初心者が気を付けたい“流れがあるダイビングでの注意点”

(Sponsored Links)

ダイビングポイントの中には流れが発生する場所もあります。潮が流れる場所には魚が多く、大型生物との出会いも期待できるなど、魅力はたくさんあるのですが、やはりそれなりの注意は必要になってきます。

ここでは、常識的な流れの中でダイビングを楽しむ時に、トラブルを防ぎ、周りのダイバーから遅れを取らないためのコツを解説します。

トラブルや事故レベルでの流れの対処方法については以下のページを参考にしてください。

水中で流れにつかまった時の対処

万が一漂流してしまった時の対処法

クレバスから射す光

クレバスから射す光

初心者ダイバーが出来る流れ対策

ダイビング初心者のうちはガイドを頼りに潜ることになると思いますが、最低限の安全管理は自分で行うべきです。

それは流れがある中でも同じこと。自分で少し気を付けるだけで、流れによるトラブルを防ぐことが出来ます。

具体的にはまず次の三点を気を付けましょう。

  • 無駄な動きをしない
  • 着底する
  • ガイドから離れない

無駄な動きをしない

流れがある状況で普段と同じように潜っていては、いつも以上に疲労してしまいます。そして残圧はどんどん少なくなっていくでしょう。

初心者の方の場合、バランスを崩したり、手を使って泳いでいたり、バタバタと細かくキックしたり、というのはよくあると思うのですが、流れている状況でこのような無駄な動きが積み重なると、やがてエア切れやパニックにつながる危険が出てきます。

いきなりスキルアップをするのは難しいので、担当のガイドさんから流れがあると聞かされたら、いつも以上に残圧を細かくチェックし、出来れば水深や時間、泳ぐ範囲を控えめにしてもらうと良いでしょう。

着底する

こちらも無駄な動きをしないということに通じるのですが、流れがある時には無理に中層を泳ぐ必要はありません。着底して岩をつかんで止まり、前に進む時にも岩をつかみながら、というスタイルが基本です。

初心者ダイバーの方は、中性浮力を意識するあまり、いつ何時も中層を泳いでしまうことがあります。しかし、それでは流れを思い切り受けてしまい、体力とエアの消耗は激しくなります。

ただ注意してほしいのですが、流れている時は中性浮力でなくても良いというわけでは無いのです。沈みすぎている状態では、地形の変化やエキジットに向かう際の浮上に対応できません。あくまでも中性浮力をキープしたまま着底をして、中層にさっと受けるようにしておきましょう。

ガイドから離れない

流れがある状況に不安を感じるのであれば、とにかくガイドの近くのポジションをキープしておくことです。うまく潜れない、動けない場合にフォローしてもらう作戦ですね。

はじめからガイドさんに頼りっきりになってしまうのは問題ですが、ガイドは環境に合わせて的確に動くため、近くで潜ることで学ぶことも多いはずです。

自分で安全管理をする意欲は持ちつつも、安心を確保するためにガイドさんの近くにポジション取りをするというスタンスでいましょう。

中級者以上のダイバーが意識したい流れ対策

自分のダイビングのレベルが上がっても、しょせん人間では抗えないのが自然の力。流れがある状況では、中級者以上のダイバーでも意識してほしい点があります。

前半に流れに向かうコース取り

バディダイビングをする時は、バディ単位で水中のコース取りを決めていくこともあるでしょう。流れがある場合に注意したいのが、ルートの前半で流れに向かい、後半は流れに乗って戻ってくるようなコースを設定することです。

体力を消耗し、集中力を欠くこともあるダイビングの後半に、流れに向かう選択をするのはリスキーです。経験豊富なプロレベルのダイバーでもない限り、残圧が少なくなってきていて、さらに流れに逆らうような状況では、精神的な焦りが大きくなって、呼吸が乱れエア消費は一気に加速してしまいます。

これはオープンウォーターレベルの講習のマニュアルにも載っているくらいの基本事項なのですが、中級者ダイバーでもガイドと潜ることが習慣になっている人の場合、ほとんど意識していないと思います。

ポイントの構成上、初めに流れに乗らざるを得ない時には、後半に流れに逆らって船へ戻ることを念頭に置き、残圧や疲労の管理を特に注意して行うべきです。

実際のところ、バディダイビングでもガイドダイビングでも、全てのダイバーが自分の潜っている海域の流れや水深を把握しておくのが理想ではありますけどね。

ドリフトダイビングにチャレンジしてみる

流れのある場所で大物を狙い時には、ドリフトダイビングがおすすめです。ダイバーに一定以上のスキルがあり、注意点をしっかり守れば、流れがある場所で無理にアンカーリングスタイルでダイビングをするより、リスクを小さくすることが出来ます。

ドリフトダイビングでは船をアンカーリング(もしくはブイ係留)しないため、エントリー場所やエキジット場所を含めた水中でのルートを柔軟に選ぶことが出来ます。ある程度決められた範囲でエキジットして船と合流するため、流れがある状況でも、船まで戻ってエキジットする必要が無いのです。またダイビング中は地形や魚の位置によって、多少流れに逆らうこともありますが、基本的には流れに乗って移動します。つまり、体力的な負担が小さくなるケースが多いという事ですね。

原則として、国内でドリフトダイビングをするにはダイビングショップを利用しますが、海外ではバディ単位でドリフトダイビングをするケースも見られます。いずれの場合もドリフトダイビングに挑戦するならば、ドリフト特有のスキルを身に付け、注意事項を把握した上で、ドリフトダイビングが出来るショップやエリアを選びましょう。

【上手く&楽しく潜るためのページセレクション!】

「もっとダイビングを楽しみたい!上達したい!」というあなたにおすすめの記事を、閲覧数の多いものを中心に厳選しました。

このページの先頭へ