ダイビングスキル上達法-潜降①足の付く場所やロープを使っての潜降-

(Sponsored Links)

ダイビングスキルの中で、苦手なスキルと言う人が多いのが潜降。ダイビングにも少しずつ慣れてきて、不安感も無くなってきたダイバーが意識し始める課題だと思います。

潜降がスムーズになると水面であたふたすることが無く精神的なストレスも確実に減りますので、初心者ダイバーの皆さんにはぜひマスターしてもらいたい部分です。

アデヤッコ

アデヤッコ

潜降の前提として、ガイドやバディと事前によく打ち合わせ(ブリーフィング)をし、意思の疎通を図れる状態で潜っていきましょう。潜るメンバーでイメージを共有出来ていないと、潜降中にはぐれてしまう等の事故につながる可能性も出てきます。

足の付くところでの潜降

ビーチダイビングで、特に水面移動をしない時は、足の付くところでそのまま潜降することになります。Cカード講習の時などはこのスタイルで潜降をしたという人も多いかもしれませんね。水深が1mちょっとくらいの場所での潜降になるので、あまり緊張感が無いのですが、浅いからこそ難しい部分があります。

潜降の基本と言える、「息を大きく吐くこと」や「BCDの空気を抜くこと」といった部分が出来ていないと、背の立つ場所ではうまく潜降が出来ません。水深が浅いという事は、水底まで潜降しきってもまだ浮力が大きい状態なので、BCDの排気が不十分だとすぐに浮いてしまいます。また、ちょっと力んで呼吸が速かったりすると、やはりフワフワと浮いてしまうことに。Cカード講習時のビーチダイビングで採用することが多い潜降でありながら、初心者にとってなかなかハードルの高い方法なのです。

ポイントとしては以下の3点。

  • BCDの空気を完全に抜く
  • 吐き気味に呼吸をする
  • 倒れこむ勢いを利用する

まずは、BCDの空気を完全に抜くこと。左手でBCDのホースをしっかり上に伸ばして排気しましょう。ホースがたるんでいるとホースの根元(左肩辺り)で空気が停滞して最後までうまく排気されません。

実践的なのは、一気に排気が可能な肩のダンプバルブを使う方法。ホースの排気ボタンを押す方法だと、排気に少し時間が掛かるので、前に倒れこむ時の勢いが死んでしまうことがあります。確かにホースから排気した方が細かく空気量が調整できるので、急な潜降を防ぐために講習ではホースでの排気をまず習慣化するような方向で指導するのですが、肩のダンプバルブとホースの使い分けが理解できているのなら、潜降時はダンプバルブを使う方法をおすすめします。

二つ目は、吐き気味に呼吸をすること。息を吸えば体は浮き、吐けば沈むという呼吸のトリミングスキルがありますが、浅瀬の場合は浮力が大きいので、普通にゆっくり呼吸をしていると体が浮き気味になってしまいます。

そこで、吐いている時間を長くする吐き気味呼吸です。吸う空気の量と吐く空気の量は一緒ですが、それぞれに掛ける時間を変えてやります。吸う時には早めにさっと吸い、吐くときは時間をかけてじわじわ伸ばすように吐いていきます。特に後半、肺の中が空っぽに近い時間を増やしてやると効果的です。肺に空気が少ないほど体は沈んだ状態になるので、より潜降がやりやすくなります。呼吸をある程度調整するには、肩の力を抜いてリラックスすることも大切ですね。

そして三つ目が、潜降時に前に倒れこむ勢いを利用してやることです。1mの水深をさらに細かく分けると、浮力が一番大きくなるのは水面直下なので、この水面部分を勢いで乗り越えてしまいたいというわけです。何かずるい感じもするかもしれませんが、これも立派なテクニックで、上級ダイバーほど、どんなエントリーでも初めの勢いを活かしてスイスイ潜っていきます。また前に倒れる時は、息を吐くタイミングとBCD排気のタイミングにしっかり合わせることもポイントです。浮力を最小化させた状態で潜降に挑みましょう。

ロープを持って潜降

ボートダイビングや、ビーチダイビングでの水面移動後に行う潜降のスタイルです。船と海底、もしくは水面のブイと海底をつなぐロープを握りながら潜降していきます。ある程度水深がある場合がほとんどで、大体が水底まで5~15mくらいの深さがある場所での潜降になります。

水面でロープをつかんだら、BCDの空気を抜き、バディやガイドとコンタクトを取りながらロープを手繰って潜降していきます。片手はロープを持ち、片手は耳抜きのために鼻、給気時にはBCDのインフレーターに添えます。ビーチから地形に沿って徐々に潜っていく場合と比べて、急に水深が深くなるので耳抜きの頻度は多くなります。また、潜降というとBCDについては排気に意識が行きがちですが、理想を言えば常に中性浮力に近い状態で潜降していくことが求められます。潜降の開始時に完全に排気をして、ある程度の水深まで潜ったら、今度は少しずつ給気をして中性浮力をキープしながら潜降していくという流れです。

ロープ潜降:最初に完全にBCDの空気を排気した後は、ロープを持ちつつ給気を行いながら、中性浮力に近い状態で潜降していく。

ロープを持って潜降出来るというのは初心者ダイバーにとっては安心ですし、これまでビーチの足の付くところで潜降していた人からすると、仮に上手く体が沈まなくてもロープに頼れるので簡単に感じるかもしれません。ですが、浮力を意識しなくなるというのは問題です。本来はロープがあろうとなかろうと、BCDや呼吸を使って、自分の浮力をコントロールしながら潜降していくべきです。ロープ潜降でも、安全のためにロープに手を添えるのはいいですが、引っ張ったりせずに自分のマイナス浮力を利用して潜っていくのがあるべき姿なのです。ただ、それを初心者ダイバーに求めるのも、ちょっと厳しいかな…とも思うので、ロープは上手くいかない時の保険として持っておき、出来るだけ自分の浮力も意識しながら潜降してみましょう。

 

他にも、ちょっと難易度が上がるフリー潜降、ヘッドファースト潜降がありますが、ちょっと長めの文章になってきたので、潜降②で紹介しますね。

【上手く&楽しく潜るためのページセレクション!】

「もっとダイビングを楽しみたい!上達したい!」というあなたにおすすめの記事を、閲覧数の多いものを中心に厳選しました。

このページの先頭へ