ガイドと一緒に潜りながらナビゲーションを鍛える

(Sponsored Links)

ナビゲーションスキルをアップさせるのに有効な方法が、ガイドと一緒に潜りながら自分なりのナビをすることです。

ここで紹介するのは、ガイドの後ろについて、そのコースプランを体験しながらナビゲーションの知識を深めていくという、初心者でも簡単にできる練習法です。

実用的なナビゲーションスキルは、プロの実際のコース取りから学ぶのが一番。ただそれには講習で教わるナビゲーションの基礎知識がしっかり身になっていることが前提条件です。

アカマツカサの群れ

アカマツカサの群れ

ダイビングポイントを選ぶ

まずはナビゲーションスキルを身に付けるための海、ダイビングポイントを選びましょう。

ダイビングショップに通って、たくさんダイビングをするだけでは普通のファンダイバーと同じです。出来るだけ同じショップで、同じポイントを潜り倒すのがナビゲーション上達の近道です。

なるべく期間を空けず、コンスタントに潜る事が大事ですので、出来れば自宅からアクセスしやすい海がいいでしょう。自分のホームグラウンドと呼べるような海、ダイビングポイントを決めて、そこを集中的に潜ることで効率よくナビゲーションを習得することが出来ます。じっくり潜れることを重視したいので、ビーチポイントをナビゲーションの舞台にすることが望ましいです。ボートダイビングの場合、ポイントの選択幅が広いことが逆にデメリットで、潜りこみが甘くなるケースが多いです。またビーチポイントに比べ、ダイビングをカスタマイズしにくい(水深・時間・コースなど)のもナビゲーション練習には難点ですね。

また、ナビゲーションについて細かいことを相談しやすいガイドさんがいることも大事ですね。「ファンダイビングを申し込んでいるんだから、ちゃんとファンダイビングをして下さい!」という、やるべきことを忠実に遂行するタイプのガイドは、この場合適任ではありません。

事前の情報収集

潜りこむダイビングポイントが決まったら、とにかく情報を収集しましょう。ガイドと一緒に潜る場合でも、おおまかな水中の地形や水深の変化、メインの根の大体の場所といった、ポイントの情報が事前にあるのと無いのとでは、水中での安心感や面白さはもちろん、ナビ感覚の身に付き方も大きく変わってきます。

具体的には、ショップに水中地図があれば目を通したり、その日の潮汐をチェックしておきます。ダイビング前にガイドと話す機会があるなら、ポイントの地形や見られる魚の他に、波の立ちやすい場所や流れの向きや速さといった、さらに細かいところまで聞いてみるといいでしょう。実際のブリーフィングももちろんしっかり聞きますが、そこではどうしても対話になりにくいので、ダイビング後でもいいので暇を見て話を聞きたいものです。

コンパスのセット

海に入る前に、コンパスナビゲーションで大まかに進む方向を知っておくと、水中での自分の位置や岸の方向をつかみやすくなります。コンパスを持って、これから進むであろう真沖の方向を向き、磁針の先(北側)がインデックスマークに入るように回転ベゼルを回します。これでコンパスに沖側方向が記憶されたことになり、インデックスマークに磁針の先を入れれば、いつでも沖の方を向けるという事になります。

コンパスを使ってナビゲーションの基準となるラインを手に入れたことで、ガイドの後について移動しつつも、今自分がどこに向かっているのか、岸はどっちなのかという事が何となくつかめるようになります。これがナビゲーション上達の第一歩です。

ナビゲーション要素のピックアップ

実際のダイビング中は、自分で水中地図を描くつもりで、地図の材料になりそうな要素をピックアップしていきます。ガイドの後につき、エントリー地点からどれくらい進むと海底が岩場から砂地に変わるのか、そこはどれくらいの水深なのか、砂地を進む時に目印になりそうな特徴のある根はあるか、というようなことを、出来ればメモを取りながら泳ぎましょう。当然一回のダイビングでは、必要なナビゲーション要素は到底集まりませんので、何度も同じポイントをリクエストすることになります。次のダイビングでは一回目に回りきれなかったところを潜ってもらうか、もしくはあえて一回目と同じコースを取ってもらうのもいいかもしれません。

慣れないポイントをいきなりバディダイビングで潜った場合には、ナビ要素が効率よくピックアップできません。コンパスで往復ナビをして無事帰って来るだけで精一杯でしょう。ガイドも当然水中のナビ要素を頼りにコースを練っているわけで、その完成されたコース取りの中から情報を拾うからこそ、ナビゲーションスキルの上達につながっていくのです。

ガイドが一緒なら迷ってしまうようなリスクはほぼありませんし、ファンダイビングのついでというスタンスでナビゲーションスキルを鍛えることも出来ます。同じポイントを潜りこんで自信が付いてきたら、改めて自分でナビゲーションにチャレンジしてみましょう。

【上手く&楽しく潜るためのページセレクション!】

「もっとダイビングを楽しみたい!上達したい!」というあなたにおすすめの記事を、閲覧数の多いものを中心に厳選しました。

このページの先頭へ