耳抜きが苦手な人向けの小技いろいろ

(Sponsored Links)

耳抜きはダイビング初心者の方にとって、悩みの種になっていることも多いのではないでしょうか?

スキルと言うよりも、ダイビングのベースになる部分ですので、どれだけスムーズに出来るかが水中での快適さにつながります。

ここでは、耳抜きが苦手な人のために、その成功率を高めるちょっとしたテクニックをご紹介していきます。効果には個人差もありますので、自分に合った工夫をしてみることも大切です。

なお、耳抜きの基本については下記のページを参考にしてみて下さい。

リーフの上のサンゴ

リーフの上のサンゴ

鼻をかむ

いざダイビング開始!という時に、鼻をかんで耳管(耳と鼻をつなぐ管。ここが開放されると耳抜きが成功。)の周りをスッキリさせておくと、耳抜きが多少成功しやすくなります。

理論上は鼻が詰まっている状態でも、耳管さえ開けば耳抜きは成功するのですが、耳抜き自体が苦手な人は少しでも可能性を上げるために、鼻をかんでから潜降を開始しましょう。

なお理想としては、水中だろうが水面だろうが関係なく、またマスクを装着していてもいなくても、いつでも鼻をかめるようになっておくと、さらに便利です。水中で耳の抜けが悪いと感じた時にも、マスクの上から片方の鼻の穴を抑え、チーンと鼻をかんでやれば、スッと耳が抜け始めるなんてことはよくあります。マスク内に少々鼻水が溜まってしまいますが、あとでマスクに海水を入れて洗い流してしまいましょう。

ガムやアメを使って

嚥下動作、いわゆる唾や空気を飲み込む方法(フレンツェル法)で耳抜きをしている人には特に有効な方法ですが、ダイビング前にアメをなめたりガムをかんでおくことで、耳抜きがしやすくなります。

頻繁に飲み込みを行っておけば、耳管が開きやすい状態を事前に作り出すことが出来ます。そのままの状態をキープして水中へと潜っていきましょう。

なおガムやアメは、鼻をつまんで耳抜きをする(バルサルバ法)タイプの人にも一定の効果があるようです。

脱力する

ダイビングはいかなる場面でもリラックスがポイントになるのですが、それは耳抜きにも言えること。耳が抜けないと、首やアゴに知らぬ間に力が入っていることはありませんか?

耳周りの筋肉が緊張してしまうと、耳管は開きにくくなってしまうと言われています。また、基本的な耳抜きの方法である、「ゆっくりじわじわ空気を送る」というスタイルの実現を妨げてしまうのも緊張です。

口元が緩んでレギュレーターがポロリしてしまうと問題ですが、焦らずに脱力系の耳抜きを心がけましょう。

マッサージ

耳の裏側やほお骨の下あたりをマッサージすると、耳抜きがしやすくなると言う説もよく聞きます。顔の上からのマッサージで、果たして耳管にどれほど影響があるかは定かではありませんが、顔の緊張をほぐす効果は間違いなくあると思います。

直接的と言うよりは間接的に耳抜きをアシストする小技が耳裏や顔面のマッサージだと言えると思います。

上体を起こす

ヘッドファースト潜降で耳抜きがしにくくなるのをご存知でしょうか?ヘッドファーストでなくても、頭が下側にある体勢の場合、空気は海底方向へは移動しにくいので耳が抜けづらくなると言われています。耳抜きが上手くいかず、やり直しをする際の姿勢ですが、面倒でも一度上体を起こして、フィートファーストの姿勢をとるようにしましょう。

ただ、個人的には抜けるときにはどんな姿勢でも抜けるし、抜けない時には姿勢を変えてもあまり抜けないことが多い気がしています。

抜けない方の耳を水面に向ける

これも上体を起こすのと理論的には同じです。片耳だけが上手く抜けないというケースも、耳抜きが苦手な人にはよくあると思います。そんな時は首をかしげるように、抜けていない方の耳を水面側に向けて耳抜きをしてみましょう。

空気は水面側に上がっていくからという理由ですが、果たして水の無い体内でも同じ理論が通用するかは分かりません。ただ、心理的に安心感が生まれるのであれば、結果としてリラックス出来て、耳抜きの成功率は上がるはずです。

組み合わせ

ご存じのとおり、耳抜きにはいくつかの方法があり、ダイバーがそれぞれに合った方法を選択していると思います。耳抜きが苦手な人におすすめしたいのが、いろいろな方法にチャレンジしてみるということ。

鼻をつまんで息むバルサルバ法と、飲み込み動作を利用するフレンツェル法を交互にやってみたり、鼻をつまんで息みながら唾を飲むというように両者を組み合わせるのも有効です。

それぞれの方法がいまいち理解できていない人も、組み合わせてみることでコツがつかめることがあります。

潜る直前に1回耳抜き

耳管は一度開放されると、しばらくは開きやすい状態がキープされる傾向があります。つまりは、潜る直前に耳抜きをしておくことで、水中でもスムーズに耳抜きが可能になります。

潜る直前と言うのは、本当に直前がベターで、水面やエントリー直前の船上で事前の耳抜きを行うのがおすすめです。もっと言えば、ボートがポイントに近づいてきた頃からエントリー時まで、継続的に何度か耳抜きを行っておくくらいでも良いでしょう。

「陸上であれば何とか耳抜きが出来る」という人に向いている方法ですが、効果は高いのでぜひトライしてみましょう。

連続耳抜き

上で挙げた「潜る直前に耳抜きをするテクニック」の応用が「連続耳抜き」です。特に潜降の際に活躍します。

まずは水面で一回耳抜きを済ませます。一度耳抜きが成功すれば、その次も成功しやすくなるので、潜降して水深が深くなるのに合わせて次々と耳抜きをしていきましょう。

手は鼻から離さず、毎秒二回ずつくらいのペースで耳抜きをし続けて下さい。常に耳管を開放し続けるようなイメージで良いと思います。

また、時間を置いてしまうと耳の抜けが悪くなることもありますので、ダイビング中に水深がそんなに変わらなくても、なるべくしょっちゅう耳抜きをしておくスタンスがおすすめです。

耳抜きの練習アイテム

耳抜きの練習が出来るアイテムとして、オトヴェントがあります。ダイビング関係の雑誌やメディアでよく紹介されているので、ご存知の方も多いかもしれません。

オトヴェントは鼻息を使って風船に空気を送り込む器具で、耳抜きにちょうど良い息み方を練習出来るため、初心者ダイバーが苦戦しがちな耳抜きの感覚がつかみやすくなるわけです。耳抜き②実践編-でも紹介したように、息む力が強すぎても耳抜きは成功しませんからね。

ただ残念なのが、オトヴェントを扱っている耳鼻科が現状ではあまり無いということ。ダイビング雑誌では、「興味がある人は耳鼻科の先生に相談してみましょう」という感じで紹介されているわりに、実際に置いてある耳鼻科をまず見かけません。

しかし便利な時代になったもので、オトヴェントはamazonで購入出来てしまいます。お手軽に手に入りますので、耳抜きに悩む人は試してみても良いでしょうね。(使い方の動画も公式サイトにて公開されています。

【上手く&楽しく潜るためのページセレクション!】

「もっとダイビングを楽しみたい!上達したい!」というあなたにおすすめの記事を、閲覧数の多いものを中心に厳選しました。

このページの先頭へ