考えて潜ればスキルの上達も早い

(Sponsored Links)

「習うより慣れろ」とはよく言われますが、ダイビングに関してもその通りです。たくさん潜れば、それだけでスキルも上達します。ただ、個人的には「考えながら潜る」ことがより大切だと思っています。あまり考えずにただ潜水本数を重ねるより、回数が少なくても要点をしっかりと考えて潜る方が上達が早い場合もあるんじゃないでしょうか。

実際、ダイビングに頻繁に出かけることが出来る人は、ダイビングショップに勤務するガイドや研修スタッフ、時間とお金に余裕のある一部のダイバーがほとんどです。あとは、全国でも数少ないダイビング部に所属する高校生くらいでしょうか。

とにかく、習うより慣れろ的な感覚でスキルアップに取り組める人はそうそういないわけです。当然多くの方が、ダイビングスキルや快適に潜るためのコツを、覚えてはちょっと忘れてまた覚え…という感じで、少しずつ上達をしていく経過をたどることになると思います。

水中に射し込む光

水中に射し込む光

何を考えて潜るか

何を考えて潜るかというと、自分の体の動き方や器材の位置、バランスなどです。それくらい考えて潜ってるよ、と思われるかもしれないのですが、これらを本当に具体的にイメージしながらダイビングをしている人はまだまだ多くないと思います。

マスクに水が入っているかどうか、という事くらいなら誰もが意識しながら潜っているかもしれませんが、スキルアップのために考えて欲しいのは、例えば次のようなことです。

  • バランスが悪いな。タンクの位置が背中の中心から2,3cmくらい右にずれてるかも。
  • さっきよりも何となく体が浮いてきた気がする。BCDの空気を抜くタイミングかも。
  • 姿勢は水平にキープ出来てるかな?

出来るだけ自分の体の微妙な変化に気を配り、時には水中での自分を俯瞰するようにイメージしましょう。水中での自分の状態を言葉に出来るくらい把握できるようになれば、その場ですぐに修正が出来るようになってきます。ダイビングはとてもスローなスポーツで、スキルに関しては基本的に自分の事だけを考えていればいいので、考えることが習慣になれば頭が体に追いついていかないことは無いと思います。

また、上のような事を上級者ダイバーはいつも無意識のうちに修正しながらダイビングをしています。考えて潜ることが習慣になると、やがては無意識でも感覚的に体が動くようになります。スポーツをしていた人なら、誰しも思い当るところがあるでしょう。スポーツ経験がある人が少しだけ有利かもしれませんが、ダイビングは基本的に運動神経を問われる要素が少ないので、誰でも上手になれるはずです。運動が苦手な人でも効率よく上達できるコツが、「考えながら潜る」ということなんですよ。

マニュアルを読むべし!

考えながら潜るなんて出来ない!という人は、Cカード講習のマニュアルを読み直すことをおすすめします。直接的にダイビングスキルに関係がないところもあるのですが、ダイビングの知識を増やすこと、正しくダイビングを理解することで、水中で考える力が間違いなくついてきます。

例えばBCDの給排気でも、水中での圧力変化と浮力変化を根本的に理解していれば、「水深が深くなっていくってことは、浮力が小さくなるからBCDに給気だな」と素直に考えて操作が出来、「沈んだら入れる、浮いたら抜く」と単純に覚えているだけの場合よりも上達が早くなります。

マニュアルを読み返すこと自体、とても意味のある事なので、スキルを一通り身に付けた人にもおすすめです。

楽しむためのスキルアップ

効率良くスキルアップをするためには、考えながら潜ることはかなり有効なのですが、あまり難しく考え過ぎてしまうとダイビングが楽しめないというデメリットがあります。スキルアップはダイビングを楽しむための手段ですからね。

ただ、やはり上達することで見えてくるものも多く、ちょっと高い次元の話をすると、ダイビングは上手くなってからが始まりのような部分もあるので、初めはとにかくスキルアップに集中してしまうのも方法の一つかもしれません。スキルアップ自体が楽しいという側面もあったりしますからね。

どっちもどっちではあるのですが、楽しみオンリーとかスキルアップオンリーにならず、どっちかに偏る場合も含めて両立するのがいいと思います。スキルアップが楽しいというのであればそれで結構なことですし、そうでない方は思いつめない程度に楽しみながらスキルアップをしましょう。

【上手く&楽しく潜るためのページセレクション!】

「もっとダイビングを楽しみたい!上達したい!」というあなたにおすすめの記事を、閲覧数の多いものを中心に厳選しました。

このページの先頭へ