ダイビングスキル上達法-適正ウェイト-

(Sponsored Links)

適正ウェイトは中性浮力の基礎となり、ダイビングをするにはとても大事なんですが、なんとなく地味というか、あまりよく考えていないダイバーが多い印象。そして多くのダイバーが、意図せずにオーバーウェイトの状態でダイビングをしているんじゃないかと思います。

ここでは適正ウェイトのメリットや調整方法を解説します。

ツキノワイトヒキベラ

ツキノワイトヒキベラ

オーバーウェイトの状態とは

オーバーウェイトとは、普通にダイビングをするために本来必要な量以上のウェイトを付けている状態です。 意外と自分でもオーバーウェイトになっていることに気が付かないダイバーもいるはずです。

次にあげるような点に心当たりがある人は、実は普段からオーバーウェイトで潜っているかもしれません。

  • 潜降の時に楽々沈めてしまう。
  • 水深5mくらいまでの浅場でもBCDが必要。

インストラクターや上級者ダイバーでも、ウェイト量が適正だと、しっかりと息を吐ききらないと潜降は出来ません。初心者ダイバーだけど楽々と潜降が出来るという人は、よっぽどセンスが良いという可能性もありますが、多分オーバーウェイトだと思っていいでしょう。 また本来水深5mくらいまでであれば、呼吸のトリミングだけで浮力調整が可能なので、浅場でBCDを操作している人は沈み気味の可能性があります。

オーバーウェイトの弊害

オーバーウェイトの状態で潜降していくと、早い段階から呼吸だけでは中性浮力が取れなくなってしまうので、頻繁にBCDに給気をすることになります。ダイビング中は何度も何度もBCDを操作することになり、そして浮上の際もかなりこまめに排気をしていかないと余計に浮き上がってしまい、ガイドのお世話になる展開が予想されます。

BCDの操作は慣れてしまえば苦にはなりませんが、排気の時には姿勢を起こす必要があったりして、呼吸での浮力調整と比べれば何かと手間がかかります。

またオーバーウェイトだと腰が沈みがちなのに加え、BCDに空気が入っている時間が長くなるため上体が起き、立ち姿勢になってしまいます。これでは泳ぐ時に体が抵抗になって、フィンキックが効率よく推進力になりません。キックする度に上に進む力が働くので浮き上がりやすい状態でもありますね。足が下がっていることで砂地では砂を巻き上げる原因にもなりますし、良いことはありません。

オーバーウェイトだと、特に気を使わなくても潜降がしやすく、ダイビングの後半には、初心者でも浅場でジタバタするような事になりにくいので、ついつい甘えて重めのウェイトで潜ってしまいがちです。しかし、ダイビング中に様々な面倒が起こることを考えると、やはり適正ウェイトがいいと思います。ダイビングは多くのスキルがリンクしていて、何か一つ上手くいかないと他の部分も悪くなってしまいますので、マイナス要因は少しでも減らしておいた方が良いでしょう。

オーバーウェイトの弊害

  • BCD操作が多くなる手間。
  • 水中姿勢が悪くなる。

適正ウェイトのメリット

適正ウェイトのメリットは、上で説明したようなオーバーウェイトのデメリットを解消する事なのですが、一応挙げてみましょう。

まずはBCD操作の回数が減り、呼吸で浮力調整できる幅が大きくなるため(特に浅場)、BCDに振り回されることが少なくなります。ちょっとした浮き沈みなら、呼吸でカバーすれば体を動かさずにのんびりと潜れます。

また、理想的な水平の水中姿勢がとれるので、カッコよく泳げて疲れづらく、砂を巻き上げて視界を悪くすることもなく、おまけにやたらと浮いたりしないので中性浮力の感覚を養うにも最高の状態になるのです。

極めつけとしてはその快適さ。余計な重りが無いというのは本当に楽なものです。海水浴をしたり、お風呂に入っている時のように水中で体が軽い状態になります。どんなウェイト量でもBCDを使って中性浮力をとれば一緒、と思われそうですが、あの体の軽さは実際に適正ウェイトで潜ったダイバーにしか分かりません。

適正ウェイトのメリット

  • BCD操作の手間が少ない。
  • 水中姿勢が良くなり、ダイビングの様々な面が向上。
  • 体が本当に楽。

適正ウェイトの調べ方

Cカード講習のマニュアルにも出ている事ですが、念のため復習です。

水面で全てのダイビング器材を装着して、BCDの空気を完全に抜きます。リラックスして呼吸は普通に続けましょう。その時に自分の目から眉辺りに水面が来ていれば、適正ウェイトがセット出来ていることになります。この状態でゆーっくりと息を吐き続ければ、体は海の中へ沈んでいくはずです。

呼吸が速いと普通以上に浮いてしまいますので、適正ウェイトでも鼻や口辺りに水面が来るかもしれません。また、初めにBCDの空気を抜いた時点ですーっと沈んでしまう場合は文句なしのオーバーウェイトです。 ビーチダイビングで足の付かない水深を水面移動している時や、ボートダイビングのエントリー時など、タイミングを見て試してみましょう。

意図したオーバーウェイト

ダイビングをする時のウェイト量は適正ウェイトが基本になるのですが、あえてオーバーウェイトで潜る場合もあります。

実のところ適正ウェイトに+1kgくらいを追加して潜るダイバーも結構います。それはダイビング後半、空気が消費された状態のタンクは1~2kg程度軽くなって、ダイビングを開始した時よりも浮きやすくなるためです。ただし、ウェットスーツは深い場所から戻ってすぐの状態ではまだペッタンコに薄くなっていて、浮力が回復するまで少し時間がかかりますので、安全停止プラス少々のフリータイムくらいであれば、タンクの浮力が増していても吐き気味の呼吸をして対応は可能です。

つまり、適正ウェイトにいくらかプラスして潜るかどうかは、もう好みのような感じだと思います。大切なのは、適正ウェイトを理解した上で微調整をする事。まずは適正ウェイトの状態でしっかり潜れるスキルを身に付けなければいけませんね。

【上手く&楽しく潜るためのページセレクション!】

「もっとダイビングを楽しみたい!上達したい!」というあなたにおすすめの記事を、閲覧数の多いものを中心に厳選しました。

このページの先頭へ