ダイビングスキル上達法-器材のセッティング-

(Sponsored Links)

ダイビングを始めて間もない初心者のうちや、ダイビングの間隔が空いてしまった時などは器材のセッティング方法が分からないなんてことがあると思います。

セッティングはもう覚えるしかないのですが、大切なのはどうしてそのように組み立てるのかを理解する事。理解出来ていれば忘れてしまっても、考えながら思い出すことが出来ます。勉強や仕事などにも通じる考えですね。

ここでは、器材のセッティングを再確認していきたいと思います。

①タンクのチェック

空気の匂いチェック

手を添えて匂いを嗅ぎます。

セッティングをする前にタンクの確認をしておきます。多くのダイバーが行うところでは空気の匂いのチェックですね。悪臭はもちろん、芳香でもよろしくなく、空気は無臭でなければなりません。片手を当てて、勢いのある空気が直接顔に当たらないようにしましょう。

ちなみに満タンの印としてタンクの高圧出口(空気が出る穴)にビニールテープが貼られている場合は、水中で剥がれないように工夫するか、陸上で処分しておくのがいいですね。

また、タンクには色々と刻印がされています。検査日などは所有者が把握するところでもあるので、必ずしも全てを見る必要はありませんが、タンクの材質や容量、重量など、ウェイト量の判断材料になる部分やログブックに記載する情報は押さえておきましょう。

②BCDの取り付け

タンクに取り付ける器材はBCDとレギュレーターの二つです。マスク・フィンなどその他の器材はセッティング時に特に必要が無ければしまっておいて構いません。

まずはBCDをセットしていきます。レギュレーターから付けてしまうという間違いが起こりやすいので注意です。またタンクの前側(高圧出口のある側)にBCD本体が来るのが正しいセットの仕方ですので、逆向きにならないように。

BCDの取り付け手順は次の通り。

  1. タンク固定のための大きなベルトにタンクを通す。
  2. タンク固定のベルトを降ろす前に、BCDの襟に付いている小さなベルトをバルブに通す。
  3. 大きなベルトの位置を下げながら、BCDとタンクの固定位置を決める。BCDの襟とバルブのトップの高さが同じになるようにすると丁度良い。
  4. タンク固定の準備段階として大きなベルトを締めていく。バックルとは反対の方向に、タンクに沿わすように引っ張る。向きを間違えないよう注意。
  5. ベルトを締め続けながら、バックルを立てる。これでひとまずはタンクが固定できるが、バックルから手を離さないように。
  6. 立てた状態のバックルに、ベルトを通す。バックルの一番外側の穴にベルトが通るように。
  7. 4.で引っ張った向きにバックルを倒し、ベルトをマジックテープで固定。

BCD固定①

矢印の方向へベルトを引っ張ります。

BCDのセットは上の通りですが、特に間違えやすいのが4.でベルトを引っ張る向き。バックルにベルトがどう通っているかを見ると、タンクを締めるにはどちらの方へ引っ張ると良いか分かるはずです。

タンク固定②

写真のようにバックルを立てるまで、ベルトは引っ張り続けます。

また5.で、ベルトを引っ張るのを止めてバックルを立てるという間違いが多いです。バックルを立てることで初めてベルトが止まりタンクが固定できるので、それまではベルトを締めるテンションを維持しておかないといけません。

また、ベルトでタンクを固定する一連の流れの中で、タンクが動いたりその場で回ってしまう場合は、両膝を使ってタンクが動かないようにするのもテクニックの一つです。

③レギュレーターの取り付け

BCDが固定出来たら、今度はレギュレーターをセットします。BCDのセットの時ほど困ることは無いかもしれませんが、取り付ける向きなどはよくある間違いです。スタンダードなセットでは、タンクを背負った時に右にレギュレーター、左にオクトパスやBCD用の中圧ホース、ゲージ類の高圧ホースが来ます。単純にホースの本数で、右に一本、左に三本と覚えている人もいます。

  1. レギュレーターのヨークスクリュー(ファーストステージに付いている大きめのネジ)を回してダストキャップを外す。
  2. レギュレーターの空気取り入れ口がタンクの高圧出口にピタリと合う大きさになっているので、しっかり合わせる。向きを前後逆にしないように。
  3. ヨークスクリューを締めてレギュレーターをタンクに固定していく。
  4. 中圧ホースをBCDのパワーインフレーターにつなぐ。カプラー(ホース先端に付いている動く部分)を引きながら接続する。奥まで入ったらカプラーは戻す。

レギュレーターをセットする向きですが、普通レギュレーターが右から来ることを覚えておくと間違いにくいです。

1.ではヨーク(スクリューが付いている本体の方)を押さえながらヨークスクリューを回さないと、クルクル回ってしまい緩んでいかないので注意。

レギュレーターセット1

取り付けの前後を間違えないように。写真は正しい向き。

また、2.で前後を逆につけてしまう場合は、タンクのどこから空気が出て、レギュレーターのどこに入っていくかをしっかり理解すると良いと思います。

3.で強く締めすぎると、少し空気圧がかかっているだけでも外れにくくなってしまうので、親指・人差し指・中指の三本指でしっかり締めるくらいが良いです。

カプラー取付

矢印(小)の向きにカプラーを引き、矢印(大)の向きにホースを押し込む。

4.の段階で中圧ホースの接続がうまく出来ない人もよく見かけますが、カプラーの可動部分は親指と人差し指の二本で引き、中圧ホースを残りの三本の指で固定しながら、パワーインフレーターに押し込みましょう。

④作動チェック

BCDとレギュレーターがセット出来たらセッティングは完了ですが、必ず器材の作動チェックを行いましょう。

  1. タンクバルブを開く。ホースが劣化している可能性もあるので、開け始めはゆっくりと回す。
  2. バルブを開きながら残圧計を見て、開始圧力(通常200bar前後)をチェックする。
  3. バルブを開けきったら、少しだけ(半回転分くらい)戻しておきます。
  4. レギュレーターとオクトパスが正常に動くか確認する。
  5. BCDの給気と排気が正常に出来るか確認する。
  6. バルブを閉めて、レギュレーターのパージボタンを押し残圧計やホース内の空気を抜く。

1.では、タンクの後ろから見て手前の向きにバルブを回します。分からない場合はバルブを見ればOPENとCLOSEが矢印とともに書かれています。

2.では、万が一ゲージのガラス面が圧力で割れても破片が目に入らないように、圧力の上昇中は残圧計は斜めにして見ます。

3.でバルブを半回転戻す理由を簡単に説明すると、バルブの内側にある部品に負荷がかかって劣化・破損するのを防ぐためです。

4.の動作確認では、排気弁が張り付いていることもあるので、パージボタンを押すだけでなく、実際に呼吸をしてみましょう。

6.ですが、バルブを閉めただけでは器材内には空気がまだ残った状態。器材への負荷を減らすために空気は抜いておきます。

【上手く&楽しく潜るためのページセレクション!】

「もっとダイビングを楽しみたい!上達したい!」というあなたにおすすめの記事を、閲覧数の多いものを中心に厳選しました。

このページの先頭へ