BCDの上手な使い方-給排気と水中でのバランス-

(Sponsored Links)

BCDはマスクやフィンとは違って、ダイビングを本格的に始めるまで、使い方がイメージしにくい器材です。 慣れてくれば感覚的に使うことが出来ますが、はじめのうちは「何でこういう操作をするんだろう?」という部分をしっかり考えながら使っていくと上達が速くなります。 ここでは、BCDを上手に使うために意識して欲しい、考えて欲しいというポイントを挙げてみました。

アオバスズメダイ

アオバスズメダイ

BCD=中性浮力を取る道具では無い

BCD=中性浮力という考えにとらわれ過ぎているダイバーが多い気がします。確かにBCDの主な役目は浮力コントロールなのですが、中性浮力をキープするにはBCDの操作だけでは不十分。

BCDをいじる前に、まずは呼吸のトリミングで浮力を調整するのが中性浮力の基本です。例えば、ちょっと体が浮きそうな時、息を大きく長めに吐いてやれば体勢を立て直すことが出来ますし、BCD操作のように体を起こしたりホースを探したりという手間がありません。さらには、実際に海へ潜る前に、スーツの浮力やタンクの材質などから適正ウェイトをきっちりセッティングしておくことも、中性浮力にはとっても大事なのです。

中性浮力はBCD操作だけにあらず。思考パターンにはまってしまうことで、必要以上にBCD操作に振り回されることにもなりかねないのです。

給排気は少しずつ、正しいタイミングで。

BCDのパワーインフレーターのボタン操作は、少しずつが基本です。自分の浮き沈みを感じながら、それを補うようなイメージで少しずつ給排気を行いましょう。

少し水深が深くなって、自分の体が沈みがちな気がしたら、1回ポンとボタンを押すような気持ちで給気です。大事なのが、水深が深くなったからと言って機械的に給気するのではなく、マイナス浮力を感じて給気するということ。ただただ給気をしていると、必要のない空気がBCDの中に入りがちです。 ただし、いつでも少しずつというわけでは無く、タイミングが遅れれば、その分一気に給排気することが必要です。

しかし、ここにも問題があって、例えば潜降中にBCDへの給気を忘れてて、気付いてから一度にたくさん給気をしようと思っても、一体どこまで給気したら良いのかわかりませんよね。空気を入れ過ぎて急浮上なんていう危険も出てきます。

BCDへの給排気は少しずつ、なおかつ適正のタイミングで行っていきましょう。そうすれば、自分の浮力を感じ取りやすく、入れ過ぎ入れなさ過ぎが起こりにくくなると思います。

空気の位置を意識しよう

初心者ダイバーの方を見ていると、BCDの排気のタイミングは合っていても、実際には上手く排気しきれず浮いてしまうということがよくあります。それは、BCD内の空気の位置をつかめていないことが原因なのです。

講習でも教わると思うのですが、BCDの排気時には、インフレーターホースを上に伸ばすのがセオリーです。これは、インフレーターホースがしっかり上に伸びていないと、空気が肩口に溜まってしまいしっかり排気できないからです。 しかし、BCD内の空気の位置がイメージできていないダイバーの場合は、排気ボタンは押していてもホースがたるんでしまっていたり、姿勢が悪いために空気が背中や肩の位置に溜まったまま抜けていきません。

インフレーターホースを使う場合の排気の姿勢は、上体を起こし、左肩を若干上げ、インフレーターホースは上に伸ばすこと。この姿勢であれば、空気を完全に抜くことが出来ます。水中だけでなく、水面での潜降時にも同じ姿勢をとります。 右肩についているダンプバルブの方が簡単に排気が出来ますが、この場合も少し体を起こして右肩を上げないと、きれいに空気が抜けていきません。

空気がBCDのどの位置にあって、どう流れて排気されるかをしっかりイメージすれば、どんな状況でも効率よく体を動かして排気が出来るようになると思います。

BCDは水中でのバランスにも影響

BCDは浮力の調整以外に、タンクを固定して、スクーバ器材をまとめる役目があります。BCDがゆるゆるだったりすると、器材全体が横にずれてしまい、バランスが崩れやすいですよね。 BCDのベルトをしっかり調節して、背中のタンクの位置がブレないようにしましょう。

ポイントは陸上だけでなく、潜降後に再度ベルトの締まり具合をみておくこと。水中では器材の重みが無くなるので、さらに少し締まることがほとんどです。 しっかりベルトが締まっていれば、少々バランスを崩しても器材がずれにくいので、リカバリーが効きやすくなります。BCD自体のサイズも出来るだけ自分に合ったものを使う方がいいですね。

ダイビング中は、タンクが常に背中の中央(背骨に沿うように)に来るように意識すると、バランスをキープしやすくなります。タンクが左右にずれた感じがしたら、BCDを背負い直す感じで、タンクの場所を修正しましょう。

参考ページ:ダイビングスキル上達法-水中でのバランス-

まとめ

  • 給排気は少しずつ、タイミングが遅れないように。
  • BCD内部のどこに空気があるのか、意識しながら排気しましょう。
  • 水中でバランスをキープするには、BCDのサイズとベルトの調整、タンクの位置がポイント。

【上手く&楽しく潜るためのページセレクション!】

「もっとダイビングを楽しみたい!上達したい!」というあなたにおすすめの記事を、閲覧数の多いものを中心に厳選しました。

このページの先頭へ