初心者のためのトラブル対応-水面でパニックを起こした-

(Sponsored Links)

ダイビング中のちょっとしたパニックは、誰にでも起きる可能性はあります。

初心者ダイバーなら特にそうでしょうし、ベテランダイバーでも言い得ぬ不安から呼吸が速くなったりすることはあると思います。

意外と言うか、やっぱりと言うか、多いのが水面でのパニック。エントリー直後や水面移動中に、ちょっとしたことからパニックが始まることがあります。

ここでは、水面でのパニックの対処法や予防法について解説していきます。

ニチリンダテハゼ

ニチリンダテハゼ

考えられる原因

水面でのパニックにつながるケースが多いのは、ボートからのエントリー時にマスクやレギュレーターが外れてしまった場合です。

また、水面移動中に息が上がってきて、苦しさがパニックを引き起こすこともあります。

他にも、単純にダイビングに対して不安がある場合には、何も無くても潜降前に不安が募り、ちょっと高い波が来ただけでパニックになってしまうケースも考えられるでしょう。

水面パニックの原因

  • トラブルからの発展
  • 不安な気持ち

対処法

水面パニックの対処法はいたって簡単。BCDに給気をすることです。

しかし、実際の現場を見ていると、この給気に到るまでの発想が意外に難しいようで、とりあえず立ち泳ぎでその場を凌ごうとするダイバーが多いです。

立ち泳ぎでは状況は安定せず、軽いパニックだったつもりが、自制心の効かない本気パニックに発展するケースもあるので注意が必要です。

まずは冷静になってBCDに給気をしたいところです。不安を感じたら反射的にBCDのパワーインフレーターを探すクセを付けておいてもいいでしょう。

BCDに空気が入っていても、ちょっと水がマスクに入った等で軽いパニックになる人はいます。この場合は落ち着きさえすれば特に大きな問題はありません。仰向けになってもいいので、力を抜いてゆっくり呼吸をしましょう。

なお、本気のパニックになると、本人ではどうしようも出来ないので、ガイドに助けてもらうのが一番。パニックダイバー相手に自分の安全を確保する自信が無ければ、バディでも下手に助けられません。

水面パニックの対処法

  • BCDに給気をする
  • 仰向けに浮いてリラックスする

予防法

予防法としては、まず水面では確実にBCDに空気が入っている状態にしておくということです。給気が充分であれば、もしもトラブルが起きてもパニックにまで到らない事が多いです。

ただし、エントリー時や水面移動中などはBCDが空気でいっぱいだと動きづらくなるので、給気量を少なめにしていることもあるかもしれません。

この場合は、ウェイトを適正量に調整して、無駄に体が沈まないようにしておくことも大事です。ウェイト量が軽いだけで、ちょっとしたトラブル時の落ち着き具合がだいぶ変わってくるはずです。

また上でも挙げましたが、とっさの時にBCDのインフレーターを探し給気出来るように意識しておくことも水面パニックの予防になります。

そして、エア消費の心配がなければ、スノーケルではなく始めからレギュレーターをくわえて水面移動をする方が、トラブルのリスクを減らすことが出来ます。

他には、根本的な部分ですが、スキルアップをはかり自信をつけてパニックの可能性を削るということも大切です。

水面パニックの予防法

  • 可能なら水面では常にBCDに給気しておく
  • 適正ウェイトで潜る
  • レギュレーターをくわえて水面移動

【上手く&楽しく潜るためのページセレクション!】

「もっとダイビングを楽しみたい!上達したい!」というあなたにおすすめの記事を、閲覧数の多いものを中心に厳選しました。

このページの先頭へ