生まれます。バランスを崩す度に少しずつ息が上がりますし、上手に泳ぎだす事、止まる事が出来ないうちは、それだけでも他のダイバーよりも無駄なアクションが多くなり、やはりエアー消費につながります。

水中でのバランスや身のこなしを落ち着いたものにする事、つまり水中であたふたしない事が重要です。

サイズが自分に合ったBCDを使って、タンク位置が左右にずれないよう工夫したり、安定感に優れる腹ばいの姿勢をなるべくキープするのがポイントです。あとは陸上でのバランスと同じで、体幹を鍛えることも有効ですね。

中性浮力スキルを磨く

無駄な動きを減らすことにも関連していますが、中性浮力がとれていないダイバーは水中で無駄な浮き沈みが多くなり、それだけ運動量が増えます。つまりは呼吸回数も増えてしまうという事ですね。

そしてBCDへの給気を忘れてしまい、立ち泳ぎ気味に上体が起きていると、水中を進む際に当然水の抵抗が大きくなり、余分なキックと余分な呼吸を生みます。

また中性浮力の基礎である適正ウェイトに関する知識があいまいだと、オーバーウェイトでダイビングをしているケースも多く、BCD操作の頻度がやたらと高くなるため、その分だけタンク内の空気がBCD用に使われてしまいます。

BCDへの給気量は、浅場では大した量ではありませんが、深場になると明らかにもったいないレベルです。

具体的に説明をすると長くなりすぎるので、中性浮力のスキルに関してはこちらの記事を参考にして下さい。

気にし過ぎない

逆説的にはなりますが、エアーを気にし過ぎることは、メンタルに良い影響を与えません。常にエアーを気にしてストレスを抱えながら潜ることで、逆にエアーが早くなってしまっては元も子もありませんね。

気を付けるところは気を付けて、あとは楽な気持ちでダイビングをしましょう。エアーは吸わなきゃもったいない、というくらいの気持ちでいたら良いでしょう。

他のダイバーが残圧80でエキジットするダイビングで、自分は残圧50、という程度であればダイビング上は特に支障はありません。もしご自身が気になるようならば、12リットルタンクを用意できるダイビングショップや、少人数制でゲストに応じて細かく対応してくれるショップを利用しましょう。

予定潜水時間の半分くらいまでしかエアーが持たないとか、そういったレベルなら明らかな原因があるはずですので、むしろ改善が可能だと思います。

また体型とエアー消費についても無関係ではありませんが、大柄と言っても常識の範囲内の人ならば、これまでにあげた事を実践することで、安全に支障が出ないレベルでは潜れると思います。

【上手く&楽しく潜るためのページセレクション!】

「もっとダイビングを楽しみたい!上達したい!」というあなたにおすすめの記事を、閲覧数の多いものを中心に厳選しました。

このページの先頭へ