水中で流れにつかまった時の対処

(Sponsored Links)

波やうねり、流れの無い状況でリラックスして楽しむのが、ダイビングの最も一般的なスタイルです。

しかし、不確定要素のある自然の中でのレジャーなので、不意に強い流れに遭遇してしまうなんてことがあるかもしれません。

ここでは、もし水中で流れにつかまってしまった場合の対処法について解説します。

インドオキアジ

インドオキアジ

流れる状況を避けて潜るのが基本

流れのある状況に対処しながら潜るよりも、まずは流れを避けるスタンスでダイビングに臨むことが大切です。

基本的な事は潮の干満と流れのページでも書いていますが、流れが速くなるのは一般的には大潮の満潮時と干潮時の真ん中あたりの時間帯です。

流れが速くなる場所でのダイビングでは、満潮と干潮の時間から流れの速さを読んで、流速が緩やかな時間を選んで潜ります。もっとも、潮周りとほぼ関係なく、いつも流れの影響のない場所がダイビングポイントになっていることも多いです。

流れのある状態で潜るドリフトダイビングにしても、ガイドが流れが強くなる場所や流れの向きを熟知していますし、流れが速すぎる場合にはダイビング自体行いません。

ただし、海は人間の力が及ばないほど大きいため、想定外の状況にもなり得ます。そこで、各ダイバーのスキル不足が重なると、苦しい展開になってきます。

潮流以外に注意する流れ

潮の干満によって起こる潮流は、潮汐表のデータを見ればある程度予測をすることが出来ます。

一方で地形との関係によって起きる流れもあり、こちらはその海域に詳しくないと対応出来ません。

リップカレント

島を囲むサンゴ礁の切れ目などに発生する局所的な流れで、陸地側へ打ち寄せるうねりや波が、沖側に戻る際にその切れ目に集中してしまい、強い離岸流となります。

これをリップカレントと言いますが、発生場所が限られており、ガイドについて潜っていればリスクは小さいです。

ロングショアカレント

距離の長い砂浜などで発生する、岸に沿う方向の流れです。沖側から岸に向かって斜めにうねりが入っている場合、岸の手前で行き場の無くなったうねりが、岸に沿って横に流れるため発生します。

うねりや風が強いほど発生しやすく、またそのような時は海のコンディション自体も良くないはずです。

ダウンカレント

水深の深い方へ向かう流れで、対応が難しいため、特に警戒しなければならない流れです。

ドリフトダイビングのポイントのように、元々の流れが速い場所で発生する傾向があります。特に、急に水深が深くなる場所で、流れが沈みこむようになることがあるのです。

アップカレント

ダウンカレントとは逆で、浅い方向への流れです。切り立った根の先端などで、吹き上がるような流れになります。

やはり元々流れる場所で発生し、単純に浮かぶ流れというよりは、激しく潮が巻いていることがあり、複雑な流れになっています。流速が速いため油断は禁物です。

対処法

流れの特性を知り、自分をコントロールできないような流れは避けるべきですが、万が一流れにつかまってしまった場合は次のように対処します。

流れを横切る

強い流れに向かうのは無謀です。まずは着底し、流れの本流から外れるために、流れを横切って進みましょう。

強い流れの場合、自分では流れに対して直角方向へ進んでいるつもりでも、潮の下流に向かっている事があるので注意です。

ある程度根の内側に入ったり、浅場に来れば流れが弱まることも多くなります。またリップカレントのような局所的な流れの場合は、その場を離れて迂回するのが一番です。

道具を使う

流れに対応するには、水底の岩をつかんで進むことが最適の作戦です。ただし激しい流れの中ではグローブが無いと厳しいでしょう。また、砂地ではナイフや指示棒を砂に刺して進むとかなり効率が良くなります。

そして流れのあるところで潜る場合には、フィンもワープフィン(GULL)のように泳力重視の物にしておくことをおすすめします。

流れの強い海域でのダイビングをするには、それなりの道具の準備が不可欠です。

流れを避けられる場所に入る

根に沿って潜っている場合には、何かしら流れを避けることの出来る構造物があるはずです。

大きな岩の陰や、ちょっとした窪みに入って、ひとまずは落ち着きましょう。最悪の事態であるダウンカレントでも、ドロップオフの壁面につかまることが出来れば、浮上は可能です。

パニックになってしまうと、エアはどんどん減っていき、今後の行動が制限されてしまいます。気持ちを落ち着けることで最善の選択肢が見えてくることは多いです。

浮上

他に手段が無い場合の方法です。浮上しても流れがある場合が多く、水面を泳ぐのは得策ではないからです。

それでも浮上しなければならないのは、海底が遥か下に見える中層を流している場合や、残圧が少ない場合です。まずは助かる可能性を残す選択として浮上をしましょう。

浮上後はシグナルフロートやホイッスルなどのエマージェンシーグッズを使って、ボートがピックアップしに来てくれるのを待ちます。

【上手く&楽しく潜るためのページセレクション!】

「もっとダイビングを楽しみたい!上達したい!」というあなたにおすすめの記事を、閲覧数の多いものを中心に厳選しました。

このページの先頭へ