ダイビングスキル上達法-中性浮力-

(Sponsored Links)

ダイビングスキルの中でも難しいと言われることが多い中性浮力。上級者がマスターしているスキルのようでいて、Cカード講習中に習得すべき基本スキルです。

中性浮力上達のポイントは、中性浮力とは何たるかを理解し、考えながら潜る事。たくさん潜って慣れることも大切ですが、理解が慣れを早めます。

ソリハシコモンエビ

ソリハシコモンエビ

中性浮力に不安がある人は次のページもぜひ参考にしてみて下さい!

中性浮力の概要

まず今一度、中性浮力についておおまかに説明をします。

中性浮力とは、水中で浮力を調整することによって作られる、浮きも沈みもしない状態です。中性浮力がとれていれば、ゆっくりとしたキックで泳いでいても沈んでしまう事は無いので、無駄な疲労を防げます。無駄な動きが減れば、空気消費も抑えられます。

また、問題無く中性浮力がとれるダイバーは、潜れるダイビングスポットの幅が広がります。美しいサンゴが一面に敷きつめられた着底不可能な場所や、地形がダイナミックで中層を移動する時間が長くなるスポットなどは、浮力の調整が上手に行えてこそ潜ることが出来ます。

中性浮力に関係する要素

水中で浮力に影響する要素は複数あります。

浮力の調整と言えば、イコールBCDの給排気のことだと考える人もいると思いますが、浮力に関係するのはそれだけではありません。

呼吸も浮力を変化させる要因の一つです。息を吸って肺の中に空気を入れることで浮力はプラスされ、息を吐けば浮力は小さくなっていきます。肺は体の中にある浮き袋のようなものです。

また、浮力を発生させるものとしてウェットスーツやドライスーツ。浮力を打ち消すものとしてウェイトがあります。さらには、タンクも浮力に関係してきます。ドライスーツを着ている場合は、スーツ自体の給排気も考える必要がありますね。

これらが全て関わって水中での浮力が決まってくるので、中性浮力をとるためにはこれらの要素を一つ一つしっかり理解することが大事。遠回りのようで近道です。

スーツの浮力

ウェットスーツやドライスーツはネオプレーンゴムと言うゴム素材の生地で出来ています。この生地はスポンジ状になっていて、中には細かい気泡がたくさんあります。このため、水中ではかなりの浮力を生むことに。

しかし、水深が深くなり水圧が大きくなるにつれて、スーツの中の気泡はつぶれて浮力は小さくなっていきます。

ウェイトの重さ

ダイビングでは、主にスーツの浮力を抑えるためにウェイトを使用しますが、このウェイトの量の調整が中性浮力にも深く関係してきます。

基本的には、水面で器材を装着した状態で、わずかに沈むくらいに調節するのが適正ウェイト量です。

タンクの重さと浮力

タンクは陸上でこそ重みがありますが、水中では浮力でかなりの重量がカバーされ、若干沈むくらいになります。ただし、空気そのものにも質量がありますので、10リットルタンクを使用する場合、残圧が200から50に減ると、タンク全体の重さに約2kgの差が出てきます。つまり、ダイビング後半になると、空気を消費した分だけタンクの浮力が大きくなり、ダイバーも浮き気味になるという事です。

また、アルミ製のタンクよりスチール製のタンクの方が比重の違いによって沈みやすくなっています。

ウェイト量の決定

まず上に挙げた要素のうち、スーツとタンクを考慮に入れてウェイト量を決定します。

スーツの浮力を消すための適正ウェイト量をまずセットするのですが、実践的なことを考えると、ダイビング後半にタンクの浮力が増して体が浮き気味になるのを防ぐため、適正よりも1,2kg重めにセットしてもいいと思います。

また、タンクの材質がアルミの場合は、スチールの場合よりも更に2kg程度ウェイト量が増えるはずです。

ここで、楽々潜降したいがために必要以上にウェイトをセットしてしまうと、少し潜るだけでかなり沈み気味になり、中性浮力をとるためにはBCDに頻繁に空気を給気することになります。浮上時は逆にかなり頻繁に排気が必要になるという事ですね。BCDを操作する頻度を大きくしてしまい、自らダイビングの手間を増やして難易度を上げてしまうことになります。

水中でコントロールが出来る浮力要素

ここまでが、陸上の段階で考えられる浮力要素です。ウェイト量を決められたら、ようやく水中での浮力コントロールの段階に入ります。

水中で浮力をこまめに調整する手段としては呼吸とBCDがあります。ウェイトも捨てることで水中での浮力調整が可能ですが、瞬時に付けたり外したりが出来ませんので、基本的には呼吸とBCDのトリミングで中性浮力をとっていきます。

一般的にダイバーに難しいと言われるのがここからなのですが、上に挙げてきた条件(ウェイト量など)を潜る前にしっかり考えていれば、水中での浮力コントロールの負担を減らせます。

BCDの浮力調整

BCDには少しずつ給気・排気するのが基本です。一度にたくさんの空気を出し入れすると、急な浮き沈みが起こります。言い換えると、一度にたくさんの空気を給排気する事にならないよう、パワーインフレーターの操作はこまめに行うようにしましょう。少し沈む感じがしたら、すぐに少し給気し、反対に何となく浮くなぁと感じるくらいの段階で少し排気しておきます。

このため、大切になるのが浮き沈みの感覚。今、自分は浮き気味なのか沈み気味なのかをいつも意識しましょう。慣れないうちは、何か視標になるものを見つけると、浮き沈みが分かりやすいです。視標になるものは岩や固定されたロープなど、出来れば動かないものが良いですが、瞬間的に目印にするならガイドなど他のダイバーなどでもOKです。また、肌や器材に触れる水の動きを感じて、それをヒントにするのもいいでしょう。

呼吸を使った浮力調整

呼吸が浮力に関係していることは先程お話ししましたね。

息を吸うと浮力が大きくなり、吐くことで浮力が小さくなります。

水中での細かい浮力の調整は、BCDよりも呼吸のトリミング(吸ったり吐いたりして微調整をすること)で行います。例えば、深場から浅場への移動中、BCDの排気が一瞬遅れて浮き気味になってしまった時など、ひとまず大きく息を吐いて浮上を抑えている間に、すかさずBCDの排気を行う、というような具合です。BCDで大体の浮力を調整して、呼吸で微妙なところを補う感じですね。BCDだけでばっちり中性浮力の状態になっていれば、無理矢理に呼吸で浮力調整する必要はありません。

また、呼吸による浮力調整が活きるのが、潜降の時。適正ウェイトを付けている場合、水面では普通に呼吸しているだけでは沈みません。そこで大きく長く息を吐いて、浮力が小さくなる時間を稼いでやります。すると、体はゆっくりと沈み始め、水深1m過ぎあたりになれば、普通のペースの呼吸でもゆっくり沈むことが出来ます。

【上手く&楽しく潜るためのページセレクション!】

「もっとダイビングを楽しみたい!上達したい!」というあなたにおすすめの記事を、閲覧数の多いものを中心に厳選しました。

このページの先頭へ