ダイビングスキル上達法-水中でのバランス-

(Sponsored Links)

水中で良いバランスを維持する事は初心者ダイバーにとって難しいことの一つです。

インストラクターやガイドは水中で全然バランスを崩さないのはなんでだろう、と思ったことはありませんか?水中で自由に快適に動くためには、スキル的なものからメンタルまで、色々と抑えておきたいポイントがあるのです。

カスミチョウチョウウオの群れ

カスミチョウチョウウオの群れ

BCDが緩すぎないか確認

まず、BCDのサイズがちょうど良いものか確かめましょう。サイズが大きすぎると、水中でBCDが動いてタンクの位置のバランスが悪くなってしまいます。

いつもレンタル器材を使っている人は、利用するショップの在庫状況でやむなく大きめサイズを使うことになると、バランスの悪さに苦しむかもしれません。自分のBCDを持っている人ならば、サイズはほとんどの場合問題が無いと思いますので、腰回りと肩のベルト類がしっかり締められているかを確認しましょう。

陸上で締めたつもりでも、ベルトを調整する時の姿勢やタンクの重みのために締りが不十分なことも多く、水中で改めてベルトを引っ張ってみるとまだ締められることがあります。ベルト類は陸上、水中の二段階で締めましょう。BCDがフィットする感覚が分かってくると陸上だけでバッチリ調整できると思います。

タンクの位置を背中の中心に

水中でのタンクの位置も、最適なバランスを取る上で大事なポイント。いつもタンクがちょうど背骨に沿う感じで、背中の中心にあるようにするとバランスはかなり良くなります。これはBCDの調節が出来れば半分以上は解決されてしまうところでもあります。ただBCDがフィットしていても、何かの拍子にタンクが左右に振れてしまう事がありますので、その際はリュックサックを背負い直す時のように背中をゆすってタンクを中央に戻しましょう。

そもそも、タンクの位置が常に背中の真ん中に合って、そこから動かないようにすればバランスを崩す心配はありません。コツとしてはお腹を常に下にしておくこと。慣れないうちは強めに意識するのも効果的ですので、ガイドに不審がられない程度に腹ばいをキープして、お腹を誰にも見せないようにするのもいいかもしれません。

また、体幹を鍛えることも水中でのバランスに役立ちます。タンクがちょっと左右に振れて、体が持っていかれそうな時に体勢を維持するには、体幹の筋力が必要です。バランスが崩れるところを一瞬耐えて、その間にタンクの位置を直してしまいます。

適正ウェイトで泳ぐ姿勢を改善

基本的に水中では体が起きているよりは水平である方が、バランスが取りやすいです。ウェイト量が多すぎると、初心者ダイバーの場合はBCD操作が追い付かず、沈み気味になる時間が多くなるのでどうしても水中姿勢が立ってしまいます。こうなると、足から着底することが多くなり、当然重心が高いためふらついてしまいます。ウェイト量が適正であれば、無理なく水平姿勢で泳げるので、着底やまた泳ぎだす時の動きがスムーズでバランスが崩れにくいです。

また適正ウェイトでも体が起きてしまうという人は、泳ぐ姿勢が崩れる他の原因もあるかもしれませんが、ウェイトを分散させるのもいい方法です。ウェイトベルトだけでなく、ウェイトベストやウェイトカートリッジのあるBCDを使ってみると、重力のバランスが良くなって水平姿勢が取りやすくなるかもしれません。

何よりリラックス

ダイビングのあらゆる面につながるのがメンタル。バランスだってそうです。精神をリラックスさせれば、呼吸が落ち着き息を深く吐けるようになるので、無駄にフワフワして体勢を崩すことが少なくなります。

バランスを崩しそうになって、必死にリカバリーしようとするのは逆効果という場合もあります。もがけばもがくほど力んでしまい、呼吸は速く吸い気味になって、どんどん体勢の立て直しが利かなくなるという悪循環に…。

上で体幹を使ってバランスを維持するということを書きましたが、それが出来るのは体勢が崩れ始める瞬間です。ある程度体が傾いてしまったら、力技を使うよりも、素直にバランスを崩してしまった方がその後のリカバリーがしやすいです。ひっくり返りそうなら、一度ひっくり返りましょう。リラックスして息を吐いて体を沈め、落ち着いたら寝返りをするように腹這いの姿勢になればOKです。

水中で思い通りに動くためには、普段からまずリラックス。バランスを崩しても無理に体勢を立て直さず、力みそうな場面でこそリラックスです。

【上手く&楽しく潜るためのページセレクション!】

「もっとダイビングを楽しみたい!上達したい!」というあなたにおすすめの記事を、閲覧数の多いものを中心に厳選しました。

このページの先頭へ