ダイビングスキル上達法-スノーケリング-

(Sponsored Links)

ダイビングとスノーケリングの関係は切っても切れない深いもの。スノーケリングやスキンダイビングが上手い人は、ダイビングでも水中での身のこなしがとてもキレイ。

お手軽なスノーケリングを通して、ダイビングのスキルアップをはかるのもオススメです。ちなみに、“シュノーケリング”という事も多いですが、ダイビング指導団体のマニュアル等ではスノーケルに統一されています。

サンゴとアオバスズメダイ

サンゴとアオバスズメダイ

スノーケルスイム(フリッパー)

スンーケリングの泳ぎ方を習得しておくと、スノーケルを使ったダイビングでの水面移動にもかなり役立ちます。

まず第一に視線の方向です。水中を覗きたいあまり真下を見ていると、スノーケルが前に倒れてしまいちょっとした波でも水が入りやすくなります。基本的にはいつも前から斜め下くらいを見るようにしましょう。魚を目で追っておへその辺りを見ることが無いように。

次にキックの仕方ですが、フィンが水面から出ないように。バシャバシャ水が飛ぶと、いかにも泳いでいる感じが出ますが、水面の上にフィンが出てしまうと空気を蹴っているだけになりますので、効率よく進めません。フィンはいつも水面下で動かして、なるべく推進力が大きくなるようにしましょう。私個人の場合は、スノーケルの時はコンパクトに早くキックすることが多く、特に足を振り上げるアップキックは控えめにしています。

そして定期的に周りを見るのも忘れないように。水面がメインのスノーケリングでは、ダイビング以上に視線が下に行きがちです。ずっと下ばかりを見ていて、気がついたら自分だけグループから遠く離れたところにいた…という事が無いよう気を付けましょう。

スノーケルクリア

スノーケル内に水が入ってしまった時に水を抜く方法がスノーケルクリアです。これには2パターンあって、一つはブラスト法、もう一つがリプレイスメント法と呼ばれる方法です。

より一般的で簡単なのがブラスト法です。スノーケルに水が入ってきたのが分かったら、強めに短く「ぷっ!」という感じで口から息を吐きます。すると、スノーケルの先端から水が飛び出していきます。このブラスト法は顔を水面に付けた状態のまま排水が出来る方法です。とても簡単なので、教わったらすぐに出来るようになる方法ですね。

念のためですが、ブラスト法が使えない時、例えば息を吐ききった状態で波をかぶった場合などは、スノーケルを口から外してしまえば大丈夫です。また多くのスノーケルはマウスピースの下辺りに排水弁が付いているので、スノーケルをくわえたまま顔を上げるだけで自動的に排水が出来るようになっています。

リプレイスメント法は、少し練習が必要ですが、決まればかっこいいテクニック。ただし、基本的にスキンダイビングをする際のクリア方法ですので、水面しか泳がない場合はやろうと思っても出来ません。リプレイスメント法が出来る人でも、水面を泳いでいる場合には普通にブラスト法を使うことになります。

やり方は、次の通り。水中から水面に向かって浮上してくる時、水面を仰ぎ見ながらあらかじめ息を吐いて、水面到達前にスノーケル内の水を出し切ってしまい、水面から顔を出した時には何もする必要が無い状態になっています。傍からは、いつスノーケルクリアしたの?という感じに見えます。

ポイントは水面手前1m~50cmくらいで上を見ながら息を吐くこと。息を吐くのが早すぎたり、真上を見れていないと、水面に出た時にはまたスノーケルに水が入った状態になっています。

スノーケルとレギュレーターの交換

地味なところですが、この何気ない交換時にトラブルが起こることがあります。何も考えず、スノーケルを口から外してしまい、レギュレーターが見つからなくて慌ててしまう…などですね。

  1. スノーケルをくわえたまま、レギュレーターを拾う。
  2. 必ずレギュレーターを確保してから交換動作に入る。
  3. スノーケルで一息吸って、レギュレーターをくわえレギュレータークリア。

水中から水面への浮上後は、スノーケルとレギュレーターが上記の反対になります。

特に大事なのは、必ず次の呼吸源を確保してから交換を始めること。口に何もない状態では波をかぶって水を飲んでしまう事があります。また当然ですが、スノーケルとレギュレーターの交換はBCDに空気を入れた状態で行うことが前提になります。

【上手く&楽しく潜るためのページセレクション!】

「もっとダイビングを楽しみたい!上達したい!」というあなたにおすすめの記事を、閲覧数の多いものを中心に厳選しました。

このページの先頭へ