ダイビングスキル上達法-ビーチでのエキジット-

(Sponsored Links)

エントリーよりもエキジットの方がしんどいというのは、ダイバーならみんなが思うことではないでしょうか。それまでほぼ無重力の水中世界でフワフワ遊んできた体には、エントリーの時に背負えていたはずの器材が異次元の重さに感じるはずです。

特にビーチダイビングのエキジットは、普通にダイビングをする中では最も体力のいる場面だと思います。さらにビーチでは波の影響を受けやすく、器材の重さにぐったり来ている時に波に揉まれて、あたふたしてしまう初心者ダイバーもいるはずです。

エントリー・エキジットが難しいと思えるコンディションならダイビングをするべきでは無いというのが前提です。その上で、スキルがしっかり身に付いていれば、ダイビングが出来る環境の幅が広がることも確かです。ここではビーチでのエキジットで押さえておくと良いコツを解説します。

アカハチハゼ

アカハチハゼ

イメージを持っておく

ビーチダイビングのエキジットは、ポイントや海況に応じてパターンが様々です。ダイビング前のブリーフィングで、ガイドからその日に応じたエキジット手順が説明されると思いますので、しっかりと理解しておきましょう。

ブリーフィング全般に言えることですが、ただ聞くだけでなく、実際にイメージすることが大切です。日本人のダイバーの良くない傾向なのですが、ブリーフィングはしっかり聞きつつも、どこかでガイドを頼る気持ちが抜けきれていないところがあります。海外では、ガイドはコース取りをするだけというケースも多く、安全管理やダイビング全般の段取りについてはブリーフィングで概要を伝えて、水中ではバディ単位でダイビングを行わせます。その分、ブリーフィングの内容を他人事では無く、自分自身の事としてリアルに注意を払っているわけです。

少し脱線してしまいましたが、要はブリーフィングを自分の頭の中でしっかり消化して、エキジット風景を思い描けるようになっておくことが重要なのです。バディと二人でダイビングをする場合にも、(エキジットに限らず)しっかりとダイビングの段取りを打ち合わせしてから潜りましょう。潜り慣れている場所でも、その日の海況に応じて理解しておくべきベストなパターンがあるはずです。

フィンを外すタイミング

穏やかな海であれば、腰か胸くらいの水深でフィンを外してエキジットすれば良いでしょう。手すりやロープがあるポイントの場合はフィンを履いたままでもエキジットが可能です。

問題は波がある場合。波には周期があるので、小さめの波が続いているうちに素早くフィンを脱いでしまいましょう。その後速やかにエキジット。また手すりなどがある場合も、波が小さいうちに間合いを寄せてつかまってしまい、フィンを履いたまま早めに安全地帯へ上がりましょう。

フィンを脱いでる最中に引き波を受けてしまって、ブーツの状態で足が付かない水深に戻されると、フィンを履きなおしたりと対応が面倒です。普段からフィンストラップを調整して、バックルを取らずにストラップをずらすだけで脱げるようにしておくと、とてもスピーディーになりますね。

なお波のある時は特にですが、マスクとレギュレーター(スノーケル)は安全を確保できるところまでは装着しておくのが良いでしょう。

波の対処

エントリーもそうですが、海が穏やかであればゆっくり落ち着いてエキジットすればOKです。ただし、波があるコンディションでは波を見る判断力やエキジットのスキルが問われます。

後ろからの波を見る

エキジットの時は岸に向かうので、波は背中側からやってきます。エントリーよりも難しい部分になりますが、ちょいちょい振り返って後ろから来る波を確認しておく必要があります。

強めの波が来ていたら、立ち止まって体を横にして受け流すか、若干重心を後ろにして背中を預けるようにして受けると、バランスを崩しにくいです。ただ、後ろからの波の場合はどうしてもよろけやすいので、小さい波が続く間に素早くエキジットしてしまうのが何よりです。

浅過ぎるところへ行かない

まだ立ち上がっていない時に、後ろから波に押されるままどんどん浅いところに行ってしまうと、浮力の働かないスクーバ器材の重さがリアルに負担となり、もはや初心者にとって立つのは困難。最悪、波打ち際で波にもまれゴロゴロ転がるはめになってしまいます。

波の状況を見つつ、腰くらいの水深で、さっと立ち上がりましょう。ちなみに、岸方向に寄せる波の力を利用して立ち上がるととても楽です。間違って引き波の時に立とうとすると、下半身を持って行かれそうになってかなりの負担に。

万が一の時は何が何でも上がる

ダイビング中に風が上がり、エキジット時には想定外に荒れた海況になっている場合などがあるかもしれません。また、上にも書きましたがスクーバ器材を背負っていると、浅いところほど立ち上がりにくいです。エキジット時は水中での無重力感が体に染みついている事も手伝って、浅場で波に巻かれると対応が出来なくなるダイバーもいるはずです。プラン通りにエキジットすることも大切ですが、柔軟さも必要です。

エキジットをスマートに行うのが安全と効率の面からは一番なのですが、万が一の時には形にこだわっている必要はありません。予想外の状況で大切なのはパニックにならない事。この状況は厳しいと感じたら、フィンも外す必要はないので、不細工な方法でもまず安全な場所を目指しましょう。

【上手く&楽しく潜るためのページセレクション!】

「もっとダイビングを楽しみたい!上達したい!」というあなたにおすすめの記事を、閲覧数の多いものを中心に厳選しました。

このページの先頭へ