ダイビングスキル上達法-呼吸-

(Sponsored Links)

呼吸に関してはダイビングの基本中の基本なので、スキルなの?と思う方もいらっしゃるかと思います。

でも、侮ってはいけません。呼吸を制する者はダイビングを制するのです。

呼吸は肺に空気を送り込むだけにあらず。メンタル面をリラックスさせ浮力を調整するのにも役立ちます。

イシガキカエルウオ

イシガキカエルウオ

大きくゆっくり

「大きくゆっくりと呼吸をして下さい」とは、講習や体験ダイビングで呼吸の原則として言われることですね。水中では呼吸に若干の抵抗がかかります。気にならない人は気にならないレベルですが、水深が深くなるにつれて空気の密度が大きくなるため、呼吸抵抗は大きくなる、つまり空気を吸い込みにくくなるのは確かです。

浅く速いテンポで呼吸をしていると、肺の中の換気効率が悪くなって、新しい空気が少しずつしか入りません。やがてだんだんと苦しく感じるようになります。

ダイビングに慣れないうちは、少し意識して大きな呼吸をしてみましょう。ただ、やり過ぎには気を付けて下さい。不自然なくらいゆっくり大きく深呼吸をしていると、逆に苦しく感じます。

合唱経験のある人などはイメージしやすいと思うのですが、深い呼吸をするには腹式呼吸がベストです。簡単に言えば肺だけでなく横隔膜も使うことを意識した呼吸で、お腹を膨らませるようなイメージで息を吸うと、いつも以上に深いゆっくりした呼吸が出来ます。水中でこの腹式呼吸を取り入れると、苦しさはかなり解消されると思います。

また口呼吸に違和感がある方は、ラーメンやソバなどの麺類をすするイメージで息を吸うと、やさしく長めの口呼吸が出来ます。また息を吐くときはラーメンを息でフーフー冷ます感覚です。

しっかり吐く

海の中では、緊張のせいで吸ってばかりの呼吸になってしまうことがあります。何となく吸うことを急いでしまう気持ちも分かりますが、焦らずまずはしっかりと吐きましょう。

沢山吸って少しだけ吐くという呼吸を繰り返していると、肺の中は空気でいっぱいになってきます。空気でパンパンに膨らんだ肺には新しい空気は入りませんので、吸いたくても吸えない苦しい状態になってしまうんですね。

コツとしてはため息をつくような感じで、肩の力を抜きながら吐くと、肺の中の空気はきれいに外へ出ていきます。これに、先程も挙げた腹式呼吸のポイントを加味してみましょう。お腹がへこむくらい吐きだそうとすると、横隔膜が上がってより肺が圧縮されるので、最後の最後まで空気を絞り出せます。実際のダイビングでは、そこまで徹底的に吐くとやり過ぎですが、吐き切るイメージを持つことは大切です。

浮力の微調整

肺は中に空気を入れることが出来るので、水中では浮き袋のような役目も果たします。

肺に空気が入っているときは、浮力が大きくなって体は浮き気味になります。逆に肺から空気が出ていくと浮力は失われて体は沈み気味になります。

これは呼吸のトリミングという事が多いのですが、呼吸で微妙な浮力を調整する、特に水深5mくらいまでの浅場で重要なスキルです。

呼吸は絶対に止めない

水中での呼吸で気を付けて欲しいのが、息ごらえを絶対にしないという事です。厳密に言えば、息を止めるだけであれば苦しくなるくらいで済みます。しかし、息を止めたまま浮上してしまうと、肺の中に入っている空気は水面に近づくにつれて膨張し、肺に内側から負担をかけてしまいます。

これは肺の過膨張障害の原因になり、重大な症状を引き起こし命に関わりますので、ダイビングで最も気を付けるべき注意点です。

昔、「レギュレーターが外れても、息を止めて浮上すれば大丈夫!」と言っている初心者ダイバーの方を見かけ、訂正したことがありますが、恐ろしい間違いです!万が一レギュレーターが口から外れても、まずは落ち着いてレギュレーターリカバリーをしましょう。

【上手く&楽しく潜るためのページセレクション!】

「もっとダイビングを楽しみたい!上達したい!」というあなたにおすすめの記事を、閲覧数の多いものを中心に厳選しました。

このページの先頭へ